【'18諏訪松本 1】デビューしたE353系スーパーあずさ号で信州へ

今回は長野県上諏訪の温泉でゆっくり去年の疲れを取りたいと思います。
出発日は2018年1月4日。
今年は有給をうまくとれば1月8日まで連休となるので、
本来仕事始めの4日の新宿駅も人がまばらでした。。

また、去年12月23日にE353系という中央本線にデビューした
特急スーパーあずさ号に乗車する目的もありました。

IMGP1238_convert_20180107192516.jpg

そんな訳で新宿10:00発特急≪スーパーあずさ11号≫
松本行に乗車しました。
この列車は新型E353系で運行します。

IMGP1239_convert_20180107223036.jpg

新宿から、上諏訪まで乗車します。
新宿から2時間09分、上諏訪に12:09到着予定です。

IMGP1241_convert_20180107223219.jpg

列車が出る新宿駅9番線に着くと、E353系の車両がすでに入っており、
それをカメラに収めようとする人が多く見受けられました。
列車は12両編成で、自由席はそのうち3両。
自由席利用客の列が発車15分前でしたが、
平日よりも多めに並んでいました。

特急≪スーパーあずさ11号≫の1号車の端っこ席を
えきねっとから予約していたので、
1号車の指定席に乗り込みます。

座席はゆったりしていて、首の当たる部分に
枕のようなクッションがあり、長距離乗っても疲れない感じ。

IMGP1242_convert_20180107223344.jpg


車内はライトグレーを基に車内全体を構成しており、
背もたれ部分にはブルー系を基本をとした
梓川の清らかな「水面のきらめき」を表現しています。

また各シートにはコンセントがあるのでパソコンや
スマホなどの充電も可能です。


新宿を10:00に出発した特急≪スーパーあずさ11号≫松本行は、
ほぼ座席が埋まっており、次の立川、八王子で利用客を増やし、
ほぼ満席状態の状態になりました。

しかし、新型車両とあって利用客が多く、
カメラを持って動き回る人が多かったので
帰りはのんびり帰りたいと思い、
自分のスマホかえきねっとにログインし、
松本からの帰りは、普通の特急あずさ号の指定席に変更しました。
・・といっても時期的に午後の便は結構席が埋まっていましたが。。

そんなことをしながら列車は山梨県の甲府に到着。
新宿から1時間28分で甲府とは速いですね。
甲府では4割くらいの客が降りていき、空席が目立ちました。

甲府を出てしばらくすると北アルプスに山々が
車窓に広がってきます。
線路がカーブするところで三脚を立てた鉄道マニアの
人たちが固まって撮影しているのが見えました。。

清里へ向かう小海線との接続駅・小淵沢を通過し、
長野県に入って白樺湖や諏訪大社への入り口となる駅、
茅野に止まり、次は目的地の上諏訪に到着。


≪スーパーあずさ11号≫を上諏訪で降りて、次は
諏訪大社へと向かいますが、その前に腹ごしらえ。

上諏訪駅から歩いてすぐのところにあるお蕎麦屋さんで
お腹を満たし、次の下諏訪まで各駅停車に乗車します。


次回へ続く。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。


Theme: 鉄道旅行
Genre: 旅行

2018年 謹賀新年

2018年お正月を過ぎてしまいましたが、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

去年は仕事が大忙しでなかなか外出をすることが出来ませんでした。。
今年の旅はじめは、信州です。
中央本線に新型E353系スーパーあずさ号がデビューしたので、
それに乗車してこようと思います。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。


Theme: 今日のつぶやき。
Genre: 日記

【駅弁】 栃木県・宇都宮駅の玄氣いなり

駅弁発祥地 宇都宮駅の玄氣いなり
宇都宮駅松廼家、ワンコインの500円。
平成12年に宇都宮駅が開業120周年を
迎えた記念に出た駅弁のようで、
中身の玄米のおいなりさんは
体に良くてサッパリしていて美味しい。
大豆を炊き込んだ玄米ごはんにヒジキ煮、
かんぴょう煮、ゴマを混ぜ込んだおいなりさんだそうです。

20171106_111701537.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。


Theme: こんなの食べてみました。
Genre: グルメ

【栃木石の里】 宇都宮→逗子 快速列車で帰る

DSC_3518_03_convert_20171203224359.jpg

新幹線は高いので、
宇都宮9:37始発 湘南新宿ライン直通
小山~大宮間快速 逗子行 グリーン車に乗車。

DSC_3519_02_convert_20171203224442.jpg

新宿までやや混んでいました。

20171106_121429720.jpg

所要時間は2時間42分
移動距離168.2km

■宇都宮
↓ 09:37~12:19
↓ JR湘南新宿ライン快速 逗子行
■逗子

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。



Theme: 鉄道の旅
Genre: 旅行

【栃木石の街】関東自動車バスで宇都宮駅へ戻る

DSC_3521_01_convert_20171126222128.jpg

栃木の幻想的な石の街、大谷資料館、
大谷寺観光は関東自動車バスで。
大谷観光1日乗車券がお得です❗️

DSC_3519_01_convert_20171126222041.jpg

大谷資料館の前にある資料館入口という
バス停から関東自動車バスの宇都宮駅行きに乗って
終点の宇都宮駅まで戻ります。

DSC_3520_01_convert_20171126222426.jpg

■立岩 14:40始発

■資料館入口 14:42発

↓ 関東自動車バス・宇都宮駅西口行

■宇都宮駅西口 15:13到着

バス停には関東自動車の社員さんが居て
バスの発車案内などをしていました。
雨が降る出していたので、バスを待つ人たちは
離れた屋根のある場所でバスを待っていました。

立岩方面から来たバスは特殊な塗装のバスでした。
バスの一番後ろに座ることが出来ましたので
宇都宮駅まで眠っていました。。

DSC_3518_02_convert_20171126221930.jpg

宇都宮駅には遅れることなく到着しました。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。



Theme: ぶらり旅
Genre: 旅行

【栃木石の里(街)】大谷石の採掘の歴史がわかる資料館

大谷寺から歩いてしばらくすると
大きな駐車場が見えてきました。
大谷資料館という場所に到着しました。
地下採掘場跡の巨大な空間は圧巻
大谷石の採掘の歴史がわかる資料館。

DSC_3535_convert_20171126215638.jpg

展示場には採掘が本格的に始まった江戸中期から
昭和34年頃までの手堀り時代の道具や採掘方法、
運搬の移り変わりなどの資料を展示してます。
この資料館の圧巻は地下採掘場跡。
そこは2万平方メートルにも及ぶ大空間で、深さは30m、
最も深いところでは地下60mもあるという
巨大な地下空間で通 坑内の平均気温は8℃前後。
切り出された石は約1000万本で、
まさに地下の巨大な建造物といった感じです。
このほか、コンサートや演劇、ショー、
能楽などの会場にもよく利用されています。

DSC_3534_convert_20171126215242.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。






Theme: 美術館・博物館 展示めぐり。
Genre: 学問・文化・芸術

【栃木石の里(街)】日本最古の石仏「大谷観音」

宇都宮餃子を堪能した後は
石の街、大谷へと向かいます。
宇都宮駅西口にある関東自動車バス営業所で
大谷観光一日乗車券を購入されることを進めます。
大谷への路線バス一日乗車券と、
代表的な観光施設である「大谷資料館」
「大谷観音(大谷寺)」の入場券・拝観券を
セットにして割引を行い、
乗車券を提示することで路線沿線の観光施設・
飲食店・土産店で特典が受けられます。

<企画セット内容>
 ○JR宇都宮駅~大谷・立岩間の路線バス一日乗車券
 ○大谷資料館入館券
 ○大谷寺(大谷観音)拝観券
 ○大谷地区と宇都宮中心街の協力施設・
店舗における特典サービス(乗車券提示による)

<販売額>
 ○大人(高校生以上):1,680円
 ○中学生:1,140円
 ○小学生:540円

<販売箇所>
関東自動車宇都宮駅前定期券センター
(JR宇都宮駅西口より徒歩1分)

日本最古の石仏「大谷観音」をお参りできる大谷寺
JR宇都宮線・宇都宮駅から関東自動車バスで
立岩行きに乗車して約30分。
「大谷観音前」バス停で下車徒歩1分
石の里・大谷にある寺社、大谷寺は
洞窟に包まれるように建てられた
非常にめずらしいお寺です。

DSC_3518_convert_20171119191234.jpg

神秘的な本堂内には自然の岩壁に
彫られた美しい磨崖仏が10体あり、
全てが国の特別史跡かつ
重要文化財となっております。
中でも本尊の千手観音は日本最古の石仏であり、
弘法大師の作とも伝えられています。

DSC_3522_convert_20171123204317.jpg

江戸時代初期、徳川家康公の長女・亀姫は、
父親が日光に祀られたところから、
江戸と日光の中継所として復興され、
当時の住職・伝海僧正(天海大僧正の法弟)
による中興を援助しました。
歴代日光輪王寺の宮様の
休憩所・宿泊所として利用され、
寺紋は、「菊の紋」と「葵の紋」があります。
しかし、明治時代になると
保護はなくなり一時期衰退しましたが、
現在は観光・札所参詣者で賑わっています。

大谷寺の洞窟に見られる遺跡からは、
縄文人が生活した跡があり、
併設された宝物館では、大谷寺から発掘された
1万年以上前と推定される人骨が展示されています。

DSC_3529_convert_20171125212258.jpg

裏庭のようなところへまわってみると池があり、
弁天堂とその隣に白蛇がいます。
この白蛇には伝説があり、昔、この池に毒蛇が住んでおり、
毒をまいて人々を困らせていたが、
弘法大師がこの地を訪れた時に
この話を聞き、毒蛇を退治した。
その後、毒蛇は心を入れ替えて白蛇となり、
弁財天に仕えるようになったという。
白蛇の頭を軽くさするとご利益があるそうだ。

DSC_3527_convert_20171125213940.jpg

こちらで御朱印を戴いた後、
歩いて大谷資料館へと向かいます。
次回へ続く・・・

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。




Theme: 神社仏閣
Genre: 学問・文化・芸術

【孤独なグルメ】 栃木県宇都宮餃子 青源 パセオ店

11月の連休中、栃木県の石の街を訪ねるため、
宇都宮へ向かいました。

新幹線を使うと高いので、横須賀から
JR横須賀線で戸塚まで乗り、
1つ手前の大船始発で、戸塚8:38発
湘南新宿ライン経由、快速・宇都宮行きに
乗り換えて終点宇都宮に11:06到着。
連休中で新幹線を避ける人たちも加わって
グリーン車も横浜を過ぎるあたりから
ほぼ席が埋まっていました。。

ここから石の街で有名な大谷へ向かう前に
宇都宮餃子を食べることにしました。

宇都宮駅ビルパセオ 1Fにある
青源 パセオ店に再訪しました。

20171104_114255528.jpg

青葱たっぷり餃子ダブル12個、
旨い味噌汁にご飯のセットがお得❗️


20171104_115509010.jpg

餃子の上にネギがどっさり。
見た目のインパクトも強烈な餃子を提供します。


20171104_115517295.jpg

特製味噌も旨いお店です。

長い伝統を持つ老舗味噌店が、
自慢の味噌と餃子のコラボに挑戦した餃子。
日本人の健康を支えてきた味噌と餃子は、
ヘルシーで相性抜群!
3種類の焼餃子と、自家製味噌スープで味わう水餃子が楽しめる。
焼餃子は「特製味噌ダレ」が付くのが特徴。
まろやかな酸味のタレで味わう餃子は、
さっぱりしていると評判。
人気メニューの「ネギ味噌焼餃子」の他、
肉と野菜の旨みが絶妙な小ぶりの
「源ちゃん焼餃子」もおすすめのお店です。

【お店の情報】

青源 パセオ店
〒321-0965 栃木県宇都宮市川向町1-23
宇都宮駅ビルパセオ 1F
10:00~20:00(LO19:40)
休みはパセオの休日に準ずる
24席
カード使用可
JR宇都宮駅直結
[その他メニュー]
源ちゃん焼餃子257円、
ネギ味噌焼餃子定食699円、
ビールとネギ味噌餃子セット810円等

さて次回は目的の石の街へ向かいます。
日本最古の石仏「大谷観音」をお参りします。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。


Theme: ♪おすすめ♪
Genre: グルメ

【川越城下町歩き】帰りも西武特急レッドアロー小江戸号

本川越駅に戻り、駅の改札付近にあった
カフェで休んだ後、本川越17:00始発
特急レッドアロー【小江戸34号】に乗車しました。

20171013_165030301.jpg

西武特急小江戸号でゆったり城下町巡り。
トイレ付きリクライニングシート車両は
特急料金500円追加するだけ‼️

■本川越
↓ 17:00~17:46
↓ 西武特急小江戸34号 西武新宿行
■西武新宿

西武の目玉列車である特急レッドアロー号は
車内がこんな感じ↓ ゆったりしています。

20171013_165313949.jpg

この列車は途中、狭山市、所沢、東村山、
高田馬場、西武新宿と停車します。
狭山市、所沢から乗ってくるお客さんが多いですね。

DSC_3517_01_convert_20171015161524.jpg

西武新宿には17:46到着しました。
あっと言う間に帰ってきた感覚ですが、
帰りはゆったり帰ることが出来ました。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。



Theme: 鉄道旅行
Genre: 旅行

【川越城下町歩き】歴史情緒あふれる街歩き

前回の記事で紹介したラーメン屋に行く前に
川越 熊野神社を参拝後、御朱印を戴いてきました。

川越 熊野神社は、室町時代に紀州熊野本宮大社から
分祀された開運・縁結びの神社です。

次に徒歩で向かったのは川越城本丸御殿です。

DSC_3520_convert_20171015161618.jpg

川越城本丸御殿は、嘉永元年(1848)、
時の藩主松平斉典が造営したもので、
武家風の落ち着いたつくりが印象的な
江戸時代17万石を誇った
川越城唯一の遺構が本丸御殿である。
明治維新後の解体により嘉永元年(1848)に
時の藩主松平斉典により再建されたものの一部であり、
現存しているのは玄関・大広間と移築復元された家老詰所のみ。
玄関に入ると廊下がぐるりと部屋を取り囲んでおり、
いくつかある部屋の装飾は質素で
装飾などは最低限に止められているが、
部屋を仕切る扉に描かれた杉戸絵や車寄せの構えは
豪壮でさすがに御殿と呼ぶにふさわしい造りです。
大広間にいまだに残る松の絵の絵板戸や、
現存する家老詰所には家老の人形などがありました。

DSC_3518_convert_20171022155926.jpg

次に徒歩で向かったのは喜多院です。
喜多院は、天長7年(830)に慈覚大師が
無量寿寺を開いたのが始まりと伝えられています。
永仁4年(1296)、尊海が慈恵大師を
勧請して無量寿寺を再興し、
北院・中院・南院となる各房が建てられました。
喜多院となったのは慶長17年(1612)、
徳川家康の信任を得る天海僧正が、
住職となってからのことです。
寛永15年(1638)、大火によって喜多院のほとんどを焼失。
3代将軍家光が江戸城内・紅葉山から客殿、書院などを移築しました。
それが結果的には江戸の大火による焼失を免れることになり、
江戸城唯一の遺構として残されることになりました。
客殿や書院には「家光誕生の間」「春日局化粧の間」と
伝えられている部屋があります。
これらは、慈眼堂・山門などとともに
重要文化財に指定されています。
こちらでも参拝をさせて戴き、
喜多院の御朱印もいただいてきました。

喜多院から歩いてすぐの場所にある
川越歴史博物館にも寄りました。
川越城や川越藩のゆかりの品が展示してある川越歴史博物館。

DSC_3523_convert_20171022155722.jpg

刀、弓矢、薙刀、鎖鎌に火縄銃などなど。
平安時代の武蔵国武士の物から、
川越藩松平家所用の品々まで数多く観ることができます。

DSC_3525_convert_20171022160229.jpg

20171013_152855083.jpg

館長が文化財保護の立場で、
親子3代で集めた数多くの品や資料は、
歴史的欲求をくすぐられる場所です。

DSC_3521_convert_20171022155820.jpg


川越歴史博物館の一番の見所は3階にある武具・甲冑。

室町・戦国時代のものを中心に、様々な種類が揃っていて、
中には珍しい馬の鎧などもあります。
また、NHK大河ドラマ「独眼竜正宗」に出演した兜まで。
近隣の博物館には負けない程の見応えがあります。
また川越歴史博物館は、喜多院や仙波東照宮などの
歴史的な寺社があるエリアにあるので、
一まとめで観光することができます。

受付のおじさんによる丁寧な説明に
火縄銃を持たせて戴いたりと、
本当に良い体験もできました。
歴史好きにはもってこいの場所ですね。
こうゆう博物館があっても良いなと思いました。

ここからバスと徒歩で西武新宿線の
本川越駅に戻りました。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。


Theme: 歴史・文化にふれる旅
Genre: 旅行