のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

夜の成田山新勝寺参拝

2017年1月2日

千葉県にある成田山新勝寺に
昼間は激混み状態の為、
正月三が日までは夜も参拝可能ということで
夕方に行ってきました。

DSC_3486_convert_20170103220856.jpg

夕方過ぎると落ち着きますね。
外は綺麗な三日月が照らしていました。
夜のほうが人は少なくないですが、
ゆっくり歩くことはできます。

成田山新勝寺の帰り、成田空港まで戻って
成田空港19:38発京成スカイライナー48号
上野行きに乗車。京成上野には20:22到着。

DSC_3488_convert_20170103220310.jpg

JRの成田エクスプレスは高いからなー。
あっという間に上野着いちゃった。

DSC_3490_convert_20170103220530.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



烏森神社さんで初詣

今日は元旦。
東京都内・新橋駅近くにあります、
烏森神社さんでお参りさせて戴き、ご朱印も戴いて来ました。
この神社の由来は、
平安時代の天慶三年(940)に、東国で平将門が乱を起こした。
時の将軍藤原秀郷が武州のある稲荷に戦勝を祈願した際、
白狐が現れ白羽の矢を与えた。
その矢を持ち、東夷を鎮め得た秀郷がお礼として
、霊地の現所に勧請し社頭を造営した。
その神社が、この烏森神社ということです。


DSC_3484_convert_20170101224957.jpg

赤・黄・青・緑の4色の巴紋と烏をあしらった社紋からなり、
この神社ではいつまでも健康で神社巡りをして頂きたく、
無病息災の御守を併せて授与していらっしゃるそうです。
また、色みくじ・鈴守を受けた方には
その証としてそれぞれの透かし印も押されております。
この日はご神前にお供えした
果物のグラッセと御守りをいただきました。
また、行列で並んでいる人たちへの
神職さんのお心遣いにも感謝致します。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



彼岸花満開の英勝寺(鎌倉)

久しぶりにブログを更新します。
シルバーウィークの最終日。
彼岸花がたくさん咲く鎌倉の英勝寺へ行ってきました。

英勝寺は、鎌倉にある唯一の尼寺です。
1636年に建立されました。
 開基は、英勝院尼で扇谷上杉氏に仕えた太田道灌から数えて四代の孫康資の娘。
徳川家康に仕え、家康の命により水戸家初代の徳川頼房の養母となった。
家康に仕えていた頃の英勝院尼は、「戦には必ず勝利をもたらした」ので、
「お勝の方」と呼ばれました。
家康の死後、徳川三代将軍家光より道灌の土地を譲り受け、
英勝寺を建立し、頼房の息女玉峯清因を開山に迎えた。
徳川光圀もこの寺を訪問しており、英勝院尼没後は
水戸家の姫君が代々住職を勤めたため、
「水戸御殿」とも呼ばれたが、六代の清吟尼を最後に
徳川水戸家からの住持は絶え、
徳川家の支援によって維持されたそうです。
9月の彼岸のころに咲く彼岸花は見事で、
仏殿を取り巻く整備された小径の両脇には
一面彼岸花の真っ赤な色で染められます。


IMGP0942_convert_20150923151710.jpg

IMGP0939_convert_20150923151038.jpg

IMGP0949_convert_20150923152121.jpg

IMGP0960_convert_20150923153345.jpg

鎌倉駅近くに戻り、昼食時間!!
今日のお店は「楽縁」さん
神奈川県鎌倉市小町2-11-11 大谷ビル2階

「鎌倉産釜揚げしらす丼定食」1,280円
(本来980円ですが※ プラス300円で、ご飯としらすが大盛り)

DSC_0370_convert_20150923153643.jpg

帰りは京急バスの
(鎌24系統)JR・鎌倉駅~京急・金沢八景駅間を走行する
バスでゆったり朝比奈峠の渋滞に巻き込まれながらも
金沢八景駅まで戻りました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


増上寺 宝物展示室2015年4月2日開設

東京のJR浜松町駅、都営浅草線・大江戸線の大門駅から
歩いて10分くらい、増上寺というお寺があります。
そのお寺である宝物の展示室が開催されます。
平成27年は、徳川家康公没後400年にあたり、の記念すべき年に、
家康公によって徳川将軍家の菩提寺と定められ
発展してきた増上寺では、本堂地下1階に
宝物展示室を開設することになりました。

展示の中心となるのは、英国ロイヤルコレクション所蔵の
「台徳院殿霊廟模型」です。
台徳院殿霊廟とは徳川将軍二代秀忠公の御霊屋(おたまや)として、
1632年(寛永9年)、三代将軍家光公によって境内に造営された壮大な建築群。
徳川家霊廟の中で最も壮麗とされる日光東照宮の
プロトタイプとなった霊廟で、1930年(昭和5年)に国宝に指定されましたが、
1945年(昭和20年)5月の戦災により焼失。

この模型は、いまではモノクロ写真でしか往時の姿を
しのぶことができない台徳院殿霊廟の主要部分が、
10分の1のスケールで製作されたもの。
1910年(明治43年)ロンドンで開催された日英博覧会に
東京市の展示物として出品。博覧会終了後に英国王室へ贈呈され、
ロイヤルコレクションの一つとなり、
現在まで英国にて大切に保管されてきたのです。
それが約100年ぶりに里帰りして
増上寺に展示されることになりました。
その展示会へ行ってきました。
増上寺は東京タワーの近くにあるので、
東京タワーが間近に見えるのです。

IMGP0809_convert_20150426194547.jpg

戦火で焼失した国宝級の台徳院殿霊廟
主要部分が、模型として10分の1スケールで再現。
縮小された模型を見ていると、戦火で焼失してしまった
本物の様子を垣間見ることができます。
(戦争で燃えてしまったことが一番残念ですが)
徳川将軍家の菩提寺として発展してきた増上寺の
往時を偲ぶ貴重な資料でもあり、
また境内から見る都会の景色も面白いので
また歩いてみたいと感じます。

IMGP0808_convert_20150426181205.jpg
ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


鎌倉・葵の御紋があるお寺

久しぶりにブログを更新します。
今回は以前訪れた鎌倉の英勝寺へ行ってきました。

英勝寺は、鎌倉にある唯一の尼寺です。
1636年に建立されました。
 開基は、英勝院尼で扇谷上杉氏に仕えた太田道灌から数えて四代の孫康資の娘。
徳川家康に仕え、家康の命により水戸家初代の徳川頼房の養母となった。
家康に仕えていた頃の英勝院尼は、「戦には必ず勝利をもたらした」ので、
「お勝の方」と呼ばれました。
家康の死後、徳川三代将軍家光より道灌の土地を譲り受け、
英勝寺を建立し、頼房の息女玉峯清因を開山に迎えた。
徳川光圀もこの寺を訪問しており、英勝院尼没後は
水戸家の姫君が代々住職を勤めたため、
「水戸御殿」とも呼ばれたが、六代の清吟尼を最後に
徳川水戸家からの住持は絶え、
徳川家の支援によって維持されたそうです。
そういうお寺なので葵の御紋が所々にあるのです。

IMGP0527_convert_20140706194753.jpg

7月に入りましたが境内にはまだ
紫陽花が咲いていました。

IMGP0528_convert_20140706195436.jpg

IMGP0530_convert_20140706202245.jpg

お寺の奥には竹林もあって涼しく、
静かな空間でした。

IMGP0532_convert_20140706202551.jpg
ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


« 新しい記事へ  | HOME | 

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (50)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (13)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (66)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (15)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (4)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん