ハムナプトラ3鑑賞

 今日は「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」先行ロードショウを鑑賞しました。
浪人時代、イライラと将来の不安解消にとふらっと入った映画館で作品を観たのが
きっかけで、それから映画鑑賞も私の趣味となりました。
 見た映画は必ずパンフレットを買っているので家で保管するのがもう大変!

 さて、この映画、ハムナプトラシリーズは一作目から劇場で観ているので、
非常に楽しみでした。過去2作品もミイラと闘っていましたが、今回はさらに
スケールアップし、「ジェット・リー」演じる最強最悪皇帝役にハマりました。
男前の俳優が悪役に徹すると、違った重みを感じます。
スケールの大きいアクションムービー、バトル・ロマンス・チェイスが豊富!
作品の内容は言えないので、劇場で観てください。
 
 
この映画の上映時間は1時間52分(112分)とちょうど良い時間です。

そういえば、あるシネマ雑誌でターミネーター3のジョナサン監督が

「映画は2時間以内がちょうどいい、僕が昔映画館でアルバイトしていた時に観客が
上映中にトイレに行ったりポップコーンを買いに行ったりするのをみて...(中略)
そういうのをやって欲しくないんだ。退屈させたくないし、5秒でも席を
離れたら何かを見落すかもしれないという感覚を経験して欲しいんだ」


とインタビューで答えていたのを見て私も同感だと思った。
たらたら4時間超える映画とかハッキリいって疲れるし、トイレに立つ人も多い。

 確かに映画にのめりこめる時間は私は2時間位ですね。その間、
トイレに立ちたくないし、見逃したくもない。
あっという間に終わったなと感じる
上映時間も2時間ぐらいだし、作品に、又
スクリーンに集中できるのも2時間位ですね。
のめり込んだ作品は今でも忘れないですしね。

最後に私の好きな映画は「シンドラーのリスト」
「シェルブールの雨傘(昔の仏映画の傑作)」
「隣の女(仏映画)」「戦場のピアニスト」などなど、
鉄道だけが趣味ではないトーマスでした。

関連記事
Theme: 映画感想
Genre: 映画

Comment

Leave a Reply










Trackback