【日光_4】輪王寺常行堂 孔雀の乗った如来様

輪王寺「常行堂」は嘉祥元年(848年)に慈覚大師円仁によって、
比叡山延暦寺の『にない堂』に模して建立されました。
純和様の宝形造で、隣の純唐様の法華堂との間に、
歩廊を設け接続されています。
この形式が大変珍しく、現在では比叡山延暦寺と、
ここ輪王寺常行堂の二か所のみとなっています。

常行堂は、仏の周りを歩きながら
90日間に渡って念仏を唱える
「常行三昧(じょうぎょうざんまい)」
という修業を行うために造営されています。

従って、本尊が安置されている
「須弥壇(しゅみだん)=豪華な台座(仏壇)」
の周りには、歩き回るための通路があります。

現在では正月に修正会が行われており、
鎮守国家や日本国民全体の幸福を願う
祈祷が執り行われています。

常行堂の御本尊は、宝冠五智阿弥陀如来です。
平安時代末期の仏像で、
国の重要文化財に指定されています。
宝冠を頂き、クジャクに乗ったお姿です。
このような形でおまつりされているのは、
大変珍しく、全国でも唯一と言われています。

こちらでもお参りをさせていただき、
御朱印もいただいてまいりました。

日光輪王寺_各所御朱印_convert_20170514220139

さて、次は東武バスに乗って、いろは坂を超え、
中禅寺湖の先を目指します。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 歴史・文化にふれる旅
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback