【鎌倉】鎌倉江の島七福神巡り 6・7 (宝戒寺/毘沙門天・妙隆寺/寿老人)

鎌倉江の島七福神は、
神奈川県鎌倉市・藤沢市にある8箇所の社寺から
構成される七福神めぐりの巡礼札所。

今回は2寺巡ります。
最初は京急 金沢八景駅から京急バス
鎌倉駅行きに乗って”大学前”バス停で下車。

DSC_3506_convert_20170423212232.jpg

宝戒寺は、天台宗の寺院です。
開基は後醍醐天皇。
開山は天台座主五代国師円観恵鎮慈威和上で、
建武2年(1335年)に創建されました。
こちらに毘沙門天がお祀りされております。

DSC_3505_convert_20170423211924.jpg

■毘沙門天(びしゃもんてん)=病魔対敵の神
別名を多聞天といい、仏教を守る四天王の一人です。
須弥山(しゅみせん=仏教の世界観で、世界の中心)の
北方の守護神にあてられており、
その武威の盛んなことから災難や病患を除いて
福智や富貴を授けるものとして
信仰されるようになりました。

宝戒寺をでて目の前の道を左方向へ行きます。
その道沿いに妙隆寺があります。

宝戒寺から妙隆寺までは徒歩で5分とかかりません。

小町の住宅街ひっそりと佇むお寺。
このあたりは鎌倉幕府の有力御家人、
千葉常胤の子孫である胤貞の邸宅跡で
「千葉屋敷」と呼ばれています。
小さなお寺ですが、
二代の鍋かむり日親上人の逸話や、
鎌倉七福神巡り一寺として
長寿の神寿老人(じゅろうじん)様が
鎮座するユニークなお寺です。

DSC_3508_convert_20170423212109.jpg

源頼朝の御家人・千葉常胤の子孫
千葉大隅守平胤貞の旧地で至徳2年(1385)七堂伽藍を建立し、
妙親院日英上人を迎えて開山しました。
応永34年(1427)の冬第二祖久遠成院日親上人は
21歳の時に当山に来られ堂前の池で寒百日間、
水行などの修行にはげみ、永享11年(1439)京都へ上り
「立正冶国論」の一書を足利六代将軍義教に献して
政道を諌めようとしましたが、
これを怒った義教は日親を投獄し、
陰惨な拷問でも屈しない日親の頭に
灼熱の鍋をかぶせ舌端を切らせ日親の言葉を奪い、
後年「なべかむり日親」と呼ばれるように成りました。
世の為、人の為ならばいかなる苦難にも屈しない
日親上人ゆかりの妙隆寺には、
欅の一本造りの寿老人の尊像が安置されています。
人々の安全・健康を守り長寿と司る福神です。
お供の鹿はその使いで、
三千年の長寿を象徴しているのです。

DSC_3509_convert_20170423212354.jpg


目指す寿老人は本堂手前にある池のほとり、
小さな社に祀られています。
こちらの寿老人は欅の一本造りです。
また、本堂の左手前には
もう一体の寿老人(石造り)がいます。

■寿老人(じゅろうじん)=長寿の神
中国の道教の神仙思想から来た伝承で、
長寿を司る神様といわれています。
また、「老子」であるという説や、
宋の時代の仙人「寿星」の化身という説もあります。
御朱印と、珍しい魔除けの土鈴を戴きました。
土鈴は赤と緑二種類あるのですが、
赤は人気で売り切れたので、
緑の土鈴にしました。
玄関に置くと良いとお寺の方に教えて戴きました。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。



関連記事
Theme: 神社・仏閣
Genre: 地域情報

Comment

Leave a Reply










Trackback