【'17瀬戸内城下町巡り_11】 再び城下町巡り(岡山県・岡山編)

岡山駅前から市電に乗って城下というところで
降りて、さらにそこからは徒歩で行ける。
ここで観光案内所で配布されている
岡山城&後楽園の割引券付マップをもらって、
岡山駅前の市電乗り場へ急ぎます。

私が北海道にいたとき、札幌の近くに住んでいましたが、
このとき札幌大通りとススキノを大回りで結んでいた
市電に大変お世話になっていました。
地元・横須賀には路面を走る電車はないので、
岡山の路面電車を見ると、なんか懐かしいですね。

岡山駅前から路面電車に乗って城下というところで降ります。


岡山城へ行く前に去年の夏に行けなかった
林原美術館へ行き、土佐から来たぜよ!坂本龍馬展を
ゆっくり見てきました。
その後、岡山城へと向かいます。

IMGP1179_convert_20170313225014.jpg

岡山城を築城したのは宇喜多秀家で、
岡山城を居城にして戦国大名として成長し、
豊臣家五大老を務めましたが1600年、関ヶ原の戦いにおいて、
西軍方の主力となった秀家は改易となり、
西軍から寝返り勝敗の要となった小早川秀秋が
入封し備前・美作の51万石を所領とした。
ただ慶長7年10月18日(1602年12月1日)、
秀秋は無嗣子で没したため小早川家は廃絶。

慶長8年(1603年)、姫路藩主・池田輝政の次男・忠継が
岡山に入封し、ここに江戸期の
大名である池田家の治世が始まる。
元和元年(1615年)忠継が無嗣子で没し、
弟の淡路国由良城主・忠雄が31万5,000石で入封。
寛永9年(1632年)忠雄の没後、嫡子・光仲は幼少のため
山陽筋の重要な拠点である岡山を
任せるには荷が重いとして、鳥取に国替えとなった。
代わって従兄弟の池田光政が鳥取より31万5,000石で入封し、
以後明治まで池田家10代約240年間、
岡山藩を治めることとなった。

去年の夏に岡山城散策時は
残暑が厳しくて、さらに松江、鳥取と巡ってからの
岡山だったので、疲れていました。
今回は冬とあってゆっくり城周りを歩くことが出来ました。

IMGP1180_convert_20170321222134.jpg

ここから後楽園を回ってお目当ての
岡山県立博物館へと向かいますが、
その前に面白いスイーツを出すお店を見つけました。

次回へ続く・・・

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。




関連記事
Theme: 歴史大好き!
Genre: 学問・文化・芸術

Comment

Leave a Reply










Trackback