【'17瀬戸内城下町巡り_7】再び四国へ渡る(快速マリンライナー号)

翌日、三井ガーデンホテル岡山の1階で
朝食券を買い、バイキング方式の朝食で
岡山名物を皿に取りまくり、和洋関係なく
ごちゃまぜ状態で食べた後、少しゆっくりして
ホテルをチェックアウトしました。

今回の目的地は四国・高松城と
高松藩松平家の資料などを展示している
香川県ミュージアムに行くことでした。

岡山駅に行く前にホテルの一室で
JR西日本のネットサービス”e5489”を使って
高松行きの割引切符をスマホから手配します。

瀬戸大橋を渡って
岡山と高松を結んでいる列車は
快速<マリンライナー号>です。
普段は5両編成で4両は自由席、
1両の1階は普通車指定席、
2階と運転席近くの部分が
グリーン車指定席となっています。

IMGP1154_convert_20170215214117.jpg

普通車指定席は結構埋まっており、
2階席のグリーン車窓側が何とか取れました。

岡山9:05始発快速<マリンライナー15号>
高松行きに乗車することになりました。
高松は9:59到着予定です。
岡山駅ホームへ行くと、
私が乗車する快速<マリンライナー15号>は既に入線していました。

IMGP1153_convert_20170215214021.jpg

普通車自由席の車両乗車口にはもう列ができていました。
私は一番先頭車両、2階部分グリーン車に乗り込みました。

IMGP1155_convert_20170215214908.jpg

2階からなら瀬戸大橋を渡った時
車窓は良いだろうなと思いました。
岡山を発車した快速<マリンライナー15号>は市街地を抜け、
JR四国との接続駅となる児島へ向かい、
児島を発車すると、列車はいくつかトンネルをくぐり抜け、
瀬戸大橋の下層に設置された線路内へと入ります。
瀬戸大橋は上層が高速道路、下層が鉄道の併用橋で、
支柱越しに瀬戸内海の青い海と島々が車窓に映し出されます。
瀬戸大橋の鉄橋と島の上に設置された高架橋を交互に渡り、
前方に工場の煙突や山並みが映し出されると
列車は四国に入り、坂出方面へ向かう列車と
宇多津方面へ向かう列車が分岐します。
坂出を出て讃岐富士飯野山を車窓右手に眺めると、
快速<マリンライナー15号>は間もなく終着の高松に到着します。
高松には9:59定刻通りの到着です。
高松は香川県の県庁所在地の都市だけあって
高松駅は想像していたものよりも大きく、
高松駅を出て振り返ると、
笑顔で建って?いました。

IMGP1156_convert_20170215215722.jpg

高松駅構内の観光案内所で、
高松周辺の地図を貰って
いよいよ高松散歩です。
最初は高松城址 玉藻公園に行きます。

次回へ続く。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等,
 宜しくお願いします。



関連記事
Theme: 鉄道の旅
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback