【'16秋_信州2】長野の善光寺にて

DSC_3482_convert_20161030212248.jpg

長野駅からバスで大門前まで行き、
境内に繋がる参道を歩いて行くと、
境内で一列に並び始める参拝者達。
近くにいたお寺の方に聞くと、
朝行事の御数珠頂戴をされるので、
並んでみてはいかがですか?と言われたので、
幸運に感謝しながら一列に並び、
御数珠頂戴を受けさせて戴きました。
お数珠頂戴(おじゅずちょうだい)とは、
お朝時の時などに大勧進貫主や
大本願上人が参道を往復される際に、
頭を数珠でなでてもらうことを言います。
貫主や上人が参道を往復される際に、
石頭にひざまずいて手を合わせ、
お二人から数珠で撫でてもらいます。
功徳を授かる機会として、地域にも根付いており、
お朝事の際には多くの人が
参道でひざまずいて待機していると聞いていました。
なのでお昼前に御数珠を頂戴して幸運でした。
その後、お参りを済ませてご朱印も頂戴し、参道を歩くと、
私がいつも足を止める場所がこちら。↓

DSC_3486_convert_20161030211659.jpg

「むじな地蔵」さんです。このお地蔵さんの由来は・・・
昔、下総の国に一匹のむじなが住んでおり、このむじなは、
日頃、生き物を殺して生きていかなくてはならない
自らの身の上を恥じ、後生を頼むために善光寺に
お参りをして灯籠を寄進したいと願っていました。
ある時、むじなは人の姿に化け、善光寺参りの講中にまじって
善光寺へとやってきました。
白蓮坊に宿を定めたところまではよかったのですが、
無事到着した安堵からか、お風呂でむじなの姿のまま湯を
浴びていたところを見つかり、
あわててどこかへ逃げ去りました。
姿を消したむじなを不憫に思った住職は、その心を知り、
かわりに一基の灯籠をたててあげました。
白蓮坊の「むじな地蔵」は、この「むじな灯籠」の伝説にこめられた、
善光寺如来の無縁の慈悲の世界を、
籔内佐斗司 (やぶうちさとし) 先生が、天真爛漫な
童子形のお地蔵さまと健気なむじなの姿で表したそうです。

そのお地蔵さんにお参りを済ませた後、大門近くにある
行きつけの蕎麦屋さん「大丸」で天ぷら更科ざる蕎麦を食べました。
昼食が終わり、長野駅へ戻ってから次はいよいよお目当ての
松代へ行くため、アルピコ交通バス長野駅12:45発
松代行のバスの乗車しました。

そのあとの道中記は次回へ。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



関連記事
Theme: 神社・仏閣巡り
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback