【'16吾妻線_3】四万温泉周辺を歩いてみる

DSC_3402+01_convert_20160124211344.jpg

ランチタイムが終わり、食後の運動ではないですが、
久しぶりに来たので、四万温泉周辺を歩いてみました。

食べた後は久しぶりに来た四万温泉周辺を歩きます。
坂道が続く道路をゆっくり歩いていくと、
道路の下には四万川が流れており、
所々、滝になっている個所もあります。


IMGP0992_convert_20160124212939.jpg

滝が眼下に見える場所には休憩所や公衆トイレが設置されていました。
坂道をどんどん登っていくと目の前に大きなダムが見えてきます。
これが、四万川ダムなんですね。
ダムの周りには温泉や公園などが整備されていました。


IMGP0993_convert_20160124211446.jpg

四万川ダムから来た道を今度は下っていき、
四万温泉のバスターミナルまで戻ってきました。
ちょうどJR吾妻線・中之条駅へ行く
関越交通のバスが発車するところでした。


DSC_3404_convert_20160124214408.jpg

この温泉地の特徴は、24時間営業のコンビニが周りにないこと。
それに信号機も見当たりませんね。
旅館周りの飲食店とかが閉まると、非常に静かな温泉地となりますが、
私は本来これが、あるべき姿じゃないかなと思います。
昔は24時間営業のお店なんかなかったし、
明かりが眩しくて騒々しくなかった。
今の世の中は便利になり過ぎたんじゃないかなあ…
静かになった後の温泉地の様子はこの後記事にしますが、
四万川の川の流れる音しか聞こえませんよ。
都会の喧騒を忘れたい人にはもってこいの場所です。
ここに来るときは、中之条駅のキオスクで物資を
買ってからバスで来ることをお勧めします。

それでは本日宿泊する積善館・本館に戻って
温泉入って夕食を食べた後、夜の四万温泉を
少し歩いてみましょう。
本当に静かな場所ですから…
次回へ続く・・・


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 温泉旅行・温泉宿
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback