【'16吾妻線_2】四万温泉くれないの焼き豚

DSC_3403+03_convert_20160123231905.jpg

JR吾妻線 中之条駅に到着後、
関越交通バスで約40分ちょっと…(運賃大人930円)

四万温泉に到着しました。

四万温泉の名前は、四万の湯が
『四万(よんまん)の病を癒す霊泉』であるとする伝説に由来します。
四万温泉の起源は二説あり、一つは
桓武天皇(737~806)の御代に征夷大将軍として
蝦夷征伐に来た坂上田村麻呂が、
この地で入浴したことが始まりという物です。
もう一つは、延暦年間(782~806)に源頼光の家臣で、
渡辺綱、坂田金時、卜部季武と共に四天王として勇名を轟かせた日向守碓氷貞光が、
越後から上野国に越えるときにこの四万の地に訪れて、
山のたたずまいや谷川の響きに心を澄まし、夜もすがら読経をした。
夜半の頃、どこからともなく童子があらわれていうのに、
『汝が読経の誠心に感じて四万の病悩を治する霊泉を授ける。我はこの山の神霊なり』
夢うつつにこの神託を聞いた貞光は、覚めて後に湧出する温泉を見つけた。
この事に感じた貞光は、一宇の堂を建立して自らの守本尊の薬師如来を安置し、
日向守貞光寺薬師瑠璃如来と号し、
温泉は「御夢想の湯」と呼び、
神託にちなんでこの地を四万「しま」の郷と名付けたという伝説がある。

また、四万温泉は昔から「日本三大胃腸病の名湯」の一つに
数えられているほど、胃腸病には有名。
飲泉できるお湯としてもファンが多く、
熱いまま飲むと下痢症の方に、
冷やして飲むと便秘症の方に効果があると言われてます。

今日泊まるお宿は、一人旅を昔から応援して
以前より何度もお世話になっている「積善館」さん。
ここはTVメディアにもよく出る、宮崎駿アニメ
千と千尋の神隠しに出てくる銭湯のモデルになったお宿です。

まずは積善館へ行ってチェックイン。
荷物を部屋において、遅いランチタイムとします。
四万温泉には美味しいお店も結構ありますが、
私が今回行くお店は旅館も営んでいる「くれない」さん。


DSC_3400+01_convert_20160123231330.jpg

お店の中は落ち着いていて窓からは四万川と堰堤の滝が見えます。
今日はくれないの焼き豚+ごはんセット


DSC_3400+02_convert_20160123231149.jpg

すごーいボリューム!たっぷりのせた地元群馬県産のネギと
上州豚、それに味噌が絶妙に合って美味しいです。
それにネギと上州豚と味噌を絡めてご飯に混ぜると
最高で豪華なご飯に早変わりです。

「くれない」と言えば湯蒸しうな重で有名ですが、
今回は、上州豚の焼き豚を選んでみました。
いやーとても美味しかったです。ご馳走様でした。

食べた後は久しぶりに来た四万温泉周辺を歩きます。

次回へ続く・・・。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 温泉旅行・温泉宿
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback