【'15GW_1】東武特急で行く足利フラワーパーク

ゴールデンウィークの真っただ中、以前から行きたいと考えていた
足利フラワーパークの大藤まつりを見に行きました。
前日、東武浅草駅で特急列車の指定券はゲットしておきました。

東武線の浅草が今回の出発地となります。
足利フラワーパークは栃木県の足利市駅で降りて
シャトルバスに乗り換えて向かいます。

まずは東武線の浅草駅からスタートです。
国際的に有名な観光地で門前町の浅草は
朝8時頃歩くと人は少なく、浅草から見える東京スカイツリーも
ゆったり見ることができました。

東武浅草駅に到着。
浅草8:40発東武特急<りょうもう5号>赤城行に乗車します。

DSC_0328_convert_20150506213726.jpg

「りょうもう」は、東京と栃木・群馬方面をつなぐ東武鉄道の特急列車の愛称です。
DSC_0330_convert_20150506214136.jpg

主に浅草〜赤城間を伊勢崎線・桐生線経由で運行しています。
DSC_0329_convert_20150506214217.jpg



浅草を出るとすぐに隅田川を渡り、東京スカイツリーが
車窓からドーンと登場します。
浅草を出発した時は3割ぐらいの乗車率でしたが、
次の北千住でほぼ満席状態になりました。

DSC_0328+01_convert_20150506214256.jpg
前日浅草駅でチケットを取ったとき、
まだ200席くらい空いていますよと係員が言っていましたが、
やはりGW中とあって当日ほとんど売れたんですね。
しかも、他の人の切符をちらっと見ると「足利市」とあり、
やはり、行き先や目的は一緒なんだなあと感じました。
足利フラワーパークの大藤まつりはTVで中継されるくらい有名で
この時期が大藤の満開時期なので、大藤を見に行く人が多いのです。

私が乗車した特急<りょうもう5号>は東武動物公園に停車し、
次は分福茶釜で有名な茂林寺が近くにある茂林寺前に臨時停車後、
館林と停まり、目的の栃木県・足利市には9:59に到着。
ここで多くの乗客がおりました。
足利市駅からはシャトルバスに乗って
足利フラワーパークに到着です。
足利フラワーパークのある場所は、
東武線・足利市駅からシャトルバスで、
JR両毛線・富田駅から徒歩でも行ける距離です。
足利フラワーパークの入り口は、入場券を買う
お客さんでいっぱいでした。
・・・そういえば今朝、東武浅草駅のパンフレットで
足利フラワーパークのパンフレットに100円の割引券が付いていた。
そのパンフレットの割引券を持って入場券売り場に並びますか。

園内の様子などは次回へ続く・・・


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 鉄道の旅
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback