【'15茨城5】常磐線→東京上野ラインで帰京(特急ひたち18号)

前回からの続き

茨城県北部にある大甕から東京・品川へ戻ります。
選んだ列車は福島県・いわき14:18始発
大甕15:10発特急<ひたち18号>品川行に乗車します。

IMGP0772_convert_20150328214513.jpg

列車は10両編成、全車指定席で自由席はありません。
私が乗車した10号車は車両の半分位しか人は埋まっていません。

私の席の上にあるランプの色は「緑」
つまり、この席は座席指定されていますという事。
隣の席の上のランプは「赤色」、
つまり、この先勝田や水戸から
指定券は売れていないという事。
(事実、私の隣は終点まで空席でした)

DSC_0337_convert_20150405232248.jpg
列車は、次の勝田で利用客を増やし、
さらに次の水戸でほとんど席が埋まりましたが、
私の隣は空席だったので楽でした。
水戸を出た時点で車両の8割強、
席は埋まっていました。

水戸を15:27に出ると、次は上野までノンストップです。
ここから先は高速で走り抜けます。

特急<ひたち18号>は水戸から1時間11分駆け抜けて、
上野に16:38到着。ここから開業した上野東京ラインを走ります。
上野~東京間の沿線では、見慣れなかった常磐線特急列車に
カメラを向ける人が少なくなかったです。
特急<ひたち18号>は東京に16:44到着。
東京で降りる客が多く、行きと同じように
東京駅の利用客の多さを感じた一幕でした。

IMGP0777_convert_20150328214919.jpg

特急<ひたち18号>は定刻通り、
品川に16:53到着しました。
大甕から1時間43分で上野を通り越して品川に到着。

IMGP0779_convert_20150328214615.jpg

上野駅終点から、品川駅まで延ばした事によって、
多方面からの利用客をどこまで増やせるか、
今後も期待します。

IMGP0778_convert_20150328214828.jpg
ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 鉄道写真
Genre: 写真

Comment

Leave a Reply










Trackback