【'15北海道9】時代の彼方へ流れ去る星・・・北斗星号最後の乗車(前篇)

2015年1月16日(金曜日)
札幌17:12発の予定だった寝台特急北斗星号は
前日東北本線倒木の影響で札幌到着が
3時間半遅れた影響で折り返し作業に時間がかかり、
札幌を約40分遅れの17:50に動き出しました。
車掌の北海道弁交じりのアナウンスが懐かしい・・・
「みなさま、おばんでございました(こんばんは)・・・」
あー懐かしいなあ・・・

DSC_0312+08_convert_20150225214904.jpg

私が乗車した1号車の2段式B寝台。ただし、ここは4人で利用すると
コンパートメントとして個室ドアが利用可能です。
カメラを持った大人や子供があちこち撮りながら
色々な話をして賑やかでした。
私の反対側の寝台にいたおじさんも
旅好きで、この列車に乗りたくて東京観光だと聞きました。
早速、食堂車の案内放送があったのですが、
シャワーカードは翌日利用分も含めて売り切れ・・・
車内販売もあるそうですが、待てども待てども来ないので、
お弁当とグッズを買いに反対側の車両へ歩いていくと、
やっと9号車のデッキで見つけた!!
グッズを求めるお客さんで足止めされていました・・・
北斗星の廃止が決まると、皆やることは同じなんだなあ。
寝台特急北斗星号は約40分遅れたまま南千歳、苫小牧と
利用客を乗せていきます。登別、東室蘭を過ぎて
伊達紋別に到着後・・・北斗星が発車しない???
伊達紋別駅のホームがちょっと騒がしくなっているぞ・・・
何でも酔っぱらった関係ない客が間違て乗ったとかで
降ろすのに時間がかかり、遅れは約60分に拡大。
まあ、長く乗車できるから別に気にはしませんけど。
札幌から函館まではDD51ディーゼル機関車2両が引っ張ってくれます。
北斗星号は電源車も含めた12両編成と長い列車です。
それを引っ張るんだから力強いですよね。

DSC_0312+07_convert_20150225215010.jpg

列車は洞爺、長万部、八雲、森と停車して、
函館に約1時間遅れの22:30頃到着しました。
到着後ドアが開くと同時に駅のホームに走り出す人たち。
そう、函館駅で機関車を付け替えるので、
それを撮影する人たちで溢れていました。
↓函館駅でDD51ディーゼル機関車を切り離しています。

IMGP0718_convert_20150222211238.jpg

函館駅のホームから乗客がみんな北斗星の車両の戻っていく。
私も急いで北斗星の車両に戻りました。
向かい側を見るとこの列車の後ろを走っていた
札幌18:13発特急<北斗16号>が函館駅のホームに入ってきました。
↓寝台の向こうに見えるのが特急<北斗16号>

IMGP0719_convert_20150225220629.jpg

特急<北斗16号>は函館22:03到着予定でしたが、
先行する北斗星号の遅れで、あちらも遅れて到着したんですね。

寝台特急北斗星号は函館を22:41頃に出発。
約1時遅れて津軽海峡線へと向かいます。
隣の五稜郭駅で一旦停車し、しばらくして
走り出しました。
私は歯を磨いて寝台に横たわり、
もう寝ることにしました。
zzzzzz・・・
ガクッと車両が揺れて目を覚ますと、
上野行きの寝台特急北斗星号は津軽海峡を越えて
青函トンネルを通過し、約1時間遅れて、
0:58頃に青森に到着して機関車を取り替えます。
また、ここでJR北海道の車掌から
JR東日本の車掌に交代します。
機関車取り替え後、寝台特急北斗星号は
1:03頃に青森駅のホームを離れました。
一路上野を目指します。

続きは次の記事へ・・・


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 鉄道の旅
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback