【松本桜夜会6】国宝・松本城、朝の風景

IMGP0445_convert_20140429112522.jpg
宿泊しているホテルから
歩いて目の前の松本城へ向かいます。

IMGP0433_convert_20140429111437.jpg
松本城は、長野県松本市にある城で、
国の史跡に指定されています。
松本城となる以前は深志城(ふかしじょう)と呼ばれており、
市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれています。
日本国内に12基現存している。
安土桃山時代後期から江戸時代にかけて
建造された天守を有する城郭の1つ(現存12天守)。
天守群は国宝に指定されています。

DSC_0247+01_convert_20140429112306.jpg
松本城は室町時代末期の永正元年(1504)、
この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の
島立貞永に命じて築城させたもので、
以後、小笠原氏の居城となり、
「深志城」と呼ばれていました。

DSC_0244+03_convert_20140429113919.jpg
最初の約50年間は、石川・小笠原・戸田・松平・堀田氏と、
藩主はめまぐるしく交代しました。
その後約70年間は水野氏時代が続き、
最後は1726年、再び戸田氏6万石となり、
9代142年間続いて明治維新を迎えます。
藩主の合計は23人。小笠原氏より後は、
将軍徳川家と関係の深い藩主が置かれました。

IMGP0448_convert_20140429113615.jpg

松本城に入り、4階の窓から城下を撮ってみました。
DSC_0246+03_convert_20140429112706.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 写真日記
Genre: 写真

Comment

Leave a Reply










Trackback