【松本桜夜会4】国宝・松本城、夜桜に浮かぶ城

国宝・松本城天守と本丸庭園の桜をライトアップします。
月見櫓では、三曲(箏・尺八)、フルート、雅楽の演奏が行われ、
本丸庭園内では、お茶席が設けられ、花見団子や豚汁の屋台、
常設売店の営業もありました。

IMGP0424_convert_20140420221644.jpg

IMGP0419_convert_20140423225043.jpg

IMGP0422_convert_20140423225740.jpg

この日は夜桜会なので、無料開放です。
清正公駒つなぎの桜とは・・・

IMGP0420_convert_20140420221729.jpg

熊本城主加藤清正は、江戸からの帰りに松本城に立ち寄った。
城主石川玄蕃頭は、遠来の客を手厚くもてなした後
騎馬二頭を引き出し「土産にどちらでも
お気に召した方を一頭差し上げましょう」といった。
清正は志のほどを感謝して
「貴殿の目利きで取り立てた駒を
我らほどの目利きで選んでは誠に申し訳ない。
二頭共申し受けるのが礼儀と心得る」といって
二頭を頂戴して帰ったという。
これを伝え聞いた人々はさすが清正公と感じ入ったという。
この時駒を繋いだのがこの桜の木だと伝えられている。

IMGP0423_convert_20140420221834.jpg
松本城の外堀の桜並木がライトアップされ、
美しい光の回廊が漆黒の松本城を包みます。

IMGP0431_convert_20140420222050.jpg
また、光に照らされた桜の一枝一枝がお堀の水面に映り、
幽玄な光の世界が広がり、その光は
女鳥羽川(めとばがわ)の桜並木へと続きます。

IMGP0429_convert_20140420221947.jpg
次回は翌朝、再度松本城へ明るい時の様子を写真にしましたので
次回、写真をアップします。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: ある日の風景や景色
Genre: 写真

Comment

Leave a Reply










Trackback