【函館江差9】新青森→東京へ最速はやぶさ号で帰る

前回からの続き・・・
新青森駅の在来線ホームから新幹線ホームへ移動し、
私が青森に行くと必ず買うお土産を購入。
そのお土産とはこちら↓ 磯焼ほたて貝(むつ湾産)1,050円

DSC_0218_convert_20131227232918.jpg
学生時代から買っている、この帆立貝は
ご飯にまぜると「ホタテ飯」になって美味しいし、
そのまま食べても美味しい!!
さて、次に乗る列車は新青森18:24発《はやぶさ18号》東京行

IMGP0245_convert_20131227232349.jpg
東北新幹線《はやぶさ18号》は最速列車・・・何が速いの?
新青森~東京間を2時間59分で走る最速列車なんです。
国内最速・時速320km(盛岡~宇都宮間)で走行します。
新青森18:24に出発すると、盛岡・仙台・大宮と停車し、
上野を通過して東京21:23に到着します。
このはやぶさ号は停車駅も少ないんです。
新青森駅11番線に着くと、《はやぶさ18号》が入線してきました。


ボーッとしてて、シャッター切るのが遅れちゃいました・・・
IMGP0246_convert_20131228235654.jpg

IMGP0247_convert_20131227232528.jpg

↓《はやぶさ18号》の7号車に乗り込みまーす。
IMGP0248_convert_20131227232824.jpg

大きな地図で見る

新青森を定刻通り出発した《はやぶさ18号》は次の盛岡で、
秋田から来る《こまち号》を連結せず、単独で東京へ向かいます。
盛岡19:13出発時点で私の乗っている7号車は50%程席が埋まっています。
ここから《はやぶさ18号》は国内最速時速320Kmで走行します。
盛岡から次の仙台まで39分で到着(速いな)
仙台を19:53に出発した時点で7号車は殆ど席が埋まっていました。
宮城県の仙台から埼玉県の大宮までわずか1時間07分(やっぱり速い)
時速320Kmを出して走行している時は、別に揺れるわけではなく、
意外と静かでした。
大宮手前で喉がが湧いたので車内販売でアイスコーヒーを注文しました。

DSC_0216+01_convert_20131227233411.jpg
列車はあっという間に大宮に到着し、次は上野を通過して
終点・東京へ向かいます。
新青森を出発して2時間59分、東京に21:23到着。
青森からあっという間に東京に着きました。
ここから東海道線・横須賀線と乗り換えて
横須賀の実家へ到着したのは午前0時前でした。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 鉄道旅行
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback