【函館江差6】さようなら江差線の旅2

前回の続き・・・
にしんで有名な江差に到着し、駅の中で
記念入場券・乗車券を購入しました。
江差駅の中はこんな感じでした。
このストーブが北海道らしいなと懐かしく思いました。

IMGP0227_convert_20131223204709.jpg
2014年5月12日に廃止と決まっている影響か、カメラを持った
人たちが多かったですね。
江差駅のホームも何枚か撮りました。

IMGP0226_convert_20131223205204.jpg

IMGP0232_convert_20131223230003.jpg

終着駅という感じがする駅です。
江差は雪は少ないのですが風が強いんです。

IMGP0229_convert_20131223205346.jpg
先ほど乗ってきた列車の折り返しで
江差10:27発の木古内行に乗車します。
普通列車なのですがこの列車のみは快速列車と同じで、
途中、湯ノ岱まで各駅なのですが、
その次は4駅先の木古内まで停車しないのです。

IMGP0233_convert_20131223205543.jpg
木古内行の車内は暖かく、出発時間が近づくと、
江差のお土産を持った観光客で座席は埋まりました。
江差から1時間03分で木古内まで戻りました。
木古内に着いたのは11:30とお昼前でした。
のどかなローカル線という感想ですね、江差線は。
私が学生時代にお世話になっていた頃と変わっていませんでした。

一旦木古内駅の改札を出て、待合室にいました。

IMGP0234_convert_20131223233425.jpg
これから乗るのは特急《スーパー白鳥11号》函館行。
しかし、写真の案内板に赤字で表示されているのですが、
函館始発の木古内11:59発特急《白鳥28号》新青森行に乗車しようとする
お客さんが待合室には多かったと思います。
江差や、北海道唯一の城下町・松前からの観光客は
必ず木古内を通るので、特急の需要もあるのでしょう。

さて、私はここで少し体を温めたあと、
特急《スーパー白鳥11号》に乗って函館に戻りました。

さて、次回は金森赤レンガ街でのランチの内容など紹介します。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 鉄道旅行
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback