【函館江差2】久し振りの函館と塩ラーメン

新青森駅を降りると東北らしい冷気と、
雪景色が北へ来ていることを実感させますね。

次は在来線ホームに移り、新青森11:34発
特急《スーパー白鳥15号》函館行に乗車します。

IMGP0188_convert_20131219215159.jpg

この列車の函館到着は13:44
函館までほとんどの区間寝てました・・・

函館に着くと、函館14:13発臨時特急
《北斗91号》札幌行が顔を見せていました。
(臨時というのは過去の車両事故の影響で一部特急列車等が
運休をしているので臨時ダイヤになっている)

函館13:56発特急《スーパー白鳥34号》新青森行が
出発を待っていました。
こちらの自由席はほとんど埋まっていました。

IMGP0189_convert_20131219225817.jpg

函館駅に着いて、まず江差線に乗る予定なので、
「ありがとう江差線フリーパス」を購入。

JR北海道函館支社から、「ありがとう江差線」企画第7弾として、
「ありがとう江差線フリーパス」を発売。
江差線全線(江差~五稜郭間)と函館本線(五稜郭~函館間)が
2日間乗り降り自由。函館~木古内間は特急列車(普通車自由席)も利用可能。
発売期間は2013年9月1日(日)~2014年3月30日(日)で、
有効期間は3月31日(月)まで。大人用のみで、発売額は3,900円。
発売箇所は、函館、五稜郭、七重浜、
上磯、木古内、湯ノ岱、江差の各駅。同フリーパスの購入で、
ネックストラップをプレゼント。
ネックストラップは、なくなり次第配布終了となります。

函館駅からは学生時代から通っている塩ラーメンの名店へ向かいます。
私の母校・酪農学園大学がある江別で
下宿生活を送っている時から知っている、
函館塩ラーメンといえば、「鳳蘭〔ほうらん〕」
昭和25年創業で60余年にわたって、函館の味を守り続けている老舗。
野菜を使わず、豚と鶏がらのみで作るサッパリとしたスープは、
ほどよくキレもあり、昔ながらの懐かしい味を楽しめます。
コクはあるが、飽きのこない味なので替え玉を頼む人も多い。
また、単にラーメンと注文すれば、
塩ラーメンが出るほどの定着ぶりで、地元客の支持が高い店。
この店の隠れた名物シューマイは、
大きくて食べ応えがあり、密かな人気。
ここで注文したのが塩味のチャーシューメン!

DSC_0220_convert_20131219212843.jpg
学生時代から注文しているこのチャーシューメン。
コクがあるスープに飽きがこない。
チャーシューの味も抜群でしつこくない。
味が変わっていなくてホッとしました。

次回は函館の観光編といきますか。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 鉄道旅行
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback