高速みと号で帰京(水戸→東京)

水戸→東京への移動は高速バス「みと号」で帰ります。
水戸駅南口から終点・東京駅日本橋口まで行きます。
なんで鉄道イベント見てバスにしたかって?
それは、もう眠くてゆっくり寝て帰りたかったから。

駅前にあった茨城交通の案内所で
高速バスの乗車券を買った後、
水戸駅の南口バスターミナルへ急ぎます。
関東鉄道のバスが来ました。

DSC_0214_convert_20131125000357.jpg

水戸駅南口15:40発車 
終点・東京駅日本橋口には17:58到着予定。

水戸駅南口→東京駅日本橋口まで
《祝日ダイヤ》:2時間18分(138分)の旅です。

水戸駅北口に回り込み、ここでも乗客を拾いました。
その後も偕楽園に近い大工町・自由が丘・JR赤塚駅
大塚など水戸市内の停留所からも少しずつ乗客を拾い、
水戸I.Cより常磐道に入って高速道路をガンガン走行します。

常磐道上にある、内原と石岡というバス停はあるのですが、
乗客を拾ったのは内原バス停だけでした。

常磐自動車道を爽快なスピードで走行します。
・・・が、しかし土浦付近で事故が発生し、
その影響でトロトロ運転が続きます。

何時しかウトウトして眠ってしまい、気が付くと。。

次は・・・「八潮P.A」という案内が??
「高速バスからつくばエクスプレスへの乗り継ぎ実証実験を実施中」
という試みをしていました。
高速バスの運賃+¥100でつくばエクスプレスに
乗り継ぎが出来るそうで、
今回の乗り継ぎ実験の為に
八潮P.Aに臨時停車しているのです。

ちなみにこの日は数人乗り継いだお客がいました。
この時点で約45分遅れているとのアナウンスがありました。
首都高に入って渋滞を避けるために早々と一般道へ降りて
浅草付近から東京駅までは一般道を走りました。

東京駅日本橋口に到着したのは19:00頃。
約1時間遅れましたが、こちらはグッスリ
眠ることができなので問題なし。
しかもこのバスはトイレ付きなので
渋滞でも問題はありませんよ。
運転手さん、お疲れ様でした。

高速みと号
運行会社:ジェイアールバス関東、関東鉄道、茨城交通
運転区間:水戸駅南口~東京駅日本橋口
途中休憩:なし(トイレ付きバスで運行)
運賃:2,080円(水戸駅南口~東京駅日本橋口)
※ ごく一部の便を除き予約不可。運賃はバス車内で支払い。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 国内旅行
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback