夜汽車の思い出(寝台特急北斗星より)

02280019_convert_20130309212150.jpg

あの東日本大震災が起きてからずっと気になっていることがある。

大学時代、私は神奈川・横須賀の実家を離れ、北海度の大学に
在学していた頃、飛行機が嫌いな私はよく
寝台特急・北斗星号で実家と下宿を行き来していました。
その列車で出会い、いろいろお話した人の大半が福島の人でした。

ある年、私と札幌から乗車した見知らぬおばあちゃん。
(もちろん私は終点の上野までの乗車)
私はB寝台の下段で、そのおばあちゃんは上段でした。
上段では体が辛そうだったのでB寝台の上下段を交換してあげたら
喜んでくれて、福島にいる家族や孫の話とかしてくれました。
福島から北海道に帰るときも北斗星を使うんだと笑っていました。

そのおばあちゃんが翌朝、福島で降りていった時に
私の枕元にお礼だという手紙と5千円が置いてありました。
私が起きて気づいた時は郡山手前で福島を過ぎていました。
こちらがお礼も言えず、ただ置かれていた封筒を
上野まで握っていました。

また、ある時は札幌から実家へ帰る上野行きに乗っていた時、
郡山まで乗車する人と隣あわせで、色んな身の上話を
してくれました。その話が楽しくて楽しくて・・・
札幌から函館手前までずっと喋っていました。

あのおばあちゃんや出会った人達は、
東日本大震災後もお元気だろうか・・・
あのおばあちゃん、孫と一緒に今も生きていて欲しい。
こうして夜汽車で出会った人たちの
多くが福島県内の駅で別れました。

一期一会という言葉がある。
『あなたとこうして出会っているこの時間は、
二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。
だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしなさい』
と言う意味の、千利休の茶道の筆頭の心得である。

その言葉が震災後、この夜汽車の思い出と共に
私の胸に色濃く残っている。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



関連記事
Theme: 鉄道旅行
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback