のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

【'13会津-2】会津藩の中心・会津若松城へ

会津若松駅からバスで会津若松城の入口まで向かいます。
バスを降りると路面が凍結して、
歩くのに一苦労・・・でも北海道で生活した時に
学んだ歩き方でなんとか転ばずに行ける・・・

会津若松駅から会津バスのハイカラさん・あかべぇ号で
「鶴ヶ城入口」下車、徒歩5分で天守閣に到着できます。

会津若松城(鶴ヶ城)は奥羽の要・鎮守の意味もあり、
名立たる戦国大名や勇将が相次いで入部しました。葦名氏の祖、
佐原義連に始まり、独眼流で知られる伊達政宗、
天下人と目せられた蒲生氏郷、関ヶ原で名を馳せた
上杉景勝、加藤嘉昭、そして名君の誉れ高い保科正之公です。

<会津歴代領主・藩主>
1189年→1589年  佐原氏・葦名氏
1589年→1590年  伊達氏
1590年→1598年  蒲生氏(92万石)
1598年→1601年  上杉氏(120万石)
1601年→1627年  蒲生氏(60万石)
1627年→1643年  加藤氏(40万石)
1643年→1868年  保科氏、後に松平氏(23万石)

江戸幕府2代将軍徳川秀忠の四男
保科正之を家祖とする会津藩の藩主家です。
正之は将軍の実弟でありながら謙虚に身を処し、
家光の信頼を受けて4代将軍家綱の後見役に立てられ、
幕政に重きをなした。
当初は松平姓の名乗りも固辞し続けていたが、
正之死後の1696年、3代正容(正之の子)が松平を称するようになった。
(このため、正之から2代は松平姓を称していないが、正之を初代と数える)

IMG_0289_convert_20130113230427.jpg

IMG_0284_convert_20130113230230.jpg

蒲生氏郷が本格的な天守閣を築城し、
名前も『鶴ヶ城』と改められました。この時に積まれた
石垣が400年以上経った今でも朽ちることなく、
往時の姿を忍ばせています。

IMG_0290_convert_20130113230328.jpg
このように名高い武人らが築いた広大な縄張りは、
今もなお東日本屈指の規模を誇っています。

IMG_0285_convert_20130113230519.jpg
さて、次は歩いてJR西若松駅まで出て
そこから会津若松まで戻り、
会津武家屋敷へと向かいます。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://spwhal20.blog70.fc2.com/tb.php/642-cbc6c8bb

 | HOME | 

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (50)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (12)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (66)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (15)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (2)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん