【'13会津-2】会津藩の中心・会津若松城へ

会津若松駅からバスで会津若松城の入口まで向かいます。
バスを降りると路面が凍結して、
歩くのに一苦労・・・でも北海道で生活した時に
学んだ歩き方でなんとか転ばずに行ける・・・

会津若松駅から会津バスのハイカラさん・あかべぇ号で
「鶴ヶ城入口」下車、徒歩5分で天守閣に到着できます。

会津若松城(鶴ヶ城)は奥羽の要・鎮守の意味もあり、
名立たる戦国大名や勇将が相次いで入部しました。葦名氏の祖、
佐原義連に始まり、独眼流で知られる伊達政宗、
天下人と目せられた蒲生氏郷、関ヶ原で名を馳せた
上杉景勝、加藤嘉昭、そして名君の誉れ高い保科正之公です。

<会津歴代領主・藩主>
1189年→1589年  佐原氏・葦名氏
1589年→1590年  伊達氏
1590年→1598年  蒲生氏(92万石)
1598年→1601年  上杉氏(120万石)
1601年→1627年  蒲生氏(60万石)
1627年→1643年  加藤氏(40万石)
1643年→1868年  保科氏、後に松平氏(23万石)

江戸幕府2代将軍徳川秀忠の四男
保科正之を家祖とする会津藩の藩主家です。
正之は将軍の実弟でありながら謙虚に身を処し、
家光の信頼を受けて4代将軍家綱の後見役に立てられ、
幕政に重きをなした。
当初は松平姓の名乗りも固辞し続けていたが、
正之死後の1696年、3代正容(正之の子)が松平を称するようになった。
(このため、正之から2代は松平姓を称していないが、正之を初代と数える)

IMG_0289_convert_20130113230427.jpg

IMG_0284_convert_20130113230230.jpg

蒲生氏郷が本格的な天守閣を築城し、
名前も『鶴ヶ城』と改められました。この時に積まれた
石垣が400年以上経った今でも朽ちることなく、
往時の姿を忍ばせています。

IMG_0290_convert_20130113230328.jpg
このように名高い武人らが築いた広大な縄張りは、
今もなお東日本屈指の規模を誇っています。

IMG_0285_convert_20130113230519.jpg
さて、次は歩いてJR西若松駅まで出て
そこから会津若松まで戻り、
会津武家屋敷へと向かいます。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



関連記事
Theme: 史跡
Genre: 学問・文化・芸術

Comment

Leave a Reply










Trackback