日光鬼怒川日帰り3スペーシアで帰京

下の日記からの続きです。
鬼怒川温泉駅前には、足湯施設もあったのですが、私が入る余地がなかったので、
断念し(´・ω・`)ショボーン、駅近くの石挽手打ちそば「浜一」で、
手打ち湯葉そばと、天然舞茸のテンプラがセットになたものを頂きました。
これが非常に美味しかったです。
それから駅前のお土産屋さんでお土産を買い込んだ後、
帰る列車に乗るために駅へ戻ります。

鬼怒川温泉15:03発〈特急スペーシアきぬがわ6号〉新宿行に乗車しました。
この列車も東武→JR線に入って大宮・池袋・新宿へ向かいます。

IMGP0317_convert_20080614231344.jpg IMGP0318_convert_20080614235055.jpg

この列車は東武鉄道の目玉列車「スペーシア」という別名があり、
1両は個室(6室)になっています。普通車指定席もJRのグリーン車並みのレベルです。
豪華で落ち着きがある列車ですので個人的に好きな列車の一つですね。
(過去の日記に北海道の鉄道旅行の様子を書きましたが、あちらも個人的に好きな列車
しか乗車していません。お時間があれば覘いて観て下さい)

DVC00004_-_繧ウ繝斐・_convert_20080614234558

鬼怒川温泉15:03発〈特急スペーシアきぬがわ6号〉は
会津方面からの列車に接続してから発車する。
その列車から沢山の登山帰りのお客を乗せて定刻に発車した。
次の下今市では日光から来た列車と接続して乗車率を大幅に増やして出発した。
この列車は乗車率が高い列車で休日となると「ほぼ満席」「満席」が当たり前になります。

〈特急スペーシアきぬがわ6号〉新宿まで2時間16分の旅です。

鬼怒川温泉(15:03)⇒下今市(15:28)⇒新鹿沼(15:45)⇒栃木(16:02)⇒
⇒栗橋からJR線に入る⇒大宮(16:49)⇒池袋(17:13)⇒新宿(17:19)到着

列車は長閑な田園風景の栃木路を走行しながら一路新宿へ向かいます。
〈特急スペーシアきぬがわ6号〉は栃木県内で次々と利用客を乗せて
ほぼ満席状態となりました。
栃木からはゴルフバックを持った人も多かったです。

一番先頭の個室には鬼怒川温泉で某芸能人が乗車したのを間近で見たけど
プライバシー保護を重視しますのでお名前は出しませんが、驚きました。
(^×^ )オシエナイヨ

列車はJR線に入り、田園風景から都心の賑やかな風景に変わります。
JR━―━―━(゚∀゚)━―━―━― 線に入るのです。

通常の特急スペーシア号は東武の浅草行なんです。
ダイヤ改正で利用客を増やす目的で東武⇔JR線に乗り入れしているんですね。

さて、列車は大宮・池袋に停まり、終点新宿17:19定時に到着しました。

DVC00014_-_繧ウ繝斐・_convert_20080614231531
新宿から品川へ出て京浜急行の快特列車で横須賀へ戻りました。
これからもトーマスとこのブログを し^-^)よろしくお願い致します。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナー・拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。


関連記事
Theme: 旅日記
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback