のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

【'12春】伊豆河津桜を見に行こう5

いよいよ河津から自宅に帰ります。

伊豆急下田16:05始発、河津16:17発の
特急≪スーパービュー踊り子10号≫池袋行に乗車します。
この列車は全車指定席なので自由席はなく、
指定券が無いと乗車できない仕組みになっています。



大きな地図で見る

IMG_0169_convert_20120322233805_20120323001809.jpg
河津16:17発→横浜18:23着で2時間06分の旅路になります。
河津駅には桜実を楽しんだ観光客がいっぱいいました。
ホームから河津桜を見ていると下田側から
特急≪スーパービュー踊り子10号≫池袋行が入線してきました。

IMG_0171_convert_20120322233924.jpg

スーパービューという名前がつけられているこの列車は、
まさに伊豆の海や相模湾をダイナミックに眺められるように
窓が大きくなっており、通路側の席に座っている人でも
外の景色を楽しめる楽しく人気が高い列車なんですよ。

IMG_0173_convert_20120322234441.jpg

IMG_0174_convert_20120322234525.jpg

特急≪スーパービュー踊り子10号≫は、伊豆の海を見ながら
伊豆稲取、伊豆熱川、伊豆高原と停車し利用客を増やしていきます。
次の停車駅・伊東からはJR線に入り、次は温泉地で有名な熱海に停車。
その次はもう横浜。列車が小田原のお城近くを通過したあたりから
私は眠っていました。。

ふっと起きたら外はもう真っ暗でした。
「あと5分で横浜に到着しまーす!」という
アテンダントの声を聞いて身支度を始めました。
列車は定刻通り横浜に18:23到着。
ここで降りるお客さんが結構多いんですね。
特急≪スーパービュー踊り子10号≫は新宿・池袋に向かって
走り去って行きました。

横浜からは。。あっ、そういえばこの時間帯は帰宅ラッシュだなあと思い、
横須賀線・横浜18:47発・横須賀行のグリーン車に乗る事にしました。
モバイルSuicaで横浜→横須賀のグリーン券(\750-)を購入し、
2階建て車両の1階部分の席を何とかゲットして座る事が出来ました。
通勤ラッシュで疲れて帰りたくなかったですしね。。



大きな地図で見る

グリーン車でのんびりゆったり座り、
終点・横須賀19:36に到着です。
ここからはバスで自宅へ帰ります。

ここまで読んで頂いて有難うございました。

次も違う理由で伊豆へ行ったのですが、その内容は
次回にします。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://spwhal20.blog70.fc2.com/tb.php/608-73706332

 | HOME | 

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (51)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (13)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (66)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (15)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (5)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん