FC2ブログ
旅行記・信州

【'11信州①】松代藩・真田氏10万石の城下町へ

0 0
10月16日日曜日、長野県は松代にやってきました。
横須賀から東京へ出て長野新幹線であっという間に
長野へ。長野駅から川中島バスで松代駅に到着です。
ここで将来、この屋代線は廃線になるという噂を聞いて驚きました。
その影響なのか駅構内や列車などを撮る人が多く居ました。


IMG_0089_convert_20111023184307.jpg

松代は、戦国、江戸、明治大正、戦前戦中に至るまで、
それぞれの歴史文化が、ぎっしり積み重なった歴史ワンダーランドです。

特に江戸時代、真田信之が江戸幕府の命により上田から松代に移封され、
松代藩初代藩主となって以来250年間、真田10万石の城下町として、
真田氏が10代にわたって統治してきました。
そのため、松代城、真田邸、文武学校などの文化遺産や歴史的まち並み、
そして真田の伝統文化が今日まで色濃く残っています。
ここを歩いていると、どこか懐かしい、
子供の頃に見た様な、建物とかもあって
歩いていて飽きない街並みなんです。
秋の紅葉や空気もなかなか良いものでした。

松代に着いてまず、昼食をとる事にしました。
近くの観光案内所で丁寧に食事処を教えてもらい、
「日暮し庵」へ行ってみました。
そば、麦とろの有名なお店で、松代は土壌がよいので
上質な長芋などが取れるので
トロロが非常に美味しいという事です。
ここではせいろそば・麦飯・味噌とろろがセットの
そば定食を注文してみました。


IMG_0090_convert_20111023184704.jpg

とろろの味が濃くってとっても美味しかった。
さあ、次は真田宝物館へ足を運びます。
真田宝物館は、昭和41年に、真田家12代当主・真田幸治氏によって、
当時の松代町に一括譲渡された同家伝来の
大名道具をコレクションしています。
同年に松代町が長野市に合併したため、長野市の所有となり、
昭和44年に県立松代高等学校移転後、
校舎を改造してオープンしました。
ちょうど、真田宝物館平成23年度特別企画展示
「大名の旅ー松代藩の参勤交代ー」の様々な
資料を展示していました。
私は、こういう展示物が大好きなのでガッツリ見てきました。
さあ、次は真田邸へ向かいました。


IMG_0091_convert_20111023184932.jpg

真田邸とは・・・
徳川幕府は寛永12(1635)年諸大名に参勤交代を命じ、
同時にその妻子を江戸に人質とすることにしました。
227年後の文久2年(1862)の江戸幕府改革のおり、
参勤交代制度が緩められ、江戸住まいを命じられていた、
9代藩主・真田幸教の義母・貞松院が松代に帰ることになり、
その居宅として元治元年(1864)に建てられました。
後には隠居した幸教の住まいとなり、
明治維新後は、真田家の別邸となりました。
江戸時代末期における邸跡としての存在意義が大きいことから
昭和56年に松代城と一体のものとして、
国の史跡に指定されました。
こちらも中に入っていろいろ見て回りました。
この次は、松代城跡へ足を向けます。

次回へ続く・・・


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply