初秋の鎌倉・金木犀に誘われて2

次に、閻魔さまが祀られる円応寺(えんのうじ)まで歩いていきます。
ここを訪れるといつも神妙な心持になります。
その前に珍しく黄色い彼岸花に似た花を見つけました。
これは鍾馗水仙(ショウキズイセン)というらしいです。


IMG_0085_convert_20111003211503.jpg

黄色い彼岸花を撮った後、円応寺までテクテク歩きます。

円応寺の本尊は鎌倉時代の仏師運慶作と言われる
閻魔大王(重文)を初めとする十王像が収められています。
運慶が臨死体験をしたとき閻魔大王が、「我が姿を彫刻して、
それを見たものが悪行を止めるならば、元の人間界に戻して
やろう」と言われた。生き返った運慶は、 その喜びから閻魔
大王を彫ったため、なんとなく笑っているように見え、古来より
「笑い閻魔」と言われるようになったという事です。


※十王とは閻魔大王、秦公王、初江王、宋帝王、五官王、
変成王、秦山王、平等王、都市王、五道転輪王です。


こじんまりとした境内には閻魔堂があり、本尊である閻魔王座像をはじめ、
冥界で死者を罪を裁くという上記の十王諸尊が安置されています。
ここに入ると自分の人生や、先に他界した家族の事を考えてしまい、
人間の罪って何だろう?とか色々考えされられます。
円応寺では「子そだてえんま」という袋に入った御守を購入して出ました。
このお寺にも金木犀の木が本堂の両側にあり、非常に良い香りがしました。
金木犀の木に囲まれるなんて羨ましい~♪

IMG_0086_convert_20111003211833.jpg

このあと、メインの鶴岡八幡宮まで、下り坂を歩きました。
鶴岡八幡宮で参拝後、大銀杏の樹の下まで歩きました。
樹齢1000年と言われ、大階段の横で長い歴史を
重ねてきた大銀杏は、1955年から神奈川県の
天然記念物に指定され、鶴岡八幡宮のシンボルとして親しまれました。
しかし、2010年2~3月の長雨とみぞれ混じりの強風により根元から倒伏。
その大銀杏は現在、残った根元から銀杏の枝が芽吹いています。


IMG_0087_convert_20111003212032.jpg

次回に続く

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。


関連記事
Theme: 趣味と日記
Genre: 趣味・実用

Comment

Leave a Reply










Trackback