懐かしい「探偵!ナイトスクープ」ネタ

 これを見て思い出す人もいるだろうと考えて書きました......
学生時代、北海道のY鼻郵便局で深夜のバイトをしていた時、夜の休憩時に大阪・関西ABCテレビ発信の「探偵!ナイトスクープ」が放映されていた。「水曜どうでしょう」と同じくらい人気のこの番組で深夜メンバー一同腹を抱えて笑った調査依頼(コーナー)が下記の内容だった。

・「恐るべきカンヅメ」 1999年11月12日大阪地域放送分

世界一臭い食品といわれるスウェーデンのシュールストレミングで料理を作って欲しい、という依頼。担当は立原啓裕探偵。

スウェーデン人を呼んで食べさせようとしたが缶を開けたとたん「Oh!うぷっ...」と悶絶して逃走し、缶をちょっとでも開けるととんでもない悪臭が立ち込めて宅急便の兄ちゃんまで呼ぶ始末。その臭さを伝えるリアクションは伝説モノ。マスクの上に洗濯ばさみで鼻をつまんで缶詰の中身を調理。日本酒を2升使って良く洗い、大量のわさびと少々の醤油で味を調えることで、臭みを抑える事に成功。調理専門学校の林先生曰く「この強烈な臭いを取るには和の物しかない」。美味しいオープンサンドを完成させた。
 これを見て懐かしかった。ニコニコ動画を探したがアップされていなくて残念だったが、見ていて懐かしかった。見ていたメンバーを忘れてしまったが、臭さを我慢できない人たちのリアクションが本当に面白かったし、職員さんも含めてゲラゲラ笑っていた。
あと面白いコーナーもあったけど、この内容が一番笑ったなあ。
これは総集編で流されたもので、次に笑ったコーナーは

・「CMに映る妙なモノ」
地方のCMで水着姿の男が食品の宣伝をしてプールに飛び込むのだが、その途中で水着からヨコチ○がはみ出ているのでは?という調査内容。
一番笑ったのはCMに出た本人にその部分を蛍光塗料を塗ってCMと同じ環境・水着で再現させるという所。ハッキリ言えば下ネタに近いが、結果は...光って見えた...?
この部分で当時も大笑いしたのを思い出した。
 この番組のネタはまだまだ尽きない。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

関連記事
Theme: お笑い/バラエティ 全般
Genre: テレビ・ラジオ

Comment

Leave a Reply










Trackback