懐かしの江ノ電に揺られて

ある日曜日、江ノ電に久し振りに乗ってきました。
その前に鎌倉鶴岡八幡宮にいつもの通り
参拝した後、若宮大路を歩いて鎌倉駅まで戻り、
江ノ電の1日フリーパス「のりおりくん」を
購入し、いざ出発!!
藤沢から鎌倉まで全長10km。
時間にして34分間。山あり河あり、湘南の海あり、
トンネルと路面あり…そして人の暖かさあり!
古都鎌倉と湘南藤沢・江の島。
古き時代と新しいモノが混在する風景を堪能できるのが
江ノ電の魅力なんです。
鎌倉と藤沢の間には、湘南のきれいな海の景色、
鎌倉の新緑と数多いお寺、そして江の島と
沿線風景に飽きる事はありません。
さらにシラス漁で有名な腰越~江ノ島間は
一般道路を走る路面電車になります。
下の写真でジャーンと紹介いたします。


IMG_0027+-+繧ウ繝斐・_convert_20110515234522

江ノ島駅付近で撮りました。一般道路区間が
終わるあたりですね。
列車もレトロな感じでどこか懐かしいです。
腰越駅から江ノ島駅まで歩きながら江ノ電が
走る姿を見るのもいいですし、
腰越駅付近のシラス料理に舌鼓を打つのもいいですよ。

江ノ電の魅力はまだあり、電車が4両で来る時は、
2両ずつ違う種類の車両が連結されていて
バラエティーに富んでいます。
下の写真を見るとわかります。


IMG_0029_convert_20110515235535.jpg

どうですか?違いがわかって戴けると思います。
さて、江ノ電の江ノ島駅上りホームに冷暖房完備の待合室があり、
室内には展示スペースを併設し、往年の303号車運転台カットモデル、
プラレールのジオラマ、 1001号車の模型、電車のヘッドマーク等を展示。
またモニターも完備しており、江ノ電沿線の地域情報を放映していました。

江ノ島駅から藤沢駅まで戻り、
藤沢から鎌倉まで全区間座って
江ノ電を楽しんで終了です。


IMG_0030_convert_20110516000230.jpg

小さい頃に祖母に連れられて乗った
江ノ電の雰囲気は今も変わらず
存在していたなあとシミジミ感じました。

鎌倉駅からは疲れたのでバスを使う事に。。。
京急バス鎌40系統・小坪経由(京急)新逗子駅行に
乗車して帰宅しました。
鎌倉はまだまだ魅力ある所がいっぱいあります。
また、鎌倉の名所を紹介できればいいなと思います。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。

関連記事
Theme: 鉄道写真
Genre: 写真

Comment

Leave a Reply










Trackback