大地震!!その末・・・

大きな被害を出した東北の大地震。

こちらも職場で仕事中、大きくビルが揺れ始め、
ヘルメット着用後机の下に潜っても、
揺れや頭上から落ちる物の衝撃が酷い。
さらに停電後、階段をみると
壁に大きな亀裂が走っている。
このまま揺れると倒壊するんじゃないかと思い、
なんとか脱出したもののJR横浜線は動いていない。
バスを乗り継いで帰ろうと後輩と行動するも、
横浜市営バスが全く運行機能していない!!

相鉄バスや神奈中バス、京急バスは何とか動いているのに
なぜ?・・バス停で待っていても来ない!!
運休の知らせも全くないのに不満を募らせ、
結局、新横浜北部の駅から横浜駅まで
2時間半弱位かな?。。歩くことになった。

交通状態も麻痺していて渋滞したまま全く動かない。
横浜駅のバスターミナルで、バスを待っている人と
声をかけられ、自分たちがバスの乗り継ぎで
横須賀まで行くというと、声をかけてきたおじさんから
戸塚駅行きのバスを15:30頃から待って、
未だに来なくて待っているんだと言う。
腕時計を見ると現在の時刻は20:35!!
何と5時間も待っていたのか!!

何のために営業所に待機バスがあるのか!?
ターミナルにバスは停車しているのに??
全くもって使えない!!!
ルートを変更したりしてでも
色々方法があるんじゃないの??
改善してよね!!横浜市営バスの
運営する交通局の人達よ!!!
本当に利用者皆困ったんだからな!!!

結局、さらに徒歩で桜木町駅まで歩くと
携帯の万歩計アプリから
「30,000歩達成おめでとう」というKYコメントを
送られ、苛立ちが増す羽目になった。

親戚を頼ろうとしたけどどうにもならず、
ホテルもすべて満室でお金なし。
携帯電話も通じない。

桜木町駅についてもバス待ちの行列が
半端ではない。

仕方なく桜木町で案内している警察官に
避難所を聞いて関内ホールで後輩と
残念ながら堅いコンクリートに横になり
身体に毛布とコートを
包ませて1泊。

翌朝5:40頃、後輩に起こされて
眼を覚ました。身体がやや痛い。
横浜市営地下鉄と京急は運転しているとの事。
関内から横浜市営地下鉄と、京浜急行で
帰宅時間はは翌朝7時過ぎた。

判ったことは、
①バスは思ったより使えない(特に市バス)
②トイレの確保は最優先
③広い場所を歩くこと
④さっさと避難場所へ行って支給品を確保。
⑤携帯電話は通じにくい。

これだけのことはわかった。

最後に無事帰宅できた事、
命と帰る家がある事を心から感謝します。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

関連記事
Theme: 地震・天災・自然災害
Genre: ニュース

Comment

Leave a Reply










Trackback