【葵と梅と 2】偕楽園から茨城県立博物館へ

前回の水戸・偕楽園レポートの続き。。
様々な梅の花を見ながら、
偕楽園をブラブラ歩いていました。
下の写真は私が気に入った
梅の花を撮ってみました。
偕楽園・梅の花③

IMG_0010_convert_20110220172911.jpg
次は青空と白い梅の花が綺麗だったので
カメラを向けてみました。
偕楽園・梅の花④

F1290003_convert_20110220225720.jpg
園内を歩いていると、歴史好きの私に
茨城県立歴史観のパンフレットを配っている人から
「特別展・頼重と光圀-高松と水戸を結ぶ兄弟の絆-」
という自分のツボに入った内容のパンフを渡され、

「これは行かなきゃ!!!」

と思い、急いで歴史館へ直行しました。

茨城県立歴史館は,歴史博物館と文書館の機能を
あわせもつ施設として茨城県の歴史に関する資料や
公文書を収集・保存しています。
広い敷地(約72,000㎡)のなかには、
本館のほかに、移築された江戸時代の民家建築や
明治時代の洋風校舎などがあります。
また樹木や草花にも恵まれ、
季節によって様々な美しい装いを見せてくれます。

この歴史館では、
江戸時代、徳川御三家の一つ、
水戸家の藩主になった徳川光圀公のお話で、
兄頼重を差し置いて
水戸藩主に継いだことが光圀(水戸黄門様)にとって
大きな苦悩となり,『大日本史』の編纂や,
兄の子に水戸藩を継がせることにも結びついた
この兄弟の間にあった物語をゆかりの品々を交えて
特別展として紹介されていました。

また、一橋徳川家に伝来する優品の雛人形や
雛道具などを展示します。
また、御所人形なども展示しており、
見応え十分でした。
江戸時代・藩・城等が好きな私にとって
十分な内容で大満足でした。

次回は水戸藩を代表する2代藩主徳川光圀公、
9代藩主徳川斉昭公を祀る常磐神社のレポートから
再開します。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。

関連記事
Theme: 国内、史跡・名勝巡り
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback