【伊予松山5】伊予・松山藩15万石のお城1

IMG_0462_convert_20100801112002.jpg
松山市の中心部、勝山(標高132m)
にそびえ立つ松山城は、
賤ヶ岳の合戦で有名な七本槍の1人、
加藤嘉明が築いた四国最大のお城です。

門櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、
高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れた
日本一の連立式天守を構えた平山城を言われています。

松山城は、日本で12か所しか残っていない
「現存12天守」のうちのひとつ、
江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つです。
平成18年に「日本100名城」、
平成19年には道後温泉とともに
「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。

また、日本で唯一現存している望楼型二重櫓である野原櫓や、
「現存12天守」の城郭では松山城と彦根城しか存在が確認されていない、
韓国の倭城の防備手法である
「登り石垣」が二之丸から本丸にかけてあり、
堀之内を含む城山公園全体が国の史跡で、
「日本さくら名所100選(平成元年)」や
「日本の歴史公園100選(平成18年)」の指定も受けています。

遠目からお城が見えるマイベストスポット↓
IMG_0447_convert_20100731181846.jpg

IMG_0448_convert_20100731220325.jpg

IMG_0451_convert_20100731220453.jpg
次回は翌日、いよいよ
松山城第2弾へ進みます。
次回へ続く。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

関連記事
Theme: 城址巡り
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback