【はやて日帰り2】お寿司のボリュームに驚かされる。

東京から新幹線はやて号で八戸まで来たら
次は駅前からバスで「八食センター」へ向かいます。
水揚げされたばかりの新鮮魚介類、乾物や珍味、お土産、八戸名物が勢揃い。
八戸の味を食べ尽くすならココ!とパンフレットに書いてあった。
全長170mのビッグストリートに約60店舗が軒を連ねる大きな市場。
お土産・ご贈答・まとめ買い、なんでもござれ!業務仕入れも大歓迎!
八戸ならではの新鮮食材がぎっしり!な場所なんです。
バスで八食センターへ到着すると、地元・県外からの
お客さんで賑わっていました。
着いてすぐ、昼食をとる事にしました。
八戸市民の食の台所ともいうべき「八食センター」。
そのなかにある「いちば亭」です。
お願いしたのは、寿司握り1.5人前(1,000円)↓

IMG_0305_convert_20100307170544.jpg
IMG_0306_convert_20100307172204.jpg

さすがにネタは新鮮です。このクオリティと量で1,000円はお値打ちかと思います。
また、大ぶりの帆立のフライも絶品でした↓

IMG_0304_convert_20100307170426.jpg
美味しい昼食が終り、次はいよいよ
センター内を歩き回ります。
お魚を見る前にお土産品を見ると、南部鉄器の卓鈴を見つけた!!
しかも鳴らしてみると心地よく響く「チリンチリン」という音が
賑やかなセンターに響いていたのです。
また縁起が良い鶴の形をしていたので購入しました。↓


南部鉄器の卓鈴・鶴
ここでは、買った食材を炭火焼きで食べれる
『七厘村』という場所もあって大人気なんですよ。
また、いろんなイベントや催しものをやっているので、
買い物だけでなく、色々楽しめる場所になっています。
センターでは脂の乗ったホッケ、地元特産リンゴを使ったお菓子の
「リンゴチップス」、地酒などを購入して八戸駅へ戻ります。
八戸からは新幹線で東京へ戻ります。
次回へ続く。。。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

関連記事
Theme: 美味しかった♪
Genre: グルメ

Comment

Leave a Reply










Trackback