旅をするきっかけとなった場所へ

今日は私が旅歩きのきっかけとなった場所へ遊びに行きました。
そこは神奈川県西部の城下町・小田原です。
私が小さい頃、よくこれから乗る列車が通るたびに手を振っていたそうです。
そこでもう他界した父が私を特急踊り子号に乗せて小田原へ行き、小田原城を
見に行ったのが私の旅始めでした。
そんな事を思い出し、ふらっと出かける事にしました。

東海道新幹線・新横浜駅に到着すると年末帰省ラッシュの影響か、
ものすごい人ごみの中、新横浜13:46発《こだま659号》名古屋行に
乗車しましたが、座った席が喫煙席の自由席。。。
俺、煙草大っ嫌いなんだよね。。小田原は次の駅だったけど
めっちゃキツかったなあー。。
小田原に14:04に到着し、ここから小田原城を目指して歩きました。

駅から歩いて10分しないうちに小田原城へ到着できます。
目の前に懐かしい御城の姿が現れました。

小田原城は、神奈川県小田原市にあった、
戦国時代から江戸時代にかけての平山城で、
江戸時代には小田原藩の藩庁があった。
城跡は国の史跡に指定されています。
現在の天守閣は、昭和35年(1960)5月に、市制20周年の記念事業として復興したもので、
宝永時代の再建時に作成された引き図(設計図)や模型を参考に、
鉄筋コンクリートで外観復元したものです。
内部は、古文書、絵図、武具、刀剣などの歴史資料の展示室となっています。
標高約60メートルの最上階からは相模湾が一望でき、
良く晴れた日には房総半島まで見ることができます。

IMG_0219_convert_20091229214305.jpg
下の写真は、常盤木門といいます。
IMG_0213_convert_20091229214908.jpg
本丸の正面に位置し、小田原城の城門の中でも、最も大きく堅固に造られていました。
 古絵図などの記録から、江戸時代初期から設けられていたそうです。
元禄16年(1703)の大地震で崩壊した後、宝永3年(1706)に、
多門櫓と渡り櫓から構成される桝形門形式で再建されたものが、
明治3年(1870)の小田原城廃城まで姿をとどめていたといわれています。
現在の常盤木門は、市制30周年事業として再建したもので、昭和46年(1971)3月に完成しました。
常盤木とは常緑樹の意で、門の傍らには往時から松が植えられており、
また、松の木が常に緑色をたたえて何十年も生長することになぞらえ、
小田原城が永久不変に繁栄することを願って、
常盤木門と名付けられたといわれています。


さて、日が傾いてきたので、思い出のお城を後にして
静岡県の有名温泉地・熱海まで出て、特急踊り子号に乗車して
帰宅します。きょうはここまで、次回へ続く。。。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

関連記事
Theme: 城址巡り
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback