【1day_return】越後路流浪Walk 1

2009年11月22日、品川駅びゅう旅行センター前にて
今日は家族で日帰りで何処かへ行こうとしていたが、
肝心の行き先場所が決まらずに困っていました。
困り果て、無理を承知で品川のJR東日本びゅうプラザで当日受付可能な
日帰りパックを探すと、新潟日帰りパックが一番良く見えたので、
これに決定。指定席も3連休中だから取れないだろうなと思ったら
行きは指定席、帰りはグリーン車が取れたのでラッキーでした。
さあ、新潟へぶらり出かける事にしましょう!!
上越新幹線始発駅の東京へ向かいました。

まずは東京11:12始発<とき319号>新潟行に乗車します。
東京11:12発→新潟13:22着で2時間10分(130分)の旅路です。
↓東京11:12始発<とき319号>新潟行

IMG_0175_convert_20091123142856.jpg
3連休中とあって東京駅の新幹線ホームは人で
ごった返していました。
そんな人が溢れる東京を11:12定刻に後にした<とき319号>は
上野、大宮と乗客をどんどん乗せていき、次は群馬県の高崎に停車。
ここから先が長ーいトンネルが続く山間部へ入ります。
次の停車駅・越後湯沢まで長いトンネルのオンパレードなんです。
その中で一番長いのが「大清水トンネル」
全長22,221mもある長大トンネルを抜けると新潟県、
越後湯沢(12:30着)です。ここはスキー客で賑わいます。
また、北陸方面への特急列車の乗り継ぎ駅でもあります。
ここから車窓は田園風景が広がってきます。
次<とき319号>停車駅は米の産地で有名な
南魚沼市の浦佐(12:43着)に停車です。
ここから越後の米どころを新幹線は走り抜けます。
長岡(12:57着)、燕三条(13:08着)と停車し、
<とき319号>は終着・新潟に定刻通り13:22到着。
新潟駅を歩くと北国らしい寒気が全身に纏わりました。

さて、新潟駅からは新潟交通のバスで日本海側の水族館
「マリンピア日本海」へ向かいます。
次は文章よりも水族館の写真が主になります。

次回へ続く。。。。。。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

関連記事
Theme: 鉄道の旅
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback