草津温泉旅日記5

 長野原草津口10:57発特急草津2号が入線してきました。
IMGP0028_convert_20080818171135.jpg

早速、予約してあるグリーン車の座席へ向かいました。
上野まで2時間30分の旅です。上野到着は13:27です。
グリーン車内の様子は下の写真でどうぞ。結構静かでゆったりしていて行きとは大違い!

IMGP0030_convert_20080818172409.jpg 

車窓からは吾妻渓谷の大自然が見ることができます。秋になるとこの付近は紅葉などで
真っ赤に染まり、列車から紅葉狩りが出来るそうです。

DVC00013_convert_20080818172647.jpg DVC00012_convert_20080818173320.jpg
吾妻線の車窓には今では都会で見られない長閑な風景や渓谷、自然を楽しめます。
ちょうどお昼時なので、高崎駅名物の駅弁を予約しました。
その名は「鶏めし弁当」

IMGP0033_convert_20080818173153.jpg IMGP0034_convert_20080818174503.jpg

お弁当の内容が、茶飯 ・鶏そぼろ ・鶏照り焼き ・コールドチキン 、のり ・舞茸入肉団子
紅玉こんにゃく ・栗、かりんこ梅 ・わさび野沢菜茶漬となっていて、この駅弁の特徴は、
お米は自家精米、醤油味で炊いた香りの良い御飯になっています。
養鶏の盛んな群馬県ならではの、新鮮な鶏肉を豊富に使ったお弁当で、
その鶏肉を自社独自の様々な調理法で味付けしてあります。
鶏そぼろは鶏肉の独特の臭みを抜いて、醤油、みりん等で炒り、さっぱりした
味付けにしてなっています。
おいしい状態で召し上がって頂けるように、容器は木の折り箱を使っているそうです。

以上、駅弁紹介でした。
列車は新前橋で前方に水上方面から来た特急水上2号と併合し、
14両編成 特急草津・水上2号上野行として運行します。
名前が違う列車が連結しているので、車両を間違えるお客さんが多いんですね。


列車は定刻通り上野13:27到着し、そこから浅草へ出て、浅草13:50発
都営浅草線・京急線直通、快特/三崎口行に乗車、座ったとたん爆睡していました。
そして午後3時過ぎに自宅近くの馬堀海岸へ到着。
草津と違って涼しげな風が全くない熱風に襲われてもううんざりモードでした。

次回からは番外編として草津温泉湯畑の夜景や私が作成したグラスの写真を
アップしたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナー・拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

関連記事
Theme: 旅日記
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply










Trackback