Post image

【日光_4】輪王寺常行堂 孔雀の乗った如来様

輪王寺「常行堂」は嘉祥元年(848年)に慈覚大師円仁によって、比叡山延暦寺の『にない堂』に模して建立されました。純和様の宝形造で、隣の純唐様の法華堂との間に、歩廊を設け接続されています。この形式が大変珍しく、現在では比叡山延暦寺と、ここ輪王寺常行堂の二か所のみとなっています。常行堂は、仏の周りを歩きながら90日間に渡って念仏を唱える「常行三昧(じょうぎょうざんまい)」という修業を行うために造営されてい...