のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

【'16秋_信州4】 孤独なグルメ(信州・長野編)信州蕎麦の草笛

松代をぶらぶら歩いています。
時間があったので松代の街をぶらぶら歩き続け、


DSC_3495_convert_20161030220359.jpg

荒町入口(松代町内)15:25発アルピコ交通バス30系統
長野駅(県庁前)行きに乗車し、長野駅へ戻りました。

DSC_3496_convert_20161105221830.jpg

荒町入口(松代町内)のバス停横に、可愛らしく
コスモスの花が咲いていて、秋の雰囲気を醸し出していました。


DSC_3494_convert_20161105221525.jpg

松代町内から長野駅まで約30分以上揺られて
秋の信州の風景をぼんやりと眺めていました。


DSC_3483_convert_20161030221043.jpg

長野駅に戻り、前もって予約していた北陸新幹線の指定券を、
もう少し早い列車に変更します。
金沢発着になって、かなり混雑するようになりましたね。
指定券券売機で、あれこれ列車を検索し、
金沢始発、長野17:34発<はくたか570号>東京行きの
グランクラスに変更しました。
空席状況を知らせるディスプレイを見上げると、
<はくたか570号>の指定席は「×」が表示されていたので、
満席のようでした。
列車変更後、松代の観光案内所にいたおじさんに
教わったお蕎麦やさんへ行ってみることに。
長野駅構内にあるMIDORIビル飲食エリア3F
「おごっそダイニング」レストランゾーン
階段上がって目の前!
信州蕎麦の草笛 MIDORI店です。
長野、小諸、上田、佐久にお店をかまえる草笛では、
信州佐久産のそば粉を使用した正真正銘の信州蕎麦を味わえます。
そば畑も全て草笛さんで管理しているので、
安心安全のお蕎麦を楽しめることが売りになっています。
草笛さんに入って、野菜天ざる蕎麦1390円を注文。


DSC_3482_01_convert_20161030220907.jpg

普通盛りでも蕎麦が多めという説明を受けました。
味は美味しく蕎麦はもちろん、天ぷらが美味しいこと。
特に舞茸や南瓜が旨かった。
衣はサクサクで、中の野菜はべっちゃっとしないで
野菜本来の瑞々しさを保っていました。
蕎麦は言うことないですね。旨いです。

最後の蕎麦湯で胃も落ち着いて東京に帰ります。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



【'16秋_信州3】[NHK大河ドラマ真田丸放送記念?]真田氏松代藩10万石の城下町を歩く。

バスに揺られて川中島古戦場を通り、松代駅に到着しました。

松代駅といっても以前は長野電鉄・屋代線の駅でしたが

廃線になり、今駅舎は観光案内所になっていました。

観光案内所では結構話が面白いおじさんがいて、

松代の話や、美味しいお店の話を聞くと、

新しくなった長野駅ビルにある「信州蕎麦の草笛」を

紹介されましたね。ほかの観光案内所に勤める

人たちにも「あのお店美味しかったよねえ~?」と聞くと

皆肯いていたので、長野駅に戻ったら行ってみよっと( ^ω^)


さて、松代は今回が初めてではないのですが、

私が好きな城下町の一つです。

ここでは真田宝物館・真田邸・松代城址をゆっくり見ていきます。

松代は、戦国、江戸、明治大正、戦前戦中に至るまで、
それぞれの歴史文化が、ぎっしり積み重なった歴史ワンダーランドです。

特に江戸時代、真田信之が江戸幕府の命により上田から松代に移封され、
松代藩初代藩主となって以来250年間、真田10万石の城下町として、
真田氏10代にわたって統治してきました。
そのため、松代城跡、真田邸、文武学校などの文化遺産や歴史的まち並み、
そして真田の伝統文化が今日まで色濃く残っています。
ここを歩いていると、どこか懐かしい、
子供の頃に見た様な、建物とかもあって
歩いていて飽きない街並みなんです。
秋の空気もなかなか良いものでした。


さあ、真田宝物館へ足を運びます。

松代を歩くと、真田家の家紋になっている

六文銭の旗や看板などが目につきます。

街中は静かでゆったりとした空気が流れています。

そんな街中散歩を楽しみながら最初の目的地に到着しました。

真田宝物館です。
真田宝物館は、昭和41年に、真田家12代当主・真田幸治氏によって、
当時の松代町に一括譲渡された同家伝来の
大名道具をコレクションしています。
同年に松代町が長野市に合併したため、長野市の所有となり、
昭和44年に県立松代高等学校移転後、
校舎を改造してオープンしました。
ちょうど、真田宝物館ではNHK大河ドラマ特別展

“真田丸”関連特別企画展「戦国の絆」を実施しており、
私は、こういう展示物が大好きなのでガッツリ見てきました。

真田家のホンモノがこの地にもある……と、

いう訳で食い入るように見て回りました。

また、この特別企画展示図録『戦国の真田』が

品切れだったのですが受付のお姉さんに聞くと

再販決定されるということで名前と住所、メールアドレスを書いて

再販決定後、現金書留か振り込みで

購入できるようにお願いをしておきました。


(後日談として10月26日に再販が決定し、

11月5日にレターパックで自宅に届きました)


この宝物館のお土産で丈夫で長持ちする「真田紐」と

真田家の六文銭が描かれたトートバックを買ってみました。。

真田宝物館を出まして、

次に向かったのはお隣にある真田邸です。

DSC_3489_convert_20161105221432.jpg

真田邸とは・・・
徳川幕府は寛永12(1635)年諸大名に参勤交代を命じ、

同時にその妻子を江戸に人質とすることにしました。
227年後の文久2年(1862)の江戸幕府改革のおり、
参勤交代制度が緩められ、江戸住まいを命じられていた、
9代藩主・真田幸教の義母・貞松院が松代に帰ることになり、
その居宅として元治元年(1864)に建てられました。
後には隠居した幸教の住まいとなり、
明治維新後は、真田家の別邸となりました。
江戸時代末期における邸跡としての存在意義が大きいことから
昭和56年に松代城と一体のものとして、
国の史跡に指定されました。
こちらも中に入っていろいろ見て回りました。

贅沢な屋敷というのではなく、静かで落ち着くお屋敷でした。

それが一番贅沢かもしれませんね。

真田邸を出て、次は松代城跡に向かいました。


IMGP1132_convert_20161105221059.jpg

松代城は、元々海津城(かいづじょう)と呼ばれていました。
形式は輪郭式平城。国の史跡に指定されています。
北信濃の東端に位置する松代は真田10万石のお膝元として
真田氏10代250年の長きに渡り、信州の雄藩として収められてきました。
1622年には真田信之が上田城から10万石で移り、
以降明治まで真田氏10代が城主として治めました。
明治になり廃城になった後はわずかに石垣の一部が残るのみでしたが、
1995年より復元工事が始まり
2004年に櫓門・木橋・石垣・土塁・堀などの
修理・復元を終え一般公開されています。



IMGP1133_convert_20161105221335.jpg

秋の紅葉と都会の世話しない空気とは全く違う、
情緒あるゆったりとした空気が流れる
松代の歴史散策は結構楽しかったです。

 | HOME | 

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (49)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (12)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (64)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (12)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (2)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん