のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

増上寺 宝物展示室2015年4月2日開設

東京のJR浜松町駅、都営浅草線・大江戸線の大門駅から
歩いて10分くらい、増上寺というお寺があります。
そのお寺である宝物の展示室が開催されます。
平成27年は、徳川家康公没後400年にあたり、の記念すべき年に、
家康公によって徳川将軍家の菩提寺と定められ
発展してきた増上寺では、本堂地下1階に
宝物展示室を開設することになりました。

展示の中心となるのは、英国ロイヤルコレクション所蔵の
「台徳院殿霊廟模型」です。
台徳院殿霊廟とは徳川将軍二代秀忠公の御霊屋(おたまや)として、
1632年(寛永9年)、三代将軍家光公によって境内に造営された壮大な建築群。
徳川家霊廟の中で最も壮麗とされる日光東照宮の
プロトタイプとなった霊廟で、1930年(昭和5年)に国宝に指定されましたが、
1945年(昭和20年)5月の戦災により焼失。

この模型は、いまではモノクロ写真でしか往時の姿を
しのぶことができない台徳院殿霊廟の主要部分が、
10分の1のスケールで製作されたもの。
1910年(明治43年)ロンドンで開催された日英博覧会に
東京市の展示物として出品。博覧会終了後に英国王室へ贈呈され、
ロイヤルコレクションの一つとなり、
現在まで英国にて大切に保管されてきたのです。
それが約100年ぶりに里帰りして
増上寺に展示されることになりました。
その展示会へ行ってきました。
増上寺は東京タワーの近くにあるので、
東京タワーが間近に見えるのです。

IMGP0809_convert_20150426194547.jpg

戦火で焼失した国宝級の台徳院殿霊廟
主要部分が、模型として10分の1スケールで再現。
縮小された模型を見ていると、戦火で焼失してしまった
本物の様子を垣間見ることができます。
(戦争で燃えてしまったことが一番残念ですが)
徳川将軍家の菩提寺として発展してきた増上寺の
往時を偲ぶ貴重な資料でもあり、
また境内から見る都会の景色も面白いので
また歩いてみたいと感じます。

IMGP0808_convert_20150426181205.jpg
ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【'15桜と城①】桜舞う小田原城

今日は私が旅歩きのきっかけとなった場所へ
お花見を兼ねて遊びに行きました。
そこは神奈川県西部の城下町・小田原です。

横須賀から大船まで横須賀線で出て、
大船から東海道線で小田原へ向かいます。
4月とは思えないポカポカ陽気でした。
小田原駅に到着し、ここから小田原城を目指して歩きました。

駅から歩いて10分しないうちに小田原城へ到着できます。
ここで桜とお城のコラボレーションを
写真に収めましたのでご覧ください。

①小さな武将?がお城を見上げている

IMGP0783_convert_20150412225741.jpg

②小田原城の外堀に咲く桜
IMGP0788_convert_20150412202555.jpg

③小田原城と枝垂桜
IMGP0800_convert_20150412223000.jpg

④小田原城と枝垂桜で桜をアップに
IMGP0801_convert_20150412224337.jpg

お昼ご飯は小田原駅で有名な駅弁を買って
桜を見ながら食べました。
小田原駅の鯛めし

IMGP0792_convert_20150412230617.jpg
ほんのりと甘いおぼろに
醤油で炊いた香ばしいご飯で食べます。
ポロポロとこぼれやすいそぼろを食べやすいように
お箸と一緒にスプーンも付いていました。

IMGP0793_convert_20150412231035.jpg

小田原城が初めて築かれたのは、
大森氏が小田原地方に進出した15世紀中ごろのことと考えられています。
戦国大名小田原北条氏の居城となってから、
関東支配の中心拠点として次第に拡張整備され、
豊臣秀吉の来攻に備えて城下を囲む総構を
完成させると城の規模は最大に達し、
日本最大の中世城郭に発展しました。

江戸時代を迎えると小田原城は徳川家康の支配するところとなり、
その家臣大久保氏を城主として迎え、
城の規模は三の丸以内に縮小されました。
稲葉氏が城主となってから大規模な改修工事が始められ、
近世城郭として生まれ変わりました。その後、
1686年、再び大久保氏が10万3000石で入封した。
それから漸次加増をうけ、最終的に11万3000石となる。
以後は幕末・明治初頭まで大久保氏の支配が10代続いた。
箱根を控えた関東地方防御の要衝として、
また幕藩体制を支える譜代大名の居城として、
幕末まで重要な役割を担ってきました。

しかし、小田原城は明治3年に廃城となり、
ほとんどの建物は解体され、残っていた石垣も
大正12年(1923)の関東大震災によりことごとく崩れ落ちてしまいました。

現在の小田原城跡は、本丸・二の丸の大部分と総構の一部が、
国の史跡に指定されています。また、本丸を中心に
「城址公園」として整備され、昭和35年(1960)に天守閣が復興、
次いで昭和46年(1971)には常盤木門、平成9年(1997)には銅門、
平成21年(2009)には馬出門が復元されました。
さらに小田原市では、貴重な文化的遺産である
小田原城跡をより一層親しんでいくとともに、
長く後世に伝えていくことを目的として、
本格的な史跡整備に取り組んでいます。
平成18年10月に、「日本の歴史公園100選」に選ばれました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【'15茨城5】常磐線→東京上野ラインで帰京(特急ひたち18号)

前回からの続き

茨城県北部にある大甕から東京・品川へ戻ります。
選んだ列車は福島県・いわき14:18始発
大甕15:10発特急<ひたち18号>品川行に乗車します。

IMGP0772_convert_20150328214513.jpg

列車は10両編成、全車指定席で自由席はありません。
私が乗車した10号車は車両の半分位しか人は埋まっていません。

私の席の上にあるランプの色は「緑」
つまり、この席は座席指定されていますという事。
隣の席の上のランプは「赤色」、
つまり、この先勝田や水戸から
指定券は売れていないという事。
(事実、私の隣は終点まで空席でした)

DSC_0337_convert_20150405232248.jpg
列車は、次の勝田で利用客を増やし、
さらに次の水戸でほとんど席が埋まりましたが、
私の隣は空席だったので楽でした。
水戸を出た時点で車両の8割強、
席は埋まっていました。

水戸を15:27に出ると、次は上野までノンストップです。
ここから先は高速で走り抜けます。

特急<ひたち18号>は水戸から1時間11分駆け抜けて、
上野に16:38到着。ここから開業した上野東京ラインを走ります。
上野~東京間の沿線では、見慣れなかった常磐線特急列車に
カメラを向ける人が少なくなかったです。
特急<ひたち18号>は東京に16:44到着。
東京で降りる客が多く、行きと同じように
東京駅の利用客の多さを感じた一幕でした。

IMGP0777_convert_20150328214919.jpg

特急<ひたち18号>は定刻通り、
品川に16:53到着しました。
大甕から1時間43分で上野を通り越して品川に到着。

IMGP0779_convert_20150328214615.jpg

上野駅終点から、品川駅まで延ばした事によって、
多方面からの利用客をどこまで増やせるか、
今後も期待します。

IMGP0778_convert_20150328214828.jpg
ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


 | HOME | 

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (49)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (12)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (64)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (12)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (2)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん