Post image

【松本桜夜会7】松本→新宿(特急スーパーあずさ18号)

松本13:02発特急≪スーパーあずさ18号≫新宿行に乗車します。新宿には15:33到着予定なので、松本~新宿:2時間31分(151分)の列車旅です。帰りの≪スーパーあずさ18号≫は下の写真の通り12号車の指定席は殆ど人がいない状態でした↓特急≪スーパーあずさ18号≫は松本を13:02に出発し、塩尻(13:11発)→岡谷(13:19発)ときたのですが、上諏訪駅付近の踏切で立ち入りがあったとかで行き違いの列車を待って遅れて出発。ここから上諏訪(13:28発)→...

Post image

【松本桜夜会6】国宝・松本城、朝の風景

宿泊しているホテルから歩いて目の前の松本城へ向かいます。松本城は、長野県松本市にある城で、国の史跡に指定されています。松本城となる以前は深志城(ふかしじょう)と呼ばれており、市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれています。日本国内に12基現存している。安土桃山時代後期から江戸時代にかけて建造された天守を有する城郭の1つ(現存12天守)。天守群は国宝に指定されています。松本城は室町時代末期の永正元...

Post image

【松本桜夜会5】松本ホテル花月の朝食

清々しい松本の朝。宿泊している松本ホテル花月で朝食をとります。朝食がこちら↓地元産フレッシュなトマトジュースこのホテルの名物・厚焼き玉子しょっぱくない焼き鮭などなど・・・結構贅沢な朝食でしたよ。ごちそうさまでした。次回は桜満開の松本城へ歩いていきます。朝の松本城と桜を紹介します。次回へ続く。ブログランキングに参加しています。宜しければ、励みになりますので、①下の拍手ボタン②パソコンからご覧の方はブロ...

Post image

【松本桜夜会4】国宝・松本城、夜桜に浮かぶ城

国宝・松本城天守と本丸庭園の桜をライトアップします。月見櫓では、三曲(箏・尺八)、フルート、雅楽の演奏が行われ、本丸庭園内では、お茶席が設けられ、花見団子や豚汁の屋台、常設売店の営業もありました。この日は夜桜会なので、無料開放です。清正公駒つなぎの桜とは・・・熊本城主加藤清正は、江戸からの帰りに松本城に立ち寄った。城主石川玄蕃頭は、遠来の客を手厚くもてなした後騎馬二頭を引き出し「土産にどちらでもお...

Post image

【松本桜夜会3】穂高→松本(快速リゾートビューふるさと号)

大王わさび農園を散策後、写真のわさびコロッケバーガー(360円)をわさびマヨネーズをかけて食べました。わさびのツンとくる辛さは無く、良いわさびの風味がとても美味しく感じます。お子様でも食べられますよ。大王わさび農園からJR穂高駅に戻り、穂高からはJR東日本長野支社のリゾート列車、快速≪リゾートビューふるさと号≫に乗車します。「リゾートビューふるさと」は、2010年10月の信州デスティネーションキャンペーン(信州DC...

Post image

【松本桜夜会2】安曇野・穂高を散策

穂高駅前で自転車を借りた後、大王わさび農園へ向けて自転車をこいでいると、桜がきれいなお寺を発見。そこは「東光寺」というお寺でした。吉祥山東光寺は信州七福神の一つで、門前には「吉祥仁王様の下駄」と呼ばれる大きな下駄があります。 大下駄を履くと、願い事がかなうといわれています。また、本堂下では御戒壇めぐりができます。東光寺に立ち寄った後、自転車をこいで大王わさび農園に到着。北アルプスからの湧き水を利用...

Post image

【松本桜夜会1】久し振りに信州・松本へ

今回は信州松本城の夜桜会を見に行ってみたいと思います。国宝・松本城で夜間無料で中に入れて夜桜と共にお城もライトアップされるのです。そんな訳で新宿10:00発特急≪スーパーあずさ11号≫松本行に乗車しました。新宿から2時間31分、松本に12:31到着。12時をまわってお昼は蕎麦と決めていたので、駅前にある行きつけの蕎麦屋「こばやし」屋で「にしんそば」を注文。手打ち蕎麦と味が染みたニシンは最高でした。松本城の夜桜会は17:...

Post image

鎌倉六弥太で鎌倉バーグを食べる

JR・江ノ電 鎌倉駅西口から歩いて1分ぐらいのところに店主創作の美味しい豆富ハンバーグのお店があります。鎌倉豆富をたっぷり使用し、厳選した鶏肉、豚肉と秘伝のたれでふわふわに焼き上げた、自慢の「鎌倉バーグ」を提供する「鎌倉六弥太」です。ここで昼食をとりました。私が注文したのは、鎌倉バーグとミニしらす丼 1,480円鎌倉バーグサラダ豆乳のお味噌汁しらす冷奴ミニしらす丼選べるハンバーグソースは山葵醤油にしました...

Post image

鎌倉は春の桜祭り

前回、鎌倉へ行ったときは雨だったので、まだ桜が良い時期に行ってきました。JR鎌倉駅西口からトコトコ歩いて銭洗弁財天で有名な宇賀福神社を今回は通過。坂道を登っていくと源氏山公園に入ります。源義家が後三年の役で奥州に向かう際、源氏の象徴である白旗を立て、勝利を祈願したことに由来する小さな山が公園。源頼朝像が鎮座する広場や葛原岡神社の参道の桜は見事でした。写真は前回雨の日に訪れた葛原岡神社の前です。お花見...