のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

【松本桜夜会7】松本→新宿(特急スーパーあずさ18号)

松本13:02発特急≪スーパーあずさ18号≫新宿行に乗車します。

新宿には15:33到着予定なので、
松本~新宿:2時間31分(151分)の列車旅です。

IMGP0449_convert_20140429115320.jpg
帰りの≪スーパーあずさ18号≫は下の写真の通り
12号車の指定席は殆ど人がいない状態でした↓

DSC_0245+04_convert_20140429115621.jpg
特急≪スーパーあずさ18号≫は松本を13:02に出発し、
塩尻(13:11発)→岡谷(13:19発)ときたのですが、
上諏訪駅付近の踏切で立ち入りがあったとかで
行き違いの列車を待って遅れて出発。ここから
上諏訪(13:28発)→茅野(13:33発)
と長野県内の観光拠点駅に停車し、
次は小海線との接続駅・小淵沢を通過して
≪スーパーあずさ18号≫甲府に停車。
ここでかなりの乗客を迎えたのですが、私が乗車している
12号車にもかなり乗車してきました。
ここでさらにホームで線路に転落した人がいたらしく、
救護活動後に出発。約17分遅れて14:26に甲府駅を離れました。
甲府を発車してしばらくすると、桃の花が車窓に広がります。

DSC_0244+05_convert_20140429150209.jpg
車窓に広がる桃の花
DSC_0245+05_convert_20140429150718.jpg
次の停車駅は東京都に入って
八王子(15:04着)。
※カッコ内の時刻は定時通りの時刻です。

列車は山間部を過ぎて高尾を通過し、
八王子に17分遅れて15:21停車。
かなりの利用客を下し、次に立川(15:12着)停車。
ここでも17分遅れたまま15:29に到着。
そして≪スーパーあずさ18号≫は
終点・新宿に17分遅れて15:50到着。(定時は15:33)
列車は折り返し新宿16:00発の松本行となるので、
慌ただしく折り返しの準備をしていました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【松本桜夜会6】国宝・松本城、朝の風景

IMGP0445_convert_20140429112522.jpg
宿泊しているホテルから
歩いて目の前の松本城へ向かいます。

IMGP0433_convert_20140429111437.jpg
松本城は、長野県松本市にある城で、
国の史跡に指定されています。
松本城となる以前は深志城(ふかしじょう)と呼ばれており、
市民からは別名烏城(からすじょう)とも呼ばれています。
日本国内に12基現存している。
安土桃山時代後期から江戸時代にかけて
建造された天守を有する城郭の1つ(現存12天守)。
天守群は国宝に指定されています。

DSC_0247+01_convert_20140429112306.jpg
松本城は室町時代末期の永正元年(1504)、
この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の
島立貞永に命じて築城させたもので、
以後、小笠原氏の居城となり、
「深志城」と呼ばれていました。

DSC_0244+03_convert_20140429113919.jpg
最初の約50年間は、石川・小笠原・戸田・松平・堀田氏と、
藩主はめまぐるしく交代しました。
その後約70年間は水野氏時代が続き、
最後は1726年、再び戸田氏6万石となり、
9代142年間続いて明治維新を迎えます。
藩主の合計は23人。小笠原氏より後は、
将軍徳川家と関係の深い藩主が置かれました。

IMGP0448_convert_20140429113615.jpg

松本城に入り、4階の窓から城下を撮ってみました。
DSC_0246+03_convert_20140429112706.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【松本桜夜会5】松本ホテル花月の朝食

IMGP0434_convert_20140426194951.jpg
清々しい松本の朝。
宿泊している松本ホテル花月で朝食をとります。
朝食がこちら↓

DSC_0243+04_convert_20140426194541.jpg
地元産フレッシュなトマトジュース
このホテルの名物・厚焼き玉子
しょっぱくない焼き鮭
などなど・・・結構贅沢な朝食でしたよ。
ごちそうさまでした。

次回は桜満開の松本城へ歩いていきます。
朝の松本城と桜を紹介します。

次回へ続く。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【松本桜夜会4】国宝・松本城、夜桜に浮かぶ城

国宝・松本城天守と本丸庭園の桜をライトアップします。
月見櫓では、三曲(箏・尺八)、フルート、雅楽の演奏が行われ、
本丸庭園内では、お茶席が設けられ、花見団子や豚汁の屋台、
常設売店の営業もありました。

IMGP0424_convert_20140420221644.jpg

IMGP0419_convert_20140423225043.jpg

IMGP0422_convert_20140423225740.jpg

この日は夜桜会なので、無料開放です。
清正公駒つなぎの桜とは・・・

IMGP0420_convert_20140420221729.jpg

熊本城主加藤清正は、江戸からの帰りに松本城に立ち寄った。
城主石川玄蕃頭は、遠来の客を手厚くもてなした後
騎馬二頭を引き出し「土産にどちらでも
お気に召した方を一頭差し上げましょう」といった。
清正は志のほどを感謝して
「貴殿の目利きで取り立てた駒を
我らほどの目利きで選んでは誠に申し訳ない。
二頭共申し受けるのが礼儀と心得る」といって
二頭を頂戴して帰ったという。
これを伝え聞いた人々はさすが清正公と感じ入ったという。
この時駒を繋いだのがこの桜の木だと伝えられている。

IMGP0423_convert_20140420221834.jpg
松本城の外堀の桜並木がライトアップされ、
美しい光の回廊が漆黒の松本城を包みます。

IMGP0431_convert_20140420222050.jpg
また、光に照らされた桜の一枝一枝がお堀の水面に映り、
幽玄な光の世界が広がり、その光は
女鳥羽川(めとばがわ)の桜並木へと続きます。

IMGP0429_convert_20140420221947.jpg
次回は翌朝、再度松本城へ明るい時の様子を写真にしましたので
次回、写真をアップします。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【松本桜夜会3】穂高→松本(快速リゾートビューふるさと号)

DSC_0245+01_convert_20140420221040.jpg
大王わさび農園を散策後、写真の
わさびコロッケバーガー(360円)をわさびマヨネーズをかけて
食べました。わさびのツンとくる辛さは無く、良いわさびの風味が
とても美味しく感じます。お子様でも食べられますよ。

大王わさび農園からJR穂高駅に戻り、
穂高からはJR東日本長野支社のリゾート列車、
快速≪リゾートビューふるさと号≫に乗車します。
「リゾートビューふるさと」は、2010年10月の
信州デスティネーションキャンペーン(信州DC)にあわせ、
大糸線を中心に運行するハイブリッドシステムを搭載した
新型リゾートトレインとして登場しました。
全車指定席で、当日穂高駅で指定券を取ることができました。
南小谷からきた穂高16:51発快速≪リゾートビューふるさと号≫です。

IMGP0413_convert_20140420221136.jpg
客室にはゆとりある回転リクライニングシートを配置し、
前方風景や観光案内を放映する車内モニター装置を備えています。
また、運転台の後部には展望室を配備。
側面の大型の窓からはより広い眺望が可能となり、
眺望用の腰掛やソファーが設置されています。

DSC_0248_convert_20140420221335.jpg
松本到着は17:15。この列車は向きを変えて長野へ向かいます。
ここで列車と別れて松本ホテル花月へ向かい、チェックイン。
このホテルは大浴場があって落ち着きがあるホテルなんです。
そして次回、いよいよ松本城の夜桜会の会場へ行きます。
↓こんな感じのライトアップです。
詳細と写真は次回へ続く・・・

IMGP0414_convert_20140420221457.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【松本桜夜会2】安曇野・穂高を散策

穂高駅前で自転車を借りた後、大王わさび農園へ向けて
自転車をこいでいると、桜がきれいなお寺を発見。
そこは「東光寺」というお寺でした。
吉祥山東光寺は信州七福神の一つで、門前には「吉祥仁王様の下駄」
と呼ばれる大きな下駄があります。
大下駄を履くと、願い事がかなうといわれています。
また、本堂下では御戒壇めぐりができます。

IMGP0404_convert_20140420113923.jpg
東光寺に立ち寄った後、自転車をこいで大王わさび農園に到着。
北アルプスからの湧き水を利用した安曇野わさび田湧水群の一角にある、
日本最大規模のわさび園であり、年間約120万人が訪れる安曇野随一の観光スポット。
わさび田に引かれる湧水は一日12万トンで、
水温は年間通して12℃。収穫は年間通して行われます。
ここで園内を歩くと春を感じる光景があちこちに広がります。
①わさび田と桜

IMGP0406_convert_20140420114106.jpg

②わさび農園の道端には春を感じます。
IMGP0407_convert_20140420114953.jpg

③わさび田と桜の絵2枚目
IMGP0408_convert_20140420115059.jpg

④わさび田と桜の絵3枚目
IMGP0409_convert_20140420115157.jpg

大王わさび農園を歩き回り、次回はわさびコロッケの紹介と
穂高から乗った面白い列車を紹介します。
次回へ続く・・・

【松本桜夜会1】久し振りに信州・松本へ

DSC_0243_convert_20140419152653.jpg
今回は信州松本城の夜桜会を見に行ってみたいと思います。
国宝・松本城で夜間無料で中に入れて夜桜と共にお城も
ライトアップされるのです。
そんな訳で新宿10:00発特急≪スーパーあずさ11号≫松本行に乗車しました。
新宿から2時間31分、松本に12:31到着。
12時をまわってお昼は蕎麦と決めていたので、
駅前にある行きつけの蕎麦屋「こばやし」屋で
「にしんそば」を注文。
手打ち蕎麦と味が染みたニシンは最高でした。

DSC_0243+01_convert_20140419230229.jpg
松本城の夜桜会は17:30~21:00で、ホテルにチェックインするのも
早いと思ったので、松本から北上して穂高へ行くことにしました。
松本14:09発、大糸線・信濃大町行に乗車。
松本では接続列車が遅れて、その列車待ちで遅れて出発。
日差しが心地よくてウトウトしていると、30分弱で穂高に到着。

DSC_0246+01_convert_20140419231538.jpg
穂高駅からレンタサイクルで大王わさび農場へ向かいます。
次回へ続く。。。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


鎌倉六弥太で鎌倉バーグを食べる

JR・江ノ電 鎌倉駅西口から歩いて1分ぐらいのところに
店主創作の美味しい豆富ハンバーグのお店があります。
鎌倉豆富をたっぷり使用し、厳選した鶏肉、豚肉と
秘伝のたれでふわふわに焼き上げた、
自慢の「鎌倉バーグ」を提供する「鎌倉六弥太」です。
ここで昼食をとりました。

私が注文したのは、
鎌倉バーグとミニしらす丼 1,480円

DSC_0239[1]_convert_20140405220448
鎌倉バーグ
サラダ
豆乳のお味噌汁
しらす冷奴
ミニしらす丼
選べるハンバーグソースは山葵醤油にしました。

ハンバーグは脂っぽくなく、コッテリしていなくても
味がしっかりしているのでペロッと食べられます。
ミニしらす丼もとっても美味しかったです。
新鮮なシラスがたっぷりのっかっていました。
お味噌汁は飲みやすいなめらかな味でした。
また、店員さんの雰囲気もいいんですよ。
こだわりの「和のお豆富ハンバーグ」、
皆さんもいかがですか。

〒248-0012
神奈川県鎌倉市御成町13-38


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


鎌倉は春の桜祭り

前回、鎌倉へ行ったときは雨だったので、
まだ桜が良い時期に行ってきました。
JR鎌倉駅西口からトコトコ歩いて
銭洗弁財天で有名な宇賀福神社を今回は通過。
坂道を登っていくと源氏山公園に入ります。
源義家が後三年の役で奥州に向かう際、源氏の象徴である白旗を立て、
勝利を祈願したことに由来する小さな山が公園。
源頼朝像が鎮座する広場や葛原岡神社の参道の桜は見事でした。

IMGP0401_convert_20140405180021.jpg
写真は前回雨の日に訪れた葛原岡神社の前です。
お花見をする人たちで賑わっています。

IMGP0402_convert_20140405180119.jpg
ここでもお参り後、葛原岡神社の御守りで、
おすすめなのが『さくら貝御守』。
鎌倉の由比ヶ浜海岸で採れる、淡いピンク色の桜貝で作った
とても美しい御守りですよ。
このお守りを戴くと神社の方から
五円玉を渡され、これを大黒様の像の前に
男石と女石が並んでいます。あわせて縁結び石といいますが、
男性でしたら女石にこの五円玉を願いを込めながら結んでください。
とのことでした。

JR鎌倉駅前まで戻ると、よく利用する
京急バスの14:40発金沢八景駅行に乗ると、
途中道路の脇に咲く数々の桜がとても綺麗でした。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


 | HOME | 

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (49)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (12)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (64)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (12)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (2)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん