のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

〔'13茨城-9〕まったり帰宅

上野から東京まで出て、行きつけのお店で
夕食をとりました。

「頂上麺 筑紫樓 ふかひれ麺専門店 八重洲店」

東京駅八重洲北口のキッチンストリートにあり、
フカヒレ専門店の『筑紫樓』が手がける麺専門店です。
私が注文したのは「砂鍋魚翅麺」

DSC_0117_convert_20130526225943.jpg

あっさりとしたフカヒレスープに麺が入っています。
スープがとても美味しいのでご飯を頼めばよかった・・・

東京駅で鉄道グッズ(専門店)を臨時?で売っているのを見つけ、
横須賀線に乗る前にちょっと自分が「おっ!!」と
思ったものを1つ購入しました(レア物かも)

その後、東京20:31発《ホームライナー逗子号》に乗車。
東京駅地下4階のライナー券売機でライナー券を購入し、
5号車に乗り込みました。
車内はもう晩酌に入る人、爆睡する人などで
とっても静かでした。

DSC_0118_convert_20130526111301.jpg

《ホームライナー逗子号》で逗子に21:30到着後、
横須賀行の電車に乗り換えて横須賀へ帰りました。
JR横須賀駅から京急バスで自宅前まで。
いい息抜きができました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


〔'13茨城-8〕意外と混んでるんだ・・・

勝田から上野に帰るために特急ひたち号の空席を
指定席券売機のディスプレイとにらめっこし、
いわき始発の特急スーパーひたち54号は
ほとんど空席がなく、窓側は満席だったので
勝田17:46発特急《フレッシュひたち56号》上野行
の指定席をゲットしました。
このときはまだ空席が目立っていたのですが・・・

詳しい話は後にするとして、
特急《フレッシュひたち56号》も行きと同じ新型E657系でした。

IMG_0344_convert_20130526111509.jpg

特急《フレッシュひたち56号》は、10両編成で
自由席席は4両、指定席5両、グリーン車1両です。
車内は↓こんな感じ。シートが黒で統一されており
シートにコンセントがあるのでスマホの充電をしていました。

DSC_0113_convert_20130526110238.jpg

ここで阿字ヶ浦温泉で購入したご当地飲料の紹介です。
鉾田市産地ブランドアップ振興協議会が、
「茨城メロンサイダー」をブランド推奨品に選んだそうです。
メロンの規格外品を使い、果肉をすりつぶして「ピューレ」にし、
炭酸に果汁を2%加えてサイダーに仕上げたとのこと。

DSC_0114_convert_20130526110837.jpg

旨いですよ・・・ちゃっかり切符まで写っちゃって帰りの列車がバレとる。

さて、特急《フレッシュひたち56号》上野行は次の水戸で
大量のお客を飲み込んでいました。
水戸駅の自由席乗車口に長蛇の列ができ、
自由席はかなり混雑している模様。
車掌が「自由席がかなり混雑しているため、指定席車両の
デッキを開放します」とアナウンスがあり、
自由席・指定席共にいっぱいになりました。
勝田駅の空席状況を見たときは余裕があったのにな。
この時間帯は、急激に混むんだなと思いました。

茨城県・勝田から1時間22分の乗車で、
特急《フレッシュひたち56号》は上野に19:08到着。

DSC_0115_convert_20130526110319.jpg

上野に到着後の特急《フレッシュひたち56号》↓
DSC_0116_convert_20130526110740.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。




〔'13茨城-7〕阿字ヶ浦→勝田へ

ひたちなか海浜鉄道
阿字ヶ浦16:39発の勝田行に乗車します。
ホームにもう列車が入っていました。
使用車両はキハ3710形です。
デザインコンテストにより決定した「曙光の大地」をテーマとした
下部に濃緑色・上部にクリーム色・その境界部に
金帯・扉に黄色を配した新塗色の気動車です。

DSC_0112_convert_20130526105832.jpg

この角度から見ると終着駅なんだなあと感じます。
この先は・・・海ですもんね。

IMG_0342_convert_20130526110012.jpg

列車の車内はこんな感じです。
この日は、私だけでしたので自由に撮影できました。

IMG_0343_convert_20130526105931.jpg

阿字ヶ浦を16:39に出た列車は、のどかな風景の中を
のんびり走ります。いいですね、こういう列車って・・・
那珂湊で学生さんなどかなり乗客が増えました。
終点・勝田には17:05到着。

次はJR常磐線の特急に乗り換えて帰ります。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



〔'13茨城-6〕阿字ヶ浦温泉のぞみ(日帰り温泉)

ひたちなか海浜鉄道・阿字ヶ浦駅に戻って
駅前を見ると、日帰り温泉がある看板が目に入り、
駅から400mと書いてあるので歩いていくと、

IMG_0340_convert_20130526174713.jpg

見えてきたのが「日帰り天然温泉のぞみ」
国営ひたち海浜公園近く、阿字ヶ浦海水浴場前の日帰り天然温泉。
自家源泉1504mより湧出する良質の温泉です。
海沿いの温泉に惹きつけられて入ってみました。
入浴料は大人900円でバスタオルなどは別料金です。
海を望める露天風呂をはじめ、色々な面白いお風呂があり、
休憩所も海が望めて広く、ゆったり休める感じでした。
温泉の施設出入口から、こんなに海が近いんです。

IMG_0339_convert_20130526174804.jpg

ゆったりお湯に浸かることができました。
さて、阿字ヶ浦駅に戻るとしますか・・・


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


〔'13茨城-5〕ひたちなか海浜公園のネモフィラ

ひたちなか海浜鉄道の終点・阿字ヶ浦駅から
コミュニティバスでひたちなか海浜公園へ到着。
ここは、色とりどりの花々が咲く茨城県の国営公園です。

目的は、みはらしの丘に咲く「ネモフィラ」です。
北アメリカ原産の一年草で、
和名を瑠璃唐草(るりからくさ)といいます。
みはらしの丘一面に咲く光景を以下の写真でどうぞ。

①公園の観覧車と一緒に撮ってみました。

IMG_0337_convert_20130525202427.jpg

②海とネモフィラの異なる青色
IMG_0334_convert_20130525202519.jpg

③海とネモフィラの異なる青色2
IMG_0336_convert_20130525202338.jpg

④ネモフィラのお花を近くから撮影
IMG_0335_convert_20130526172652.jpg

このひたちなか海浜公園は、いろいろな花が季節ごとに
咲いています。また園内は子供が遊べる所がいっぱい有り、
観覧車やサイクリングロードなど色々あります。

また、東京駅から直通の高速バスもあるようで、
バス停を見ると東京駅行の高速バスが茨城交通から
運行されているそうです(下の写真参考)
高速バス : 勝田・東海線 
東海・ひたちなか・大洗IC − 東京駅

DSC_0109_convert_20130526173728.jpg

次回は、阿字ヶ浦駅に戻って勝田へ向かいます。
ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


〔'13茨城-4〕那珂湊駅の顔触れ(気動車)

那珂湊駅で阿字ヶ浦に向かう前に撮り鉄してみました。

まずは、日向ぼっこしながら車体を洗われている、
キハ3710形です。
デザインコンテストにより決定した「曙光の大地」をテーマとした
下部に濃緑色・上部にクリーム色・その境界部に
金帯・扉に黄色を配した新塗色の気動車です。

IMG_0326_convert_20130525174632.jpg

次にミキ300形です。
2008年に廃止された三木鉄道から、旧型車両を更新する目的で
2009年にミキ300形(ミキ300-103)を購入、
同年6月11日に那珂湊駅構内に搬入し、
そのままの形式名・車番・塗色で
同年8月30日から運行を開始しています。

IMG_0327_convert_20130525174813.jpg

キハ37100形 (37100-03) 新製車両。
キハ3710形とほぼ同じだが、2010年からひたちなか海浜鉄道2周年を記念して
塗装を変更したアニマルトレインとなっています。
また車両には子供たちの様々なメッセージが書かれていて、
ちょうどこの時、阿字ヶ浦から来た
勝田行がこのアニマルトレイン(行きに乗った時と同じ)で
停車した時に撮ったのですが、
子供たちのメッセージを読むと何か心がホッとします。

DSC_0107_convert_20130525174710.jpg

キハ222形
羽幌炭礦鉄道の廃線に伴い1970年から1971年にかけて
キハ221, 222, 223の3両が同鉄道から移籍。
国鉄キハ22形の類似車。キハ221, 223は廃車となっており、
キハ222のみが車籍を有している。現存するキハ222は、
羽幌炭礦鉄道のキハ22最後の1両であり、
旅客営業車として旋回窓を有する唯一の現存車両。

IMG_0330_convert_20130526105637.jpg

キハ20形 (205)
1965年に帝国車輛にて製造。国鉄の元キハ20形で、
西日本旅客鉄道(JR西日本)から水島臨海鉄道を経て、
1996年1月28日に入線し、同年8月にワンマン改造を実施している。
塗色は国鉄気動車標準色の朱色地に窓周り肌色の2色塗装だが、
朱色部分は国鉄色よりややオレンジ色が強いです。

IMG_0329_convert_20130526105730.jpg

以上です。
次回は阿字ヶ浦駅からひたちなか海浜公園で
今度はお花を撮った模様を書きます。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



〔'13茨城-3〕那珂湊駅のマスコット「おさむ」くん

ひたちなか海浜鉄道・那珂湊駅に戻って、
駅員さんにこの駅のマスコット「おさむ」くんに
ついて尋ねたところ、
駅員「中にいますので、どうぞ( ^ω^)」
私「えっ・・・??」
駅員「( ^ω^)どうぞ」
私「すいません、失礼します」
・・・なんて親切なんだろう・・・
という訳で、那珂湊駅の事務所内にお邪魔させて戴き、
駅猫「おさむ」くんを撮らせて戴きました。


IMG_0321_convert_20130525174459.jpg

今日はホームではなく、駅の中の高い場所にいました。
あまり近付かない様に注意して撮影しました。
↓ちょっとぶれちゃいました。御免ね、おさむくん・・・

IMG_0324_convert_20130525174542.jpg

ひたちなか海浜鉄道・那珂湊駅の駅員さんには、
業務中にもかかわらず、
わざわざ事務所内に案内いただき、
おさむくんを撮らせて戴きまして
誠に有難うございました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


〔'13茨城-2〕那珂湊のおさかな市場

IMG_0325_convert_20130525174318.jpg

那珂湊駅から歩いて10分くらいでしょうか・・・
那珂湊おさかな市場で昼食をとりました。

那珂湊漁港に隣接する「那珂湊おさかな市場」は,
新鮮な魚介類をリーズナブルな価格で販売する量販店街として人気があり,
関東を代表する観光市場として県内外からの観光客で賑わっています。
また,旬の海鮮料理や,大きく新鮮な魚介類が自慢の回転すしなど,
港町ならではのお食事所も多数軒を連ねています。

IMG_0320_convert_20130525174101.jpg

今回昼食をとるお店はこちら。
「海鮮処 海門」です。

IMG_0319_convert_20130525174147.jpg

注文したのは「七福天丼」1,480円です。
那珂湊でもここでしか味わえないそうです。
私はお魚というと、キスとか海老などの天ぷらが好きなんです。
そして運ばれた丼を見ると、結構ボリューミーです。
中にタコの天ぷらも入っていました。

DSC_0106_convert_20130525174227.jpg

エビやキス、野菜類にタコ等天ぷらネタが良くって
さらに別に添えられている天丼のタレが美味しいんです。
お味噌汁も良いダシ出ているしね。
ぺろっと食べられました。
ランチが終わって、周りのお店で買い物をしました。
タコ足の燻製、帆立の貝柱などをお土産にしました。

この後、ひたちなか海浜公園へ行く為に那珂湊駅に戻ります。

次回は那珂湊駅のマスコット、駅猫おさむ君と会い、
那珂湊駅で色々懐かしい車両の撮り鉄などの様子を書きます。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



〔'13茨城-1〕特急スーパーひたち15号で出発

今回は久しぶりに常磐線を使います。

今回の旅の目的は那珂湊のお魚市場、ひたちなか海浜鉄道、
国営ひたち海浜公園がキーワードです。

さて旅の始まりは上野駅からです。
上野10:00発特急《スーパーひたち15号》いわき行に乗車します。
往復でお得な「ひたち往復きっぷ」を利用しました。

DSC_0103_convert_20130525155306.jpg
使われている車両は常磐線の特急用車両である651系電車
およびE653系電車の置き換え用として導入された
新型のE657系電車です(まあ、どうでもいっか・・・)

DSC_0104_convert_20130525162856.jpg

上野から最初の目的地・勝田まで1時間10分で到着。
勝田駅で、ひたちなか海浜鉄道に乗り換えます。
ひたちなか海浜鉄道湊線、いわゆる湊線とは、
茨城県ひたちなか市の勝田駅と夏場の海水浴で人気のある阿字ヶ浦駅とを
結ぶローカル鉄道路線です。

ひたちなか海浜鉄道湊線が発着する1番線ホームは、
JR常磐線の2番線ホームの日暮里方の一部を切り欠いて設けられているて、
ホーム上にはひたちなか海浜鉄道が業務を行う中間改札があり、
ここで切符が購入できます。

ここで1日フリー乗車券と国営ひたち海浜公園の入園券がセットになった、
「入園券付きセットクーポン」1,000円を購入しました。
この改札を過ぎるとホームに、平成22年4月25日からアニマルトレインとして
運行開始したキハ37100系が入線していました。

IMG_0317_convert_20130525173821.jpg

ひたちなか海浜鉄道発足2周年を記念し2010年4月より
「アニマルトレイン」のラッピングが施されています。

ホームの反対側が常磐線上りホームなのですが、
いわき始発の特急《スーパーひたち30号》上野行が
到着し、利用客を載せて去っていきました。

まずはこの列車で那珂湊へ向かいます。
お魚市場で昼食を食べるためです。
いざ乗ってみると、車窓がのどかで、
ゆったりとした空気が流れていました。

列車は那珂湊に到着しました。
この鉄道の各駅に面白い駅名看板があります。↓

IMG_0328_convert_20130525174012.jpg

次回は、お魚市場の様子と
この駅の名物猫ちゃんを紹介します。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【'13GW】秩父に芝桜を見に行く1

5月5日、GWの混雑を覚悟で埼玉県の秩父へ行ってきました。
目的は芝桜が目当てでした。
秩父市街地を一望できる羊山公園に秩父の新名所「芝桜の丘」があります。
芝桜の植栽面積は、関東でも有数の規模を誇り、
色とりどりの芝桜が植栽されています。
芝桜の開花時期は4月上旬から5月上旬です。
どんな感じかというと下の写真を見てください。


DSC_0093_convert_20130506213119.jpg

畑一面、ピンク色に染まっていました。
IMG_0312_convert_20130506212551.jpg
羊山公園には、以前めん羊を扱う埼玉県種畜場秩父分場があり、
「羊山」の名前の由来になったといわれています。
牧場では、羊を飼育していました。
ぽつんといる姿が可愛いです。

IMG_0315_convert_20130506213459.jpg

帰りは秩父から西武線に乗ろうとしましたが、
特急レッドアロー号が夜遅くまで満席で
帰る手段がなく、というか西武鉄道側で
もう少し池袋や横浜へ帰る手段をアナウンスすればいいのに、
「特急がいっぱいだからもう帰りは無理」
みたいな放送しか流さないのです。
(指定券のキャンセル待ち・問い合わせもしなかった)
これではお客さんは、他の路線に逃げてしまいますね。
(飯能まで出て、横浜・中華街方面の急行がありますとか
言えばもっとサービス向上になるのになあ・・・)

私も他のお客さんも呆れて、秩父鉄道で逃げることに・・・
西武秩父駅から歩いてすぐのところに
秩父鉄道の「御花畑駅」があります。
ここから新幹線・JR高崎線接続駅の熊谷に出ることにしました。
そこから上野・東京へ出るとします。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (49)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (12)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (64)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (12)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (2)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん