のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

三崎のマグロラーメンとは

突然ですが、私が住む横須賀市のお隣、
三浦市のマグロ漁港で有名な三崎港でB1グランプリで
上位にランクインされたまぐろラーメンを食べに行きました。
京浜急行線三崎口駅から京急バスで城ヶ島行か三崎港行のバスに乗り、
「三崎港」バス停で降りれば、漁港は目の前。綺麗な海が目の前に現れます。
はるか昔、三崎にはまぐろラーメンが存在していた。その中の1店舗が
三崎港のバス停のすぐそばにある『港楽亭』さんです。



大きな地図で見る

注文するのは、【三崎まぐろラーメン850円】

F1010028_convert_20120129173935.jpg
第5回、B1グランプリで5位に入賞しました。
オイスターソースで味付けされた目鉢まぐろの
角切りのあんかけは、やや甘めの味付けでやわらかい。
スープは、澄んだすんなり飲める塩味。
麺はやや細めのストレート。
少しやわらかめの茹で加減。
途中で店員さんお勧めのまぐろラー油を入れると・・・
甘めのラーメンが一転、ピリッと辛みを効かせている。
といってもただ辛いわけではなく、良い魚のエキスが
辛みとなってくれる不思議な美味しい特製ラー油。
まぐろの目の裏にある筋肉質と脂身を溶かして
作ってるそうです。
とくにクセは無く、さらっとしてます。
まぐろの角切りがたくさん使われてて、
ボリュームのある一杯でした。
ご馳走様でした。美味しかったです!!!

ここから京急バスで城ケ島へ渡り、夕日が綺麗な場所まで登って
三浦半島の南端の海と夕日を撮ってみました。

IMG_0138_convert_20120129155716.jpg
城ケ島も観光地なんですよ。
それから城ケ島から京急バスで三崎口駅まで戻りました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。


【'12奥州平泉4】はやて112号で帰京(一ノ関→東京)

平泉から普通電車で一ノ関に到着。
盛岡始発で一ノ関18:06発東北新幹線
《はやて112号》で東京へ帰ります。



大きな地図で見る

一ノ関駅の新幹線コンコースに2012年は辰年とあってか
大きな龍がお出迎えしてくれました。

IMG_0131_convert_20120109230213.jpg

…その前にここまでお昼抜きでお腹はペコペコ状態。
そこで駅弁売り場を見ると夕飯の時間とあって
数が少ないよー゚(゚´Д`゚)゚
あっ!!「岩手アツアツ鶏めし」があった!!
しかも加熱式容器に入っている!!
岩手の大地が育んだ100%地鶏を使用しており、
しっかりと味付けされていて、お弁当の容器から出ている
紐を引っ張って温めることでさらに旨味が増します。

IMG_0134_convert_20120121215844.jpg

さて私が乗る《はやて112号》は盛岡(17:23)始発。
盛岡~仙台間は各駅に停り、仙台からは大宮、上野、東京と速達型。
新青森から来ていないので、混雑する時期などは
この列車の指定券を取ると良いと思います。

IMG_0132_convert_20120109175658.jpg

新幹線上りホームに盛岡から来た
《はやて112号》東京行がやってきました。
一ノ関(18:06発)~東京(20:24着)間
2時間18分の旅になりますね。

IMG_0133_convert_20120109180034.jpg
これはE2系という車両で行きの新型E5系ではないですが、
私は個人的に乗り慣れているこの車両が好みなんです。
私の座席は先頭1号車の車端11番E席窓側です。
1号車は数人しか乗っておらず、かなり静かでした。
《はやて112号》はくりこま高原、鳴子温泉の乗換駅・古川と
停り、次の仙台ではかなり多くの利用客が乗車してきましたが、
私の隣は空席のままだったのでゆったりとしていました。
《はやて112号》は仙台を定刻通り18:41に出発すると、
次の大宮(19:58着)までノンストップなんです。
私はこの区間はいつも寝ています。{[(-_-)(-_-)]}zzz

《はやて112号》は定刻通り終点・東京に20:24到着しました。

F1380012_convert_20120109180713.jpg
ここから品川へ出て京浜急行線に乗り換え、
品川始発の快特・三崎口行に重たいお土産を抱えて
何とか座って横須賀の自宅近くまで帰りました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。


【'12奥州平泉3】世界遺産・平泉にて

さて前回に引き続き、中尊寺廻りです。
次は本堂へと足を向けます。その途中に何枚か雪景色の中尊寺内を
撮影してみました。
誰かが雪だるまを作ったんでしょうね、可愛らしい画かなと・・・。

F1380008_convert_20120109225630.jpg

中尊寺の本堂に到着しました。足元は雪でツルツル|゚Д゚)))
IMG_0127_convert_20120109223731.jpg

中尊寺というのはこの山全体の総称で、本寺である「中尊寺」と山内17カ院の支院
(塔頭、大寺の中にある小院)で構成されている一山寺院です。
本堂は、一山の中心となる建物で、明治42年(1909)に再建されました。
非常に静かな場所で、「世界遺産」という考えを取り除いても
とても厳粛な場所に思えました。

中尊寺をいろいろ巡ったあと、山から降りた場所でお土産を買い、
徒歩30分位でJR平泉駅に戻りました。
ここからバスで一ノ関駅に行こうと岩手県交通のバスを
待っていたんだけど、全然来ない・・・orz
地元のご婦人もなかなか来ないのにご不満の様子、
それがきっかけで話してみると、今日の夜行バスで
東京ディズニーランドへ行くとの事。
勤めを終えて一ノ関へ早く帰って支度をしたいが
岩手県交通のバスが来ないと車で迎えに来て貰おうかなと
諦めかけていましたよ。

そんな話をしているうちに日が暮れて平泉駅は
夜に包まれていました。夜に浮かぶ駅もなかなか
画になるなと思い、カメラを向けてみました。

IMG_0129_convert_20120109225935.jpg
平泉からは17:28発の普通電車で一ノ関へ向かいます。
平泉駅のホームから大きな木の枝にかかった月を撮ってみました。
肉眼ではとても幻想的な画でした。

IMG_0130_convert_20120109230050.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。


【'12奥州平泉2】世界遺産・平泉に到着

盛岡から平泉へ出発です。
盛岡から平泉までは東北本線を南下し、
普通電車で1時間18分、平泉に到着。


大きな地図で見る

東北本線・平泉駅を降りると、さすがは冬の東北、
私にとっては心地よい冷気が身を締めてくれました。
しかも路面には雪とまさに冬の景色でした。

JR平泉駅から岩手県交通バスの平泉町巡回バス(るんるん号)で
世界遺産の中尊寺の坂下まで行き、そこからはアイスバーンの道を
恐る恐る登りながら中尊寺へ登っていくと、そこはもう
別世界のようでした。

IMG_0122_convert_20120109214726.jpg

中尊寺は嘉祥3年(850年)、比叡山延暦寺の高僧
慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開かれました。
その後、12世紀のはじめに奥州藤原氏初代清衡公によって大規模な堂塔の造営が行われました。
平成23年(2011年)に中尊寺を含む「平泉の文化遺産」が世界文化遺産に登載されました。
まずは、金色堂へ向け拝観券を買ってさらに坂を登ります。
すると金色堂が姿を現し、よくポスターなどで見る画が
目の前に広がっていました。

IMG_0123_convert_20120109214209.jpg

中尊寺創建当初の姿を今に伝える唯一の建造物で、
天治元年(1124年)に上棟され、堂の内外に金箔を押してある「皆金色」の阿弥陀堂です。
(屋根部分は解体修理の際に金箔の痕跡が発見できなかったために箔補てんは見送らた)
まず金色堂内の装飾に目を奪われます。4本の巻柱や須弥壇(仏壇)、
長押にいたるまで、白く光る夜光貝の細工、透かし彫りの金具・漆の蒔絵と、
平安時代後期の工芸技術を結集して荘厳されており、
金色堂全体が一つの美術工芸品の感がします。

さて記事はここで休憩し、中尊寺巡りの続きは
次回に続きます。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。


【'12奥州平泉1】アクシデント発生で世界遺産へ行く

3連休の中日(1月8日)、スリーデーパスを利用して
盛岡の友人に会いに行く予定でしたが、
友人の体調不良で急遽予定を変更して
東京→盛岡から平泉へ行く所まで
お話を進めましょう。


IMG_0118_convert_20120109173904.jpg
東京8:56発の≪はやて19号≫新青森行に乗車します。
この列車はE5系はやぶさ号に使用される車両で
前に≪こまち19号≫秋田行を盛岡まで併合します。


F1380001_convert_20120109175056.jpg

IMG_0119_convert_20120109175244.jpg

新型のE5系とあってカメラを構える人が
大勢いましたね。


さて、≪はやて19号・こまち19号≫は定刻通り8:56に東京を出発。
東京~盛岡まで2時間26分の旅です。
新型E5系普通車の車内はこんな感じです。

F1380006_convert_20120109175516.jpg

そして今回東京から盛岡までのルートを
Google Mapで表示することにしました。


大きな地図で見る

新幹線で北上していると友人から電話があり、
デッキに出て電話を取ると風邪で熱が出て具合が悪いと・・・
えっ!!盛岡で会う約束だったけど・・・
盛岡に出てこれない位悪いらしい。

しかも新幹線はその時、仙台を過ぎて
あと30分で盛岡に着くというのに(´;ω;`)
まあ、体調悪いのは仕方がないなあ。
そんなやりとりをしているともう盛岡に到着。
≪はやて19号・こまち19号≫盛岡11:22定刻通り到着。

さてここでこれからどうしようか・・・このまま帰ると
何しに来たのかさっぱりわからない。
盛岡駅のポスターを眺めながら考えていると
世界遺産・平泉(中尊寺)のポスターが目に入り、
これだ!!\(◎o◎)/!

世界遺産を見に行こう!というわけで
スリーデーパスもあることだし、盛岡から
東北本線で平泉まで行く事にしました。

帰りの指定権を変更し、えきねっとで
「一ノ関(18:06)→東京(20:24)」≪はやて112号≫の
指定券に変更し、盛岡から平泉へ出発!!

続きは次回にします。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。


 | HOME | 

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (49)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (12)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (64)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (12)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (2)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん