のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

【鎌倉】鶴岡八幡宮と冬の牡丹3

鶴岡八幡宮の神苑ぼたん庭園は、
源氏の池の畔に造られた廻遊式の日本庭園です。
昭和55年、鶴岡八幡宮の創建800年を記念して開園しました。
「ぼたん庭園」には、約100品種
1000株の「牡丹」が植えられ、
「冬ぼたん」を楽しむことができます。
下の写真で引き続き存分に牡丹をお楽しみ下さい。


F1270010_convert_20110131160301.jpg

最後、出口付近で牡丹園最後の一枚を
下に載せておきますね。


F1270003_convert_20110131161255.jpg

さてここでJR鎌倉駅に戻って自宅へ帰ります。
JR鎌倉駅からよく乗る15:20発京急バス
金沢八景駅行に乗車して
終点の京急・金沢八景駅まで乗車しました。


F1270016_convert_20110131152519.jpg

鎌倉の切り通しがある朝比奈峠を通ると、
雪が舞い始め、雪の粒が多くなって、
バスの車内で雪を見ていた乗客が、
珍しげに見つめていました。
朝比奈峠の雪と渋滞(雪と横浜横須賀道路のICがある関係で)
が影響して遅れ、鎌倉駅を出発して
約55分後に終点・金沢八景駅に到着しました。
峠で詰らなければ、30分ちょっとで着くんですよ。
この後、電車で雪景色を眺めながら
帰宅しましたとさ。。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

【鎌倉】鶴岡八幡宮と冬の牡丹2

引き続き、鎌倉鶴岡八幡宮
牡丹苑の牡丹の花をお楽しみ下さいね。


F1270007_convert_20110131145523.jpg

この日はこの地に雪が降るくらい寒かったのですが、
この寒さの中で色鮮やかに咲く牡丹の色の強さと
華やかさは、絶品ですよ。

F1270012_convert_20110131155150.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

【鎌倉】鶴岡八幡宮と冬の牡丹1

鎌倉の鶴岡八幡宮へ
久しぶりに行ってきました。
目的は。。八幡様への挨拶と
ここの綺麗な牡丹の撮影の為です。
全てDocomo_F-03B端末のカメラのみ使い、
いつもの一眼デジカメは使っていません。
携帯でも1,220万画素の力を確かめてみようという試みです。

ここでは文章よりも牡丹の写真がメインです。
1ページに3枚ずつ牡丹の写真を載せていきます。

自分は、八幡様に参拝後、
正月ぼたん、春ぼたんが植えられており、
季節には大勢の拝観者でにぎわいます。
鶴岡八幡宮にて寒ぼたんが見ごろです。

1月も中旬、初詣客の賑わいもようやく落ち着く
鶴岡八幡宮のぼたん庭園で、
寒ぼたんが見ごろを迎えます。

F1270004_convert_20110131140728.jpg
普通のぼたんは春に花を咲かせますが、同庭園では、
冬季に美しいぼたんの花を咲かすことが
できないものかと研究の重ね、
寒ぼたんを開花させることに成功したそうです。

F1270006_convert_20110131141153.jpg
寒さを耐え忍ぶため、
寒さよけのワラを被った寒ぼたんが見られます。
寒ぼたんは、2月下旬まで楽しめるそうです。

F1270005_convert_20110131141829.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

ある朝の一言

今年の仕事始めから、今月のみ夜勤。
ある朝、横浜線の電車で車掌が
案内アナウンスの最後に
「今日も1日お気を付けてお過ごし下さい」
と加えた。
自分はこれから帰宅路。
しかし、何気ない一言って大事だなぁと思う。
機械やマニュアル通りじゃなく、
活きた人の言葉だなぁって
サービスとかも本当はこういう
自然な感じで出るものが
いいんじゃないかな。。
いや、考えされられる
一言だった。。
さぁて少し寝よう。。
。。ってこれを携帯から書いているうちに
乗り換えの駅に着いちゃったよ。
お家でゆっくり寝よっと。
でも、些細な一言で癒されるって
オイラは心は大丈夫なのかな。。
。。じゃなくて早く帰ろう。

F1000031_convert_20110127111545.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

夜勤の現状報告

今年の仕事始めから、今月のみ夜勤。
夜21時~早ければ朝5時半まで。
でも残業で終わりは朝8時過ぎ。
懐かしいなあ、深夜勤務って。。
大学下宿時代、郵便局の深夜勤務で
長年培ってきた感覚が戻ってきたかも。
初日は体内時計が狂って大変だったけど、
2日目にはもう慣れてきていた。
朝、帰宅して風呂入って食事して
ぐっすりは眠れる様にはなったけどね。
疲れは残さないが、何かイライラすることもある。
深夜のほうが仕事しやすい環境かもしれない。
不思議と深夜眠たいって事がないんですよ。

深夜時間帯だから職場の人数が少ないから気がラク。

朝と夜、どちらかといえば、夜勤務の方が、
電車のラッシュに遭わない。
早朝から昼前にかけて、いつもと逆の方向の
電車に乗っていると、いつも乗っている
電車の朝ラッシュの酷さがよくわかるんですよ。
品川・東京へ向かう特急・快特電車をみると
12両全て押し潰されながら
強制送還されている様に見える。
(誰もが大変な想いをしているんですよね)

★夜勤明けの注意点
①乗り過ごしには注意!!
②さらに曜日感覚がマヒする!!
③朝日を浴びるとエネルギーが極端に低下する。

この前、土曜日の朝、品川まで出て
京急線に乗り換えて時刻表を見ても
あれ?いつもの電車が来ない??
。。。あっ!今日は平日ダイヤじゃなくて
土日・祝日ダイヤだった。。。
そういえば、ホームは家族連れの人達で
賑わっていたしなあ。平日にはない光景ですよね。
そんな中にワイシャツ・ネクタイ・コート姿の俺って
ミスマッチのような気がしてさ。

品川9:48始発≪快特・三崎口行≫のシートに座って
午前中の温かい太陽光を浴びながら、
心地良くなって眼を閉じたら。。。
乗り換え駅から1つ手前の駅まで
結構距離はあるんだけど爆睡してしまった。。
結構疲れていたんだなあ。
帰宅は朝の11時になった。

でも、大変だの辛いだのという感覚より、
とにかく頑張って我慢しなければ。

あとは、学生時代に深夜勤務のバイトやってて
良かったと思う今日この頃。
やはり無駄な経験地などありません。

さらに頑張れ、自分!!!

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

【上諏訪温泉4】≪スーパーあずさ≫で帰る

温泉とお城廻りもいよいよ終わりです。
松本を11:08に出発して来る
上諏訪11:30発特急≪スーパーあずさ14号≫新宿行に乗車します。
新宿には13:33到着予定なので、
上諏訪~新宿:2時間03分(123分)の列車旅です。
この日は先行列車の遅れで4分遅れてきました。

迚ケ諤・繧ケ繝シ繝代・縺ゅ★縺・4蜿キ_convert_20110110233747
帰りの<スーパーあずさ14号>は下の写真の通り
10号車の指定席は殆ど人がいない状態でした(ラッキー)↓

迚ケ諤・繧ケ繝シ繝代・縺ゅ★縺・4蜿キ謖・ョ壼クュ10蜿キ霆垣convert_20110110233955
---------------------------------
【スーパーあずさ14号の時刻表】
・松本[始発駅]⇒11:08始発
・上諏訪⇒11:30発
・茅野⇒11:35発
・甲府⇒12:11発
・八王子⇒13:05発
・新宿[終点]⇒13:33到着
--------------------------------------

この列車は最速列車で停車駅も少なく、
小海線との連絡駅でもある小淵沢も通過します。
車窓右手には綺麗な富士山を眺める事が出来ました。
明るい太陽光と富士山を眺めながら
峠の釜めしを昼食にガツガツ食べていました。
長野から山梨に入る県境周辺も景色が良く、
ウォーキングに最適な場所かなと思います。
ただ、自分は花粉症なので春は勘弁。。。

特急≪スーパーあずさ14号≫が遅れを取り戻そうと
猛スピードで走行。
あっという間に山梨県の甲府に到着。
ここでかなり多い利用客を乗せるのは、
見慣れた光景なんですよ。
甲府に着く前に自由席利用者に混雑が予想されるような
案内もしていたし。。。

列車は甲府を12:11に発車すると
次の停車駅は東京都に入って
八王子です。甲府を出ると山間部を走行します。
この山間部は四季折々の風景を見せてくれます。
同じ風景ではないんですよ。変化に富んでいるというのか。。

列車は山間部を過ぎて高尾を通過し、八王子に停車。
甲府から先は殆ど眠っていました。。

そして特急≪スーパーあずさ14号≫は
終点・新宿に13:33到着。
上諏訪からの2時間03分の列車旅は終了しました。
新宿到着後に写真を撮ったけど、
逆光で失敗しちゃいました。
これで旅日記はおしまい。
読んで戴いてありがとうございました。

譁ー螳ソ縺ォ蛻ー逹

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい、
 宜しくお願いします。

【上諏訪温泉3】諏訪藩3万石高島城

豌キ荳翫・隲剰ィェ鬮伜ウカ蝓酸convert_20110110234258
旅館から徒歩15分ほどで
江戸時代・諏訪藩3万石を治めた藩主、諏訪氏がいた
高島城に到着しました。

日根野高吉が築城の適地とした高島は、
当時諏訪湖畔に島状を呈していたと思われる場所で「浮島」とも呼ばれ、
ここには主に漁業を営む村落があったことが記録に残っています。
高吉はこの村をまるごと移転させて高島城を築いたといわれています。
完成当時は、城のまわりは湖水と湿地に囲まれ、
あたかも諏訪湖中に浮かぶようであったので、
別名「諏訪の浮城」と呼ばれました。

城の北側には城下町(兼甲州道中上諏訪宿)が設けられ、
城下町から城までは一本の道しかありませんでした。
城は、北から衣之渡郭、三之丸、二之丸、
本丸が一直線に並ぶ「連郭式」と呼ばれる形態です。

日根野高吉は高島城を築城し、
領内統治の仕組みを作るなど領主としての足固めを進めたが、
慶長5年関ヶ原の合戦直前に死去。
跡を継いだのは子の吉明ですが、
翌年に下野国壬生に移されました。
そのあと諏訪を与えられたのが諏訪頼忠の子で
そのとき惣社の領主となっていた諏訪頼水です。

頼水は高吉の築城した高島城に入り、
ここに諏訪氏による諏訪統治が約60年ぶりに復活しました。
以来、諏訪家10代目忠礼のときに明治維新を迎えるまで
約270年、変わることなく諏訪氏が領主として続きました。

明治維新を迎え、旧支配体制の象徴である高島城は
破却されることになりました。
明治3年頃から城内の建物が順次払い下げられ、
天守も取り壊されました。破却後、
本丸跡が「高島公園」として開放されましたが、
それ以外は市街地化していきました。
昭和45年、市民の熱意によって天守が外観復元され、
門や櫓などもあわせて復興されました。

その市民の熱意によって復元された
今の姿が下の写真と一番上の写真に表されています。
お堀の水が凍っています。
この日は、高島公園内で「どんどん焼き」を行っており、
寒い朝にもかかわらず、子供たちが元気いっぱいに
走り回っていました。
子供は風の子ですねえ。
諏訪のお殿様も空の上から元気な子供たちの
姿を見て、笑っている事でしょう。

隲剰ィェ鬮伜ウカ蝓酸convert_20110110234742
その話以降は次回にします。
次回は、上諏訪駅に戻って、
特急≪スーパーあずさ14号≫に乗って帰ります。
その様子をレポートします。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

【上諏訪温泉2】冬の諏訪湖とガラスの里

前回からの続き
上諏訪駅から諏訪湖周遊スワンバスで、
「SUWAガラスの里」へ行きました。
バスを降りるとすぐに諏訪湖が近くにあって
結構湖が凍っていました。

F1260005_convert_20110110225947.jpg
さて、寒い諏訪湖歩きは後にして
「SUWAガラスの里」の建物に入ります。
諏訪湖畔にひときわ目立つ三角屋根のアミューズメントパーク、
SUWAガラスの里はお子様から大人まで
楽しめる体験型ガラスミュージアムです。

私はここの体験工房で、自分で紙に描いた絵が、
ガラスのグラスに浮き上がる、
サンドブラスト体験という、切子ガラスに
砂を吹き付けて字や絵を浮き上がらせる
この体験コースを選びました。
青い切子ガラスのコップに、よく私が書く
キャラクターの絵を描いて、ガラスに
特殊な砂を吹き付けて絵柄を削りながら
キャラクターを浮き上がらせます。
ここの工房の方が、懇切丁寧に教えてくれたので
上手くできあがりました。

その後、小腹がすいたので、館内にある
ベーカリーレストラン カンパーニュ『SUWAガラスの里店』
に入りました。諏訪湖を望む絶好のロケーションの中で
おいしい焼き立てのパンや名物の信州牛まんを楽しめる
美味しいお店です。
私が注文したのは下の信州牛まんセットです。

F1260006_convert_20110110230158.jpg
ジューシー信州牛の旨みを
肉まんみたいに閉じ込めた美味しい逸品。
ポテトも出来たてホクホクで美味しい!
サラダも地元のもので新鮮!
デザートのヨーグルトも濃厚で美味しい!
信州の名物が圧縮されて詰まっているセットです。
お勧めのセットですよ!!!

ここで夕方まで過ごし、バスで温泉街へ戻ります。
今日の宿泊場は上諏訪温泉「油屋旅館」です。

諏訪湖周辺の無数の輝きを眺めながら、温泉宿を愉しめます。
眺望露天風呂からは遠く北アルプスの山並みまで眺望いただけます。
客室から写真で諏訪湖周辺を撮ったんだけど、
設定方法を失敗して下の写真になりました。
(ここは一眼デジカメにすればよかったと後悔)

F1260007_convert_20110116162548.jpg
この後、夕食を食べてから
諏訪湖を望む露天風呂にゆっくり浸かり、
部屋に戻ってすぐ寝てしまいました。。。

次の日は朝食を取ってから朝の諏訪湖を望む
露天風呂にもう一度入りました。
運が良い事に自分以外誰もいなかったので
露天風呂を独り占めしちゃったよ~

さあ、心も体も温まったら、油屋旅館を後にして
自分の趣味でもあるお城めぐりをします。
今日は(高島)諏訪藩3万石のお城を
見に行きます。


その話以降は次回にします。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

【上諏訪温泉1】新宿から上諏訪温泉へ

最初に、この旅ブログでの写真は
全てDocomo_F-03B端末のカメラのみ使い、
いつもの一眼デジカメは使っていません。
携帯でも1,220万画素の力を確かめてみようという試み。。

1月8日、10:45私は新宿駅にいました。
昨日から深夜勤務業務の夜勤明けで、
2時間弱の睡眠しかとっていない私が立っている。
ただ、雪見と雪景色の温泉を求めて、
また、信州へ行こうとしていました。
連休初日とあって、人が多いんです。

私が乗る新宿11:00発特急≪あずさ13号≫松本行が待つ10番線へ
いつも忙しない人混みの新宿駅の中で
ここだけは甲州・信州へ行く人達の
ゆっくりとした空気が流れていますね。

さて新宿駅での人間観察はここまでにして
新宿11:00発特急≪あずさ13号≫に乗り込みます。

F1260001_convert_20110115232415.jpg
席に座って目を閉じると
夜勤明けの影響か、爆睡状態。。。
指定席を持っていると車内検札は省略されるので
起こされることが無いので、寝ていられたんですね。
目を覚ますと、列車はもう山梨県の甲府を過ぎていました。

F1260002_convert_20110115232900.jpg
眠気が覚めたところで車窓を眺めると
雪を纏った八ヶ岳などの綺麗な山々が
車窓を彩っていました。

特急≪あずさ13号≫は上諏訪に定刻通り13:19到着。
さすがに冬の信州は冷えるなあ。
自分にとっては心地よい冷気でしたけど。
ここで降りて、最初に諏訪湖のガラス工芸館
「SUWAガラスの里」へ向かいます。
上諏訪駅から諏訪湖周辺を走るバスに乗り換えます。
バス停から駅を振り返ると、たまたま
松本から来た特急≪スーパーあずさ18号≫新宿行が
上諏訪駅に来たので、写真を撮ってみました。
携帯の写真もだんだん質が良くなりましたね。

F1260004_convert_20110110235136.jpg
その話以降は次回にします。
次回はガラスの里でマイグラスを作ります。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

仕事始めは夜勤から

今年の仕事始めは、夜勤からスタート。
夜21時~早ければ朝5時半まで。
懐かしいなあ、深夜勤務って。。
大学下宿時代、郵便局の深夜勤務で
長年培ってきた感覚が戻ってきたかも。
初日は体内時計が狂って大変だったけど、
2日目にはもう慣れてきていた。
でも朝、帰宅して風呂入って食事して
ぐっすりは眠れないよ。。
でも、疲れは残さない。
深夜のほうが仕事しやすい環境かもしれない。
不思議と深夜眠たいって事がないんですよ。
深夜勤務は期間限定。
朝と夜、どちらかといえば、夜勤務の方が、
電車のラッシュに遭わない。
早朝から朝にかけて、いつもと逆の方向の
電車に乗っていると、いつも乗っている
電車の朝ラッシュの酷さがよくわかるんですよ。

ただし、乗り過ごしには注意!!
朝、仕事終わりに眠いので寝ちゃうと。。OUT!!
この前、土曜日の朝、京急線に乗り換えて
横浜6:20発≪特急・三崎口行≫のシートに座って眼を閉じたら。。。
乗り換え駅から2つ先の駅まで爆睡してしまった。。
急いで戻って帰宅は朝の7時半ちょっと前に。

でも、大変だの辛いだのという感覚より、
とにかく頑張って我慢しなければという感覚が強い。

あとは、学生時代に深夜勤務のバイトやってて
良かったと思う今日この頃。
無駄な経験地などありませんね。

頑張れ、自分!!!

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナーと、
拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (49)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (12)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (64)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (12)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (2)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん