Post image

鉄の聖地、鉄道博物館へ3

鉄道博物館は子供も楽しめますし、大人も昔の車両等を見て懐かしむ姿が多かったです。さてお土産などを購入して、大宮駅へ戻ると。。。さて。。。どれに乗って東京へ帰ろうかなあ。。決めた!!新潟を13:55に出発し、ここ大宮15:39発の〈とき364号〉東京行きに決めた。なぜならこの列車、前のページに載せましたが、懐かしい200系で運用している上越新幹線でした。自由席に座れるかどうか不安でしたが、先頭1号車の3列空席の窓側...

Post image

鉄の聖地、鉄道博物館へ2

私が北海道の大学進学が決まって列車(新幹線)で神奈川の実家と行き来していた時、利用していた東北新幹線速達型の「やまびこ号」も展示されていて懐かしく思いました。盛岡⇔東京間、秋田新幹線こまち号を連結して走行していました。今の車両とは違う温かみがあります。昔、この200系東北新幹線に乗車した時の切符を見ると、平成9年12月8日、盛岡16:51始発〈やまびこ52号〉速達型列車東京19:44到着ということは当時2時間53分かか...

Post image

鉄の聖地、鉄道博物館へ1

かなり前の報告になりますが、休日に埼玉県大宮にある鉄道の聖地、鉄道博物館へ行ってきました。東京⇔大宮新幹線往復+鉄道博物館入館料がお得なきっぷがあったのでそれを使って行きました。まず、鉄道博物館の入口の床を見ると。。。タイルが時刻表になっているのです。これはなかなか面白いですね。中に入って見ると、子供も多いのですが、意外だったのが中堅層の方たちも多く、昔の車両を見て、「これで上京したなあ、懐かしい...

Post image

遊覧船にじいろさかな号

半潜水式のカラフルな水中観光船。ガイドの説明を聞きながら、三崎港周辺の海域を約40分で遊覧できる。宮川湾では魚の餌付けを行い、魚が寄ってくる様子を楽しめる。黄色・ブルー・オレンジの鮮やかな船体が目を引く「にじいろさかな号」は、三崎港周辺を約40分かけて遊覧する半潜水式の水中観光船。定員は60人で、ガラス窓が並ぶ水中展望室から窓越しに魚たちの世界を眺めたり、船上で魚の餌付けを体験したりすることができます。...

Post image

再び三崎港へ

妹夫婦、母、私の4人で、 以前紹介した三崎のお店 三崎のお店ではテレビにも出ている有名な無国籍料理「くろば亭」へ行きました。 今回は、お店で人気メニュー、下の写真の料理を注文しました。 写真上から「鮪の照り焼きチャーハン」、「あらカマ味噌汁」 ここのお店の料理は、本当に美味しいです。ブログランキングに参加しています。宜しければ、下のバーナーと、このブログの善し悪しを「拍手」を判断基準にしているので、拍手...

Post image

熱々のハンバーグと格闘

仕事終わりに妹夫婦と母、私の4人で行きつけのハンバーグ専門店へ行きました。今回はハンバーグ270g+パンセット熱々の鉄板に大根おろしの和風ソースをかけたら熱々の肉汁がもう大噴火状態でもう大変。。。でもここのハンバーグはすごく美味しいんだよ~(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!! ワイワイ騒ぎながら過ごした貴重な時間でした。ブログランキングに参加しています。宜しければ、下のバーナーと、このブログの善し...