のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

【奈良1day日帰り】番外編

 奈良へ行った時の写真で、携帯で撮影した写真もアップしておきます。
まずは、薬師寺の西塔です。

DVC00004_convert_20080927215116.jpg

私が尊敬する方の一人、宮大工の故・西岡常一棟梁が修復されました。
この模様は「宮大工棟梁・西岡常一「口伝」の重み」にも書かれています。
さらに下の写真は春日大社の朱色の美と名物の鹿くんです。

DVC00009_convert_20080927215357.jpgDVC00011_convert_20080927215535.jpg
鹿せんべいをあげた隙にしゃがんで撮影しました。
最後は京都から乗車した「のぞみ36号」を新横浜で降りる直前に撮影しました。
N700系の乗り心地がよくて、また、降りれば旅が終わるという未練から

DVC00010_convert_20080927220739.jpg
また乗りに来るからね......
ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナー・拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

【奈良1day日帰り】旅日記4 帰京

 京都でお土産など買って駅近くの郵便局に速達で送った後、
巨大要塞のような京都駅新幹線ホームへ行きました。
京都17:16発〈のぞみ36号〉東京行に乗車します。
この新幹線は最新のN700系でした。
博多始発の新幹線なので空いている席はほとんどありませんでした。

DVC00008+-+繧ウ繝斐・_convert_20080923163657

019_convert_20080923162716.jpg

023_convert_20080923162823.jpg
京都から新横浜まで1時間58分の旅です。
窓側の席にはモバイルコンセントがあるので早速携帯電話を充電してました。
天下分け目の合戦場になった関ヶ原を通過する頃には夕日が差し込んでいました。
京都駅で購入した「松茸ごはん」1,500円を平らげ、車窓を眺めたり寝たりの繰り返しでした。

豊橋あたりを通過する頃にはもう真っ暗になっていました。街頭やビルなどの明かりが
点々と見えては流れる景色も好きなんですね、私は。
それと今回は寝ていて見る事が出来ませんでしたが、掛川付近を通過すると、
ライトアップされた掛川城がきれいに浮かび上がって見えます。
E席を取れた方にお勧めしています。

〈のぞみ36号〉は定刻通り新横浜に19:14到着しました。
発車する列車を最後に撮影して終わりです。

021_convert_20080923163227.jpg
最後に精算所でチケットを記念に欲しいと頼むとN700系絵柄の
乗車記念スタンプを押して戴きました。
本来チケットは回収が当たり前なのですが今回はサービスで戴きました。
" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚ "
終わり。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナー・拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

【奈良1day日帰り】旅日記3

 近鉄奈良からは京都へ出るためにここで近鉄特急を使いました。
確か2階建て車両があると聞いて窓口の人に聞くと、2階の指定席を
ゲットできました。近鉄奈良14:35発近鉄特急京都行に乗車しました。

031_convert_20080923162149.jpg

私がゲットした座席は景色がよく見えてなかなか快適でした。

016_convert_20080923162339.jpg

025_convert_20080923162443.jpg
特に大和路の長閑な田園風景は最高でした。
京都には15:12に到着しました。

024_convert_20080923162553.jpg
京都タワービル地下3階の私がよく利用する銭湯に行きました。
地下3階にある大浴場は広々とした造り。ゆったりと旅の疲れを癒すスポットです。
ここのお湯とマッサージチェアで疲れをとって、新幹線で東京へ戻ります。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナー・拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

【奈良1day日帰り】旅日記2

 薬師寺から近鉄奈良駅で昼食を済ませた後、タクシーで奈良漬で有名な
「森奈良漬店」で大好きな奈良漬を購入してタクシーの運転手さんと話しながら
春日大社へ向かいました。ここは、奈良公園の上にあり、神様の使いとして
鹿たちが放されていました。


011_convert_20080923111118.jpg

もちろん鹿せんべいを購入して鹿さんたちにあげようとすると......
買いそうな人を察知できるのか、「何処にそんなに隠れてた!!」と突っ込みたくなる様な
鹿の大群に囲まれました。もともと鹿は臆病な動物なので驚かすのではなく、
ゆっくり鹿せんべいを巻きながら退散しようとすると、退路を断たれていました。
しかも右手の指を噛むのではなく、銜えられていたんですね。鹿せんべいのカスが
指にくっ付いていたんですよ(´▽`*)アハハ
何とか鹿せんべいを追加購入し、ゆっくり退散しながらあげていき、残り数枚になったら
走りながらせんべいを撒いて脱出に成功しました。その途中、他の人近くにせんべいが
落ちて、その人が今度は鹿達のターゲットにされていましたが......

さて、そんなこんなで春日大社本殿の目の前に到着しました。


009_convert_20080923111317.jpg
029_convert_20080923111907.jpg

中の本庄宗資奉納燈籠は素晴らしいものでした。
030_convert_20080923112053.jpg

神秘的で静かな空気に圧倒されました。この付近も世界遺産に登録されており、
秋には真っ赤な紅葉が朱色の本殿をさらに際立てるそうです。
さて、参拝が済んで、鹿さんたちにもう一度鹿せんべいをあげて別れた後、
バスで近鉄奈良駅に向かいました。
続く......

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナー・拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

【奈良1day日帰り】旅日記1

 22日、早朝。新横浜6:47発〈のぞみ301号〉に乗車から旅が始まった。
003_convert_20080923110036.jpg
朝早い新幹線だけあって車内は人は多いながら寝ている人が多く、シーンとしていました。
いつも富士山と掛川城だけは必ず見るのですが、私も眠くて寝てしまい、気付いたら浜松
を通過して浜名湖を走行していました。
京都に到着したのは8:48。会社に出社している時間か!と旅モードに入りきらないまま
京都からJR線で奈良へ向かいました。
奈良駅からバスで向かった先は薬師寺です。

028_convert_20080923110225.jpg
027_convert_20080923110623.jpg

005_convert_20080923234711.jpg


薬師寺は、学生時代に読んだ本で「木に学べ―法隆寺・薬師寺の美」を読んだのがきっかけで、
木も人も癖を見抜いて組み立てる....
私が教員免許を取る時、指導教授から頂いた一冊の本が
これでした。
この本は宮大工の神様と言われた故・西岡棟梁の木の心を知って木と共に生き、
宮大工の心構えと技術を通して現在人が忘れている伝統的な日本文化の奥深さや
人の育て方、本当に生きていくのに大事なこととは何かを教えてくれました。

そして今、故・西岡棟梁が精魂込めて修復されたその薬師寺に居ます。
写真だけでは伝わらない空気や金堂の天井から床に至るまでの古代建築の
神秘など中学の修学旅行では理解できなかった部分を再確認してきました。

天気は曇っていましたが、朱色の建物が明るく落ち着いて見えるのも神秘的な
ものを感じました。しばらく薬師寺にて東塔や西塔などを見たあと、次は
奈良公園と春日大社へ向かいました。

続く......
ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナー・拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

奈良へ出発!!

 22日、早朝にJR東海の「日帰り1day奈良」プランで奈良へ行ってきます!
もう行きたい所は決まっている。奈良から旅日記のスタートです。
風景写真を多くアップしますので、皆さん宜しく!!

又々・アトレ品川にて

 今日は以前紹介しました「アトレ品川」へ親を連れて行ってきました。
過去の日記:http://spwhal20.blog70.fc2.com/blog-entry-57.html

今日は某局の料理の名誉鉄人がプロデュースする
ヘルシーナチュラルレストラン「BOBOS by QUEEN ALIC」
私が選んだランチメニューはSteak Set(ステーキセット)¥1,850


DVC00005_convert_20080914172536.jpg

コースの内容が、
特撰牛フィレ肉の炭火焼き 和風ソース、釜焼き野菜
スープ、サラダ、バゲット または ご飯
抹茶と北海道産ミルクのソフトクリーム


このお店は選び抜かれた野菜を高温の釜で焼き上げて旨みを引き出しているので
十分体に優しい温野菜が主体なんです。
ちなみに親が頼んだのが、このコースのお魚バージョンでした。
また、コースの途中でこの温野菜を煮込んで作ったミニカレーを
出してくれました。
また、お肉の度アップ写真も載せてみます。
「妹夫婦が来たら連れて行ってやるかあ」


DVC00002+-+繧ウ繝斐・+(3)_convert_20080914172631

また、過去の日記でも載せたビッグバーガーを購入しました。
DVC00001 - コピー (3)
前回購入したものよりも大きいダブルバーガーサイズで
実はこれ、CD、DVDなどのメディアを複数枚保存できる保護シートが入っている。
つまり外のパンになっている部分がクッションになっていると言う訳。
横にあるのは私が最近こだわっている「PURE PEANUT OIL 」
ちょっと高価なピーナッツオイルです。

さて帰りは、都営浅草線の三田(JR線だと田町)まで出て、
三田15:28発の京急直通 快特・三崎口行に乗車する。
列車が来たとき、座りたいという願望しか頭にない私たちは
「これ、座れんの!?あっ!ボックス席空いてる!」とでかい声で叫ぶ始末...
そんなちょっと恥ずかしい思いを......しないどころか関係なくボックス席に座る。
座れればもう極楽気分であるのだ♪
自宅近くの馬堀海岸に着いたのは16:25、まだまだ暑い夕陽が照りつけていた。
今度はこれを見ていたら妹夫婦か友人達も誘って行きたいです。

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、下のバーナー・拍手ボタンをポチっと押してください、
お願いします。

東京ディズニーリゾートへ

 今日は東京ディズニーリゾート内のホテルミラコスタへ妹の結婚式場の下見へ行ってきました。
さすがはディズニーリゾートは観光客がいっぱいで、駐車場の車のナンバープレートを
見ると、色んな遠い場所から遊びに来ている人で一杯なんだなあと思いました。
 下の写真はホテルミラコスタの天井の絵です。とてもきれいでした。


DVC00004_convert_20080907194905.jpg

 短時間で見学終了後、遊ぶわけではなく、私、母、義弟、妹の4人でイクスピアリで食事。
皆でワイワイしながら食べる食事は本当にいいですねえ。和やかで...

さて食事後、舞浜から東京へ出て、この暑さで疲れていたので、
皆でグリーン車に乗り込んで帰ることにしました。

 JR横須賀線、東京16:10発の久里浜行に乗車。
横須賀まで1時間20分乗車時間があるから寝て行ける!!
下の写真が乗車した車内、ゆったりした空間で良かった。


DVC00001+-+繧ウ繝斐・+(2)_convert_20080907200251

新川崎あたりで妹が「雨が降ってるよ」と窓を指差し、ポツポツ降っている雨粒を確認。
(σ´_σ`)σ傘持ってきてないよー...じゃあバスで帰ればいいかと短時間で一件落着。

グリーン車内で車内販売があって、何かグッズがないかと聞くと妹のドSな一言
「これだから鉄っちゃんは...!!」周囲は緩い笑い......
あのね、それで迷惑かけてないからいいじゃないの!
旅行案内では役に立っているんだからさ!と車内限定のハンドタオルを購入。

ゆっくり車内で休んで列車は横須賀に17:30到着。
空を見上げると、雲行きが怪しかった。
バスに乗り、自宅に着くと天気が悪化して雷が鳴り響いていた。

東京ディズニーリゾート、今も昔も子供も大人も楽しめる大きな
場所である事を再確認したトーマスであった。


 | HOME | 

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (49)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (12)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (64)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (12)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (2)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん