のほほーんとThomas Life

趣味の鉄道旅行や食べ物、日々出来事等自由奔放な日記です。

小田原城紫陽花祭り夜のライトアップ

今回は小田原城あじさい花菖蒲まつりの会場となっている
小田原城へ足を運びます。
今年はライトアップを楽しむために夕方出かけました。

小田原城の歴史をちょっとだけ書くと、
江戸時代を迎えると小田原城は徳川家康の支配するところとなり、
1686年、再び大久保氏が10万3000石で入封。
それから漸次加増をうけ、最終的に11万3000石となる。
以後は幕末・明治初頭まで大久保氏の支配が10代続いた。
箱根を控えた関東地方防御の要衝として、
また幕藩体制を支える譜代大名の居城として、
幕末まで重要な役割を担ってきました。

昼間に見る紫陽花とは一味違った姿を以下に張っておきます。

①夜の小田原城です。ライトアップされています。


DSC_3470_convert_20160619141025.jpg

②ライトアップされた紫陽花です。ライトを独り占めする紫陽花もありました。

IMGP1081_convert_20160619140827.jpg

DSC_3472_convert_20160619141725.jpg

帰りは小田急ロマンスカーに乗りました。

DSC_3474_convert_20160619141252.jpg

小田原20:06発 特急はこね48号で新宿へ帰ります。
小田急ロマンスカーEXEに乗車します。
新宿へは21:18到着予定です。


DSC_3475_convert_20160619141907.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



紅葉残る12月の鎌倉を歩く

鎌倉駅(JR/江ノ電)東口より 京急バス鎌倉宮(大塔宮)行
に乗って終点大塔宮下車、そこから徒歩10分〜15分くらいで
瑞泉寺というお寺に到着。
ここはとても静かなお寺なんです。
瑞泉寺は鎌倉公方(鎌倉府の長)の菩提寺(ぼだいじ)として、
鎌倉五山に次ぐ関東十刹に列せられた格式のある寺院です。
また境内は、四季を通して様々な花を楽しむことが出来ます。

今日は京急バス鎌倉宮バス停から瑞泉寺まで歩いて
何気に撮った写真や瑞泉寺で撮った写真を並べます。

京急バス鎌倉宮バス停から瑞泉寺まで歩いていると、
下のような紅葉がまだ残っていました。

IMGP0989_convert_20151206164020.jpg

瑞泉寺境内の皇帝ダリア(別名:コダチダリア)
IMGP0988_convert_20151206143915.jpg

瑞泉寺境内にて、紅葉に日の光が差し込んで
温かみがある画になっています

IMGP0985_convert_20151206142422.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。




黄金色に輝く銀杏をたずねて 鎌倉編

鎌倉駅から小町通りなどをそぞろ歩き、
鶴岡八幡宮を抜けて源頼朝墓へ向かうと、
見事な黄金色のイチョウの木が迎えてくれます。
手前にある公園のベンチで、
散りゆく落ち葉を眺めつつ
秋のひとときを過ごすのもいいかも・・・


IMGP0982_convert_20151129163113.jpg

IMGP0983_convert_20151129163244.jpg

■源頼朝公のお墓の場所
住所:鎌倉市西御門2-6
アクセス:鎌倉駅東口 京急バスで
      大塔宮やハイランド、金沢八景駅行きバスで
      岐れ道バス停より徒歩5分。清泉小学校裏


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。




上野公園・秋の気配と西郷隆盛像

上野駅近くにある上野公園へやってきました。
上野公園は銀杏の木が黄金色になっています。


IMGP0973_convert_20151123195533.jpg

銅像を正面から見た背景には
イチョウの大木が植えられており、
11月下旬には黄金に光り輝きます。
秋晴れの空の下で
西郷さんも笑っているようにも見えます。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【'15初夏】小田原城あじさい花菖蒲まつりへ

今回は小田原城あじさい花菖蒲まつりの会場となっている
小田原城へ足を運びます。
この日は日差しが結構強くて暑かったです。

小田原城の歴史をちょっとだけ書くと、
江戸時代を迎えると小田原城は徳川家康の支配するところとなり、
その家臣大久保氏を城主として迎え、
城の規模は三の丸以内に縮小。
稲葉氏が城主となってから大規模な改修工事が始められ、
近世城郭として生まれ変わりました。その後、
1686年、再び大久保氏が10万3000石で入封。
それから漸次加増をうけ、最終的に11万3000石となる。
以後は幕末・明治初頭まで大久保氏の支配が10代続いた。
箱根を控えた関東地方防御の要衝として、
また幕藩体制を支える譜代大名の居城として、
幕末まで重要な役割を担ってきました。


以下に今年の紫陽花の写真を貼っていきます。
東堀斜面に紫陽花がたくさん咲いてます。


IMGP0877_convert_20150615200212.jpg

IMGP0867_convert_20150615201525.jpg

IMGP0870_convert_20150615194357.jpg

IMGP0882_convert_20150615200525.jpg

IMGP0887_convert_20150615224440.jpg

帰りは小田原13:50発の
伊豆急下田・修善寺から来た
15両編成の特急踊り子106号(指定席)に
乗車して帰りました。

IMGP0889_convert_20150615223629.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


またまた古都・鎌倉江ノ電でぶらぶら

休日出社の代休でお休みの日。
またまた江ノ電でぶらぶらしました。

江ノ電の1日フリーパス「のりおりくん」を
購入し、いざ出発!!

山あり河あり、湘南の海あり、
トンネルと路面あり。
古都鎌倉と湘南江ノ島、そして藤沢と、
古き時代と新しいモノが混在する風景を堪能できるのが
江ノ電の魅力。
鎌倉と藤沢の間には、湘南のきれいな海の景色、
鎌倉の新緑と数多いお寺、そして江の島と
沿線風景に飽きる事はありません。
さらにシラス漁で有名な腰越~江ノ島間は
一般道路を走る路面電車になります。


道路下から見ると迫力がある江ノ電
IMGP0851_convert_20150608164514.jpg

龍口寺の入り口から江ノ電を撮ってみると…
IMGP0853_convert_20150608164623.jpg

同じ場所でもう一度…
IMGP0856_convert_20150608164710.jpg

鎌倉に戻り、昼食時間!!
今日のお店は「楽縁」さん
神奈川県鎌倉市小町2-11-11 大谷ビル2階

「湘南豚の味噌漬け定食&しらすご飯」1,280円
(本来980円ですが※ プラス300円で白いご飯を、しらすご飯に変更)

DSC_0333_convert_20150608164827.jpg

湘南の豊かな自然で育った湘南豚は驚くほど
柔らかく、豚の脂が甘いんですね。
そこに濃厚な特製味噌と相性抜群!
このたっぷりの味噌に12時間以上も漬け込ませた
湘南鎌倉の新名物を、ゆっくりと香ばしく
焼き上げた!これが美味しかったです。
御馳走様でした。

帰りは京急バスの特別車両
(鎌24系統)JR・鎌倉駅~京急・金沢八景駅間を走行する
京急りんどう号です。
行きも帰りも、このりんどう号でした。

莠ャ諤・繧翫s縺ゥ縺・捷_骼・4邉サ邨ア_convert_20150608164948
ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


【'15桜と城①】桜舞う小田原城

今日は私が旅歩きのきっかけとなった場所へ
お花見を兼ねて遊びに行きました。
そこは神奈川県西部の城下町・小田原です。

横須賀から大船まで横須賀線で出て、
大船から東海道線で小田原へ向かいます。
4月とは思えないポカポカ陽気でした。
小田原駅に到着し、ここから小田原城を目指して歩きました。

駅から歩いて10分しないうちに小田原城へ到着できます。
ここで桜とお城のコラボレーションを
写真に収めましたのでご覧ください。

①小さな武将?がお城を見上げている

IMGP0783_convert_20150412225741.jpg

②小田原城の外堀に咲く桜
IMGP0788_convert_20150412202555.jpg

③小田原城と枝垂桜
IMGP0800_convert_20150412223000.jpg

④小田原城と枝垂桜で桜をアップに
IMGP0801_convert_20150412224337.jpg

お昼ご飯は小田原駅で有名な駅弁を買って
桜を見ながら食べました。
小田原駅の鯛めし

IMGP0792_convert_20150412230617.jpg
ほんのりと甘いおぼろに
醤油で炊いた香ばしいご飯で食べます。
ポロポロとこぼれやすいそぼろを食べやすいように
お箸と一緒にスプーンも付いていました。

IMGP0793_convert_20150412231035.jpg

小田原城が初めて築かれたのは、
大森氏が小田原地方に進出した15世紀中ごろのことと考えられています。
戦国大名小田原北条氏の居城となってから、
関東支配の中心拠点として次第に拡張整備され、
豊臣秀吉の来攻に備えて城下を囲む総構を
完成させると城の規模は最大に達し、
日本最大の中世城郭に発展しました。

江戸時代を迎えると小田原城は徳川家康の支配するところとなり、
その家臣大久保氏を城主として迎え、
城の規模は三の丸以内に縮小されました。
稲葉氏が城主となってから大規模な改修工事が始められ、
近世城郭として生まれ変わりました。その後、
1686年、再び大久保氏が10万3000石で入封した。
それから漸次加増をうけ、最終的に11万3000石となる。
以後は幕末・明治初頭まで大久保氏の支配が10代続いた。
箱根を控えた関東地方防御の要衝として、
また幕藩体制を支える譜代大名の居城として、
幕末まで重要な役割を担ってきました。

しかし、小田原城は明治3年に廃城となり、
ほとんどの建物は解体され、残っていた石垣も
大正12年(1923)の関東大震災によりことごとく崩れ落ちてしまいました。

現在の小田原城跡は、本丸・二の丸の大部分と総構の一部が、
国の史跡に指定されています。また、本丸を中心に
「城址公園」として整備され、昭和35年(1960)に天守閣が復興、
次いで昭和46年(1971)には常盤木門、平成9年(1997)には銅門、
平成21年(2009)には馬出門が復元されました。
さらに小田原市では、貴重な文化的遺産である
小田原城跡をより一層親しんでいくとともに、
長く後世に伝えていくことを目的として、
本格的な史跡整備に取り組んでいます。
平成18年10月に、「日本の歴史公園100選」に選ばれました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


2014年大塔宮あじさい散歩道

今日は鎌倉の紫陽花の名所に行ってみました。
場所は「鎌倉宮(大塔宮)」

◆鎌倉宮までの行き方

JR鎌倉駅前で京急バス4番のバス停
鎌20系統・大塔宮行きに乗り、
終点大塔宮バス停で下車します。

鎌倉宮の神苑には、色とりどりの「あじさい」が植えられています。
鎌倉の「あじさい」の名所となっています。
下にその紫陽花の写真を貼りました。
ちょうど小雨が降っており、雨露に濡れた
あじさいが色っぽく見えました。
上手くはないですが、どうぞご覧ください。

IMGP0517_convert_20140622212434.jpg

雨に濡れた紫陽花の花も、どこか画になります。
IMGP0518_convert_20140622212601.jpg

IMGP0521_convert_20140622212908.jpg

IMGP0523_convert_20140622212739.jpg

IMGP0520_convert_20140622212827.jpg

写真を撮り終わってJR鎌倉駅へバスで戻ると、
あじさい寺巡りの観光客でごった返していました。

鎌倉駅12:45発の京急新逗子駅行のバスに駆け込み、
何とか座ることができました。
・・・それで新逗子駅に到着。

骼悟€蛾ァ・2_45逋コ譁ー騾怜ュ宣ァ・。契convert_20140622224121
ここから電車に乗り換えて自宅の最寄駅まで
戻りました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


国鉄復刻デザインバス

IMGP0491_convert_20140608180109.jpg

東京駅をぶらぶら歩いていると、赤レンガを撮る人の中に、
バスが止まっており、そこにもカメラを向ける人が多くいました。
「東京駅100周年」×「東名ハイウェイバス45周年」記念企画として、
東京駅丸の内中央口駅舎前広場にて、
高速バス車両展示会を行っていました。

IMGP0492_convert_20140608191330.jpg

「青いつばめ」1964年10月 国鉄が高速バスを初めて開業した時のデザイン 。
前頭部には国鉄を象徴する「動輪エンブレム」、側面
には「JNR」を表記しております。このカラーは国
鉄バスからJRバスのカラーへと受け継がれています。

IMGP0495_convert_20140608180244.jpg

バスの車内はこんな感じです。
車内に入れたので入ってみました。
シートに座ると首が当たる部分が固くならず、
座りやすいシートだなあと感じました。
シートが良くなっているように感じました。

IMGP0493_convert_20140608181114.jpg

IMGP0498_convert_20140608191432.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。


JR久里浜駅前のポピー

JR横須賀線・久里浜駅前には
お花畑があり、ポピーの花がたくさん
きれいに咲き乱れています。

IMGP0479_convert_20140525170931.jpg

IMGP0478_convert_20140525212810.jpg

ブログランキングに参加しています。
宜しければ、励みになりますので、
①下の拍手ボタン
②パソコンからご覧の方はブログ左上の
「私のブログ投票ボタン」の
 ピンク色の釦
 上記2つの釦をポチっと押して下さい。
③twitterボタンでの共有応援等。
 宜しくお願いします。



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

観覧数(また来てね)

私のブログ投票ボタン

私のブログが良ければ、 投票ボタンを押してくださいね。

blogram投票ボタン

リニア・鉄道館

blogramパーツ

にほんブログ村ランキング参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

カテゴリ

未分類 (3)
旅日記 (0)
ぶらりお出かけ (44)
思いつき・発見 (18)
マイグルメレポート (49)
写真(風景・鉄道) (39)
ちょっと報告 (43)
鉄道 (23)
私の独り言 (59)
ラーメン (23)
ショッピング (12)
映画と私 (2)
高速バス乗車 (11)
旅行記・海外編 (14)
旅行記・信州 (54)
旅行記・四国 (20)
旅行記・東北 (35)
旅行記・伊豆 (11)
旅行記・関東甲信越 (64)
旅行記・北海道 (60)
旅行記・越後 (7)
旅行記・関西 (6)
旅行記・中国山陰地方 (14)
旅行記・中部近畿地方 (9)
旅行記・北陸 (6)
神社・仏閣 (12)
博物館・美術館・アートギャラリー巡り (2)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん