観覧数(また来てね)
私のブログ投票ボタン
blogram投票ボタン
ブロとも申請フォーム
リニア・鉄道館
blogramパーツ
にほんブログ村ランキング参加しています

【栃木石の里(街)】大谷石の採掘の歴史がわかる資料館

2017/11/26 22:16:18 | 博物館・美術館・アートギャラリー巡り | コメント:-件

大谷寺から歩いてしばらくすると大きな駐車場が見えてきました。大谷資料館という場所に到着しました。地下採掘場跡の巨大な空間は圧巻大谷石の採掘の歴史がわかる資料館。展示場には採掘が本格的に始まった江戸中期から昭和34年頃までの手堀り時代の道具や採掘方法、運搬の移り変わりなどの資料を展示してます。この資料館の圧巻は地下採掘場跡。そこは2万平方メートルにも及ぶ大空間で、深さは30m、最も深いところでは地下60m...続きを読む

【'17茨城水戸城下町巡り6】徳川ミュージアムで名刀達と対面

2017/09/12 00:00:00 | 博物館・美術館・アートギャラリー巡り | コメント:0件

「徳川ミュージアム」水戸徳川家13代当主徳川圀順公が、伝来の大名道具や古文書類を寄贈して設立した公益財団法人徳川ミュージアム(旧 財団法人水府明徳会)の博物館として、昭和52年(1977)に開館しました。所蔵品は、徳川家康公の遺品(駿府御分物-すんぷおわけもの-)を中心に家康公の子である初代頼房公、2代光圀公ら歴代藩主や、その家族の遺愛の什宝約3万点に及びます。これらの品々は各々の美的、歴史的価値以上に、水戸家...続きを読む

【美術館】週末ナイトミュージアム (東京国立博物館)

2017/06/26 23:09:56 | 博物館・美術館・アートギャラリー巡り | コメント:0件

会社帰りに上野にある、東京国立博物館へ。金曜日は夜21時までやっています。館内はすべてではありませんが一部撮影は可能です。何度見ても好きな風神雷神、風神雷神図屏風(ふうじんらいじんずびょうぶ)風袋から風を吹き出し、下界に風雨をもたらす風神と、 太鼓を叩いて雷鳴と稲妻をおこす雷神 の活動の姿を描写する絵画そして名刀の数々など、様々な美術品が展示されています。ナイトミュージアムもなかなか良いですよ。ブログ...続きを読む

泉屋博古館分館 「名刀礼賛もののふ達の美学」

2017/06/26 06:00:00 | 博物館・美術館・アートギャラリー巡り | コメント:0件

地下鉄 六本木一丁目駅から歩いて泉屋博古館分館で開催している「名刀礼賛もののふ達の美学」を観にいきました。30口の刀剣を間近で見れて最高でした。常時展示されている刀ではないので、この機会にぜひ!館内は無料のお茶サーバーにジュースがあったり、至れり尽くせり。さらに図録 所蔵品選集 刀剣が1500円で販売されており、これは写真が大きくて見やすく買う価値有りです。六本木の帰りに京急2100系の快特列車でゆったり帰宅...続きを読む

【美術館】スヌーピーミュージアムへ

2017/06/24 22:06:02 | 博物館・美術館・アートギャラリー巡り | コメント:0件

展示内容のネタバレしています。写真撮影がOKの場所は写真を撮りまくってきましたので、この先、展示の写真が貼ってあります。 スヌーピーミュージアムに行ってきました。都営大江戸線・麻布十番駅から坂を登ってスヌーピーミュージアムが見えてきます。午前10時頃着きましたが、混雑はしていない様子。10:00-12:00の時間枠は下を見るとOKみたいです。。前売り券と当日券は同額じゃありませんが、ミュージアムの中で当日券を購入し...続きを読む

【Museum】三島・佐野美術館 日本刀の魅力を伝える

2016/12/31 22:21:14 | 博物館・美術館・アートギャラリー巡り | コメント:0件

一度訪問した美術館で、私の趣味にピッタリな催しものがありました。「名刀は語る 磨きの文化」展これだ!とばかりに飛び付き、静岡県 三島の佐野美術館に展示されているという事で、早速 東京始発 横浜9:24発特急踊り子号・修善寺行に乗って佐野美術館の最寄り駅になる、伊豆箱根鉄道駿豆線・三島田町へ 早速行ってみる事にしました。特急踊り子号を利用すると、乗り換えなしで三島田町へ行く事ができます。私が乗る特急<踊り...続きを読む

村上隆の五百羅漢図展へ

2015/12/12 21:07:52 | 博物館・美術館・アートギャラリー巡り | コメント:0件

定時で仕事が終わり、職場から六本木まで出ると、外は東京タワーが光る素晴らしい夜景が広がっていました。今日は、六本木ヒルズにある森ビル53階の森美術館で 村上隆の五百羅漢図展に行ってきました。2015年10月31日(土)から2016年3月6日(日)まで、日本国内において2001年以来14年ぶりとなる村上隆の大型個展「村上隆の五百羅漢図展」が開催されています。世界の絵画史上最大級と呼ぶにふさわしい、全長100メートルに及ぶ超...続きを読む