Post image

【川越城下町歩き】帰りも西武特急レッドアロー小江戸号

本川越駅に戻り、駅の改札付近にあったカフェで休んだ後、本川越17:00始発特急レッドアロー【小江戸34号】に乗車しました。西武特急小江戸号でゆったり城下町巡り。トイレ付きリクライニングシート車両は特急料金500円追加するだけ‼️■本川越↓ 17:00~17:46↓ 西武特急小江戸34号 西武新宿行■西武新宿西武の目玉列車である特急レッドアロー号は車内がこんな感じ↓ ゆったりしています。この列車は途中、狭山市、所沢、東村山、高田馬...

Post image

【川越城下町歩き】歴史情緒あふれる街歩き

前回の記事で紹介したラーメン屋に行く前に川越 熊野神社を参拝後、御朱印を戴いてきました。川越 熊野神社は、室町時代に紀州熊野本宮大社から分祀された開運・縁結びの神社です。次に徒歩で向かったのは川越城本丸御殿です。川越城本丸御殿は、嘉永元年(1848)、時の藩主松平斉典が造営したもので、武家風の落ち着いたつくりが印象的な江戸時代17万石を誇った川越城唯一の遺構が本丸御殿である。明治維新後の解体により嘉永元年...

Post image

【川越城下町散歩】川越城下町散歩の始まり

今日は久しぶりに関東城下町の一つ、川越へぶらっと行ってみました。ぶらっと歩きのスタートは西武新宿駅です。ここで西武の川越アクセスきっぷを購入しました。西武新宿駅から本川越駅までの往復乗車券+往復特急券が、割引となっていますが当日特急小江戸号に空席がある時に限り販売されるきっぷです。値段は1500円と本当にお得な切符です!この切符を買ってホームへ上がると西武新宿11:40発特急【小江戸13号】本川越行の案内が...

Post image

【`17北関東をぶらり5】水戸線・常磐線・横須賀線で帰京

翌日、台風18号が接近しているので、早めに帰京することにしました。宇都宮から小山まで宇都宮線を使い、小山10:37発の水戸線・勝田行きに乗ってどんよりとした曇り空の中、北関東ののんびりとした風景を眺めながら、友部へ。常磐線との接続駅・友部に着いてから乗り換えて水戸へと向かいます。水戸では、有名な水戸駅の駅弁印籠弁当をキオスクで購入しました。水戸の黄門様の印籠を重箱にアレンジしたお弁当で、県産の食材を使っ...

Post image

【`17北関東をぶらり4】陶芸教室よこやまで陶芸体験

益子 「森のレストラン」を出て、しばらく細い道を歩くと周りは秋が近づいているような光景が広がり、トンボが結構飛んでいました。「陶芸教室よこやま」さんでは、手びねり体験を申し込み、私はカレー皿用の大きなお皿の型を作り、色付けなどを教わりましたが、やはり実際やってみると結構難しいものですね。だから、プロの陶芸家というのは凄いもんだなーと感じました。。体験開始から1時間半過ぎくらいで、何とか終わり、あとは...

Post image

【`17北関東をぶらり3】陶芸の街 益子の「森のレストラン」

陶芸体験でお世話になる陶芸教室・よこやま さんが経営しているカフェ&レストランの1つ、益子 「森のレストラン」に行くことにしました。益子駅で陶芸体験の申し込みをすると、送迎車でわざわざ迎えに来ていただきました。陶芸体験まで時間があるので、そのレストランまで送っていただくことにしました。益子町の森の中にひっそりあるレストランで、お料理、スイーツは季節で替えているそうで、前菜は約9種類の中から、1皿分選...

Post image

【`17北関東をぶらり2】SLもおか号に乗車する。

SLもおか号は、下館駅(茨城県筑西市)から茂木駅(栃木県茂木町)までの41.9kmを約1時間30分かけて走っています。下館10:35に出発した【SLもおか号】は、真岡に11:03到着し、ここで10分停車します。この間に写真を撮りにホームへ出るお客さんも結構いました。真岡11:13に出発したSLの中でちょっとしたハプニング。なんと写真撮影していたお客さんが乗り遅れて車掌さんに慌てて相談しに行っていました。。【SLもおか号】はゆっくり走...

Post image

【`17北関東をぶらり1】 真岡鉄道

台風18号が九州からゆっくり近づいている連休にSLが走る栃木県の真岡駅へやってきました。真岡市は、栃木県の南東部に位置し、首都東京から100km圏内に属し、東京駅から東北新幹線を使えば約1時間40分の距離にあります。JR宇都宮駅から東野バスで真岡に行けます。また、JR石橋駅からは関東バスでも真岡駅に行くことが出来ます。SLに乗るのであれば、始発の茨城県筑西市にある下館駅から乗ればよいのですが、真岡駅にはSLが展示され...

Post image

【'17茨城水戸城下町巡り5】水戸から秋の訪れ

常盤神社にある階段を降りると梅の期間だけ営業するJR偕楽園(臨時)駅のホームと関東鉄道バス・偕楽園のバス停、駐車場がある広い場所に出れます。その目の前に千波湖が見えてきます。偕楽園の南東に位置する周囲約3kmのひょうたん形の湖です。桜並木の遊歩道が湖をぐるっと囲っており、ウォーキングやジョギングが楽しめます。またボートやサイクリングの貸出しも行っており、市民や観光客の憩いの場となっています。湖畔西側には...

Post image

【'17茨城水戸城下町巡り4】常磐神社と偕楽園

茨城県立歴史館から歩くと直ぐに偕楽園の入口が見えてきます。偕楽園内に入り、しばらく歩くと常磐神社が見えてきます。この付近は静かな雰囲気なので、朝早く起きて散歩したい感じです。常盤神社のご祭神は、水戸徳川家第2代藩主徳川光圀公(義公)と第9代藩主徳川斉昭公(烈公)二柱を祀ったお宮で、明治6年に創建されました。社殿は戦災で焼失しましたが昭和32年12月に鉄筋コンクリート造り、銅板葺きの近代的堅牢豪宕な神明造...